この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

サクラクエストの聖地「桜ヶ池」に行ってきた。アニメ好きにおススメの花見スポット。

4月になり、桜が見ごろを迎えた。

せっかく四季がある日本に住んでいるので、”春を感じるために桜を見に行くか”と思って毎年桜を見に行ってる。

 

毎年同じ場所に行くのは味気ないので、今年は行ったことのない場所に行こうと決めた。

サクラクエスト」というアニメで、桜ヶ池という場所が出てくる。

桜ヶ池は石川県南砺(なんと)市に、実際にある池。

 

桜ヶ池について調べてみると、池の周りに桜の木がたくさん植えられている写真があった。

そもそも、池の名前に桜ってついているし、これで桜の木が無かったら、詐欺だよね…。

 

北陸地方には、旅行したこともなかったので、丁度いい機会。

桜ヶ池に花見に行くことにした。

 

広告

 

最寄り駅の城端(じょうはな)駅から、桜ヶ池は徒歩で行けなくもない。…が、人を選ぶ

f:id:fussa2jp:20190405161639p:plain

桜ヶ池の最寄り駅は、城端駅。

城端駅はサクラクエスト内では、間野山駅として描かれている。

間野山駅は「出会いと別れの場所」で大事な場所として描かれていた印象。

 

富山県観光サイトによると、城端駅から桜ヶ池まで車で10分かかるとのこと。

”車で10分…。歩けるんじゃない?”と考えたぼくは、城端駅から歩くことにした。

結論からいうと、途中工事中の道があったりして、遠回りをしなくてはいけなくなったこともあり、かかった時間は1時間強…。

 

雪が降が積もる山々と、田園の風景が延々と続く風景。

f:id:fussa2jp:20190405164527j:plain

 

 

f:id:fussa2jp:20190405164840j:plain

 

散歩がてら、桜ヶ池に向かうのも、悪くなかった。

けれど、バスも出ているので、歩くのが好きじゃない人は、バスで桜ヶ池まで行った方がいいかも知れない。

 

階段を登ったら、そこは桜ヶ池でした

1時間強かけて、桜ヶ池に到着。

階段を登れば、満開の桜が見えるはず…。

f:id:fussa2jp:20190405201959j:plain

 

あっれぇ…?咲いてないぞ。

ホテル予約するときに、開花予想とかチェックしていたんだけどなぁ…。

周りに雪が積もってる状態だし、桜ヶ池に行く前日も雪降っていた。気候の予想は難しい。

でも、せっかく桜ヶ池まで来たんだから、咲いている 桜を見てみたい!

桜ヶ池の周囲を散策してみることにした。

 

そしたら、咲いている桜を発見!

f:id:fussa2jp:20190405204524j:plain

咲いている桜を見れてよかった…。

桜ヶ池で思い残すことはなんもない…。

 

ということは全然なくて、静かで景色もよかったので、桜ヶ池を一周歩いてみることに。

桜ヶ池は一周約3km。

釣りをしている人もいて、ちょっとうらやましかった。

f:id:fussa2jp:20190405205238j:plain

 

 

桜ヶ池の近くには、P.A.WORKSの本社がある

SHIROBAKO」や「サクラクエスト」を制作したP.A.WORKSの本社も、桜ヶ池の近くにある。

会社というより、クリエイターのためのアトリエという感じ。

面白い作品は、こういうこだわりがある所から生まれるのかも知れない。

f:id:fussa2jp:20190405221958j:plain

 

P.A.WORKSの本社の隣には、桜クリエという建物がある。

食堂があったり、P.A.WORKSの作品のグッズが売っている「桜クリエ」も桜ヶ池の近くにある。

この桜クリエも、木がふんだんに使われていて、居心地が良かった。

 

f:id:fussa2jp:20190405224252j:plain

 

桜の木を蘇らせる募金、「桜ヶ池クエスト」にも参加してきた

桜ヶ池の桜の木は、たくさんあるけれど、傷んできてしまっている。

そこで、地元の方が中心になって、桜の木を整備している。

P.A.WORKSもその活動を支援していて、募金を呼び掛けていた。

桜ヶ池のキレイな景色が無くなってしまうのは、あまりにも惜しい…。

桜クリエで募金ができたので、迷わず募金することにした。

2000円だけだと、募金をするとポストカードがもらえて、ちょっとだけ嬉しい。

なお、桜ヶ池クエスト という名前で募金活動は行われている。

 

まとめ

桜ヶ池に行って、桜が満開でなかったのは、やっぱり残念。

でも、静かで景色も綺麗なので、都会で消耗している今のぼくにとってはうってつけの場所。

P.A.WORKS本社や桜クエリでは、クリエイターさんたちのこだわりを垣間見ることもできた。

サクラクエストはもちろん、P.A.WORKSの作品がますます好きになれそうな旅をすることができた。

 

広告