この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

入社したばかりの新人はプレッシャーがかかる【新人はつらいよ】

f:id:fussa2jp:20191027225933j:plain

再就職先で働き始めてから、大体1週間が経過した。
肌が荒れて身体中がかゆいし、胃腸が痛くて食欲もない。
おまけに身体が重い。
 
入社してから3ヶ月くらいは、気が抜けないと思っている。
つまらないミスが多かったり、勤務態度が悪いと、仕事ができないと思われてしまう。
「入社したばかりだから、ゆっくりやっていいよ」
という先輩からの言葉は
「わからないことがあったら、何でも聞いてね」
と同じくらいの罠だ。
気を抜いて指示された仕事に時間をかけてしまうと、先輩の心証は悪くなる。
 

広告

 

入社からしばらくの間は覚えることも多く、ミスもしやすい。
人間関係もつまづいてしまうと、気まずいなかで仕事をすることになる。
再就職先でしばらく経ち、慣れるまでは、神経を使う。
7ヶ月ほどニートだった身としては、神経を使うのは精神的に疲れる。
体調が変化し身体中がかゆくなったり、胃腸が痛くなったのは、精神的に消耗していたからだという気がする。
 
1週間くらい経つと、「これくらいはできて欲しい」という雰囲気が伝わってくる。
期待に応えてこそ評価は上がる。
出来る限り質の高い仕事をして、認められるようにしようと今は考えている。
 
新しい職場で一緒に働くことになった人たちは、年上の人が多くて経験豊富な人が多い。
前職までは年上の方だったけれど、今の職場ではぼくは若手の方になる。
先輩方が気にかけてくれているのが伝わってきて、人間関係は前職よりも心地がいい。
落ち着いた方も多いし、”この人みたいな歳のとり方をしたいな”と思う人も少なくない。
 
新しい職場は働きやすい環境だと、今の段階では思う。
働いてみて改めて感じたのは”ぼくは働くのは好きではない”ということ。
できれば働かずにゲームをやったり、YouTubeやアニメを見て日々を過ごしたい。
これはもちろん職場の問題ではなく、ぼくの問題。
 
「夢はなんですか?」
「ここで何をしたいのか?」
という質問を上司からされた。
面接のときもこの質問はされた。答えに困った質問のひとつだ。
当面の目標は今の雇用条件は契約社員だから、結果を出して正社員になること。
やりたいことは、せっかく雇用してもらったんだから、会社の規模を大きくしたいと考えている。
ただ、その夢をかなえるとなると、責任も重くなるんだよねぇ…。
どうするか、悩みどころ。
 
これから定年までの約30年間働くというのは、めまいを覚えるような感覚になるけれど、日々の仕事を一生懸命こなしたいと愚考している。
 

広告