この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【リストラ体験記】ニートに戻って3ヶ月経過。この生活をずっと続けたい。

f:id:fussa2jp:20190609005035j:plain

ぼくがリストラされたのが、3月だったから、気が付けば3ヶ月間ニートをやっていることになる。

時間の経つのは早いもんだ。

 

まだ働かなくても生活はできる状態。

正直なところ、まだしばらくは働かずに、気が向くままに昼過ぎに起きて、ゲームをやったり、本を読んだり、友達と遊んだり、ブログを書いて暮らしたい。

 

でも、自分の将来だとか、適正だかとか、会社の志望度とかを考えながら転職サイトを眺めていると、嫌でも自分の将来を考えないといけなくなる。

スカウトメールとかを見ていると、面接に実際に行っていないのに、なんとかなってしまいそうな気になってくる。

 

次に働く場所について、希望を言えるとしたら、業務内容や給料よりも、気の合う人がいる職場がいい。

やりたいことができる職場で働くことも経験したし、給料も副業をしていけばいいかなと思っている。

 

理想としては、ずっとこのまま企業に雇われずに生活しないなぁ…とニート全開のことを言ってみる。

 

心機一転引っ越したいとも思っている。

家賃と物価が安い土地に引っ越しして、ゆっくり暮らしたい。

釣りとかゆっくりできる土地が理想。

川釣りでも海釣りでも可。

 

ありがたいことに、「面接を受けに来ないか?」と言ってくれている友人もいるし、「俺の住んでいる場所の近くに引っ越してこいよ」と言ってくれる友人もいる。

もちろん、友人の勤務している会社を受けるのは検討している。

友人がいるなら、働きやすい。

友人が済んでいる場所も、ごみごみしていなくていい場所だ。

今住んでいるところよりも、家賃も物価も安い。

新しい生活を始めるにはちょうどいいかも知れない。

 

現代日本で大事なのはつくづく”お金を稼ぐ力だな”と思う。

結婚しなくても人間は死なないけれど、金がないと、人は死ぬ。

食べ物にもありつけないし、病気をしても医療も受けられない。

 

逆に金をもっていれば、投資などをして、金が金を呼ぶ状況を作れる。

働かなくてもいいはずだ。

しかし、ある有名な投資家が「稼げるだけ稼いで投資を辞めてしまう人は資産家になれない。投資は楽しいからやっている人が稼げる」という趣旨のことを言っていた。

ぼくの印象では資産家は、仕事(金稼ぎ)が楽しいから、やっている。

 

”仕事が楽しい。極めたい”と思えるように働きたいたいけれど、それは難しい。

結局は我慢しながら働くしかないのかなぁ…。

 

 

広告