この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【人生の夏休み】失業期間の半年にやっておいて良かったこと

f:id:fussa2jp:20191014212500p:plain

リストラの憂き目に遭ったけれど、再就職が決まった。

新しい仕事が決まったのはいいけれど、今は引っ越しの手続きでバタバタしている。

 

引越の後片付けをしつつ今は、もうすぐ終わってしまうニート期間を満喫している。

今回のニート期間は大体7ヶ月くらいだったけれど、なかなか貴重な経験をすることができた。

 

記録として残しておく。

 

目次

 

広告

 

 

ブログの更新

失業期間中は勤務しているときよりも時間がある。

”ブログで稼げるようになると、これから楽になるな”と考えて、ブログの更新に力を入れてみた。

毎日更新も試してみたけれど、あんまりPV数が増えるなどの効果はなかった。

それよりも、丁寧に質の高い記事を書くことが大切だと最近は考えている。

ブログ一本で食べられる人はほんの一握りで、働きながらブログを更新するのが最強だということを身をもって体験できた。

ブログで自分がどれくらいまでできるのかを試せたのは、良かった。

 

歯医者に行っておく

ぼくは前に歯の神経を抜いたときに、

「親知らずも抜いておいた方がいい。腫れる可能性があるので、念のため長期休暇のときに抜歯しましょう」

と歯医者に言われていた。

なかなか働いていると、長期休暇をとるというのは難しい。

今回の失業期間は抜歯するのにはちょうど良かった。

 

 

旅行をする

働いていると長期の休みはなかなか取りづらい。
二泊三日の予定の旅行は、帰ったらすぐに出社など休みがなくタイトなスケジュールになる。
でも、失業期間中なら好きなタイミングで旅行ができる。
ぼくは失業期間を利用して、沼津、高岡と金沢、姫路に旅行してきた。
 
旅行をすると思い出が増える。
思い出が増えれば、人生も充実したものになるはずだ。
前から行きたかった場所に行けて、満足。
 

趣味に没頭する

ぼくの主な趣味は、ゲームとミニ四駆
働いていると、趣味に使える時間は仕事の合間という感じだけれども、失業期間中は思い切り趣味に時間を使うことができた。
ゲーム内イベントも思う存分やり込むことができたし、ゲームの腕も上がって成績もよくなった。
ミニ四駆の方は、平成最後の日にレースが開催されていて参加したんだけれど、あんまり成績は振るわなかった。
一方姫路にある「遊楽舎」に行ったときは、運よくランキングボードに載るようなタイムを出すことができた。
遠方に行ったときに、手ぶらで(何も結果を出せずに)帰るのはちょっと嫌だったから、タイムボードに載せるタイムを出せたのは嬉しい。
 

友達とたくさん遊ぶ

ありがたいことに失業期間中も友達から誘ってもらうことがあった。
失業期間中は、誰とも話さないで家で過ごすことも少なくない。
ぼくは一人が好きだけれど、時々誰かと無性に話したくなることがある。厄介な性格。
面白い友達と遊ぶと、いい気分転換にもなったし、必要最低限の社会性をキープできているような気がした。
これからも友達は大事にしたい。
 

転職活動

「結局それかよ」という話になってしまうけれど、生きていくためにはお金が必要で、お金を稼ぐためには働かなくてはいけない。
どんなに綺麗事を並べてもこれが真実。
リストラされたからには、転職活動をする必要がある。
個人的には”貯金が尽きる前に内定がもらえればいいや”と気楽に考えていた。
なんとか貯金が尽きる前に勤務先が決まったのは、良かった。
貯金は今回の失業期間で減ってしまったけれど、万が一に備えての貯金なので、間違ったお金の使い方はしていないと自負している。
リストラされても今まで頑張って仕事をしていて、実績があるなら、転職できるはず。
 

まとめ

・ブログ
・歯医者に行く
・旅行
・趣味に没頭
・友達とたくさん遊ぶ
・転職活動
上記が失業期間中やってよかったと思うこと。
大体7ヶ月くらいの失業期間だったけれど、悪くなかった。
人生の夏休みを満喫した気分。
新しい職場での勤務も、心機一転頑張る所存。
 
 
 

 

広告