この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

広告

【転職】履歴書に貼る写真は、写真館でちゃんと撮影してもらった方がいい理由

f:id:fussa2jp:20190623044447j:plain

会社をリストラされて、3ヶ月間なんとかやりくりしてきたけれども、段々と貯金が減っていくと、心細くなってくる。

 

気は進まないけれども、”転職活動をしなくてはいけないな”と思うようになった。

転職活動もなかなか考えることが、やることが多い。

 

転職活動を本格化させるにあたり、まずはやることを細分化していかなければなるまい。

細分化して何から手をつけるか考えて、「履歴書と職務経歴書の完成」をまずは目指すことにした。

 

履歴書を作成するには、履歴書に貼るために写真を撮らなければならない。

「スピード写真でもいいんじゃない?」という意見をちらほらとみかけるけれども、書籍の「履歴書・職務経歴書の書き方」で、細井智彦氏は以下のように記載している。

 

・スピード写真でもOKですが、私は写真館などでプロに撮影してもらうことをお勧めしています。出来上がりの印象が明らかに違うからです。

 

ぼくはネットの一般人の意見よりも、転職の専門家の意見を信じて行動しようと決めた。

写真館に行って、写真を撮影してもらったので、感想をまとめておく。

広告

 

 

目次

 

 

 

服装のチェックをしてもらえる

もちろん証明写真を撮影する前に、鏡で服装のチェックができるけれど、撮影するときに、よりよく映るように手直しをしてもらえる。

履歴書に使っている証明写真のネクタイが曲がっていたり、スーツが曲がっていたりすると、採用担当の印象も悪くなってしまう。

身だしなみを客観的に見た上で写真撮影をしてもらえると、採用担当の印象が悪くなることを防ぐことができる。

 

 

撮影中に指示がもらえる

撮影中には「顔を右に向けて下さい」といった基本的な指示から、「口角を上げて下さい」といった表情の指示までもらうことができる。

ぼくが撮影してもらった写真は10種類を超えた。

固いイメージの企業を志望しているなら、真面目そうなイメージで撮影されいる写真を選ぶなど柔軟に選択をすることができる。

 店員の意見も参考に選ぶことができるから心強い。

 

撮影データを残すと、焼き回しも楽

別料金がかかるけれども、撮影したデータを写真館で保存して必要があれば、焼き回しをしてもらえる。

証明写真を使う枚数は少ないことがベストだけれども、いろいろな企業を受けると足りなくなってしまうかも知れない。

足りなくなったときにすぐに現像してもらえるのは、また撮影をする手間が省ける。 

 

プロの写真家に撮影してもらえるのは、安心

スピード写真で撮影をしていると、表情や服装などを含めた仕上がりを全て自分でチェックしなくてはいけない。

写真館で撮影した場合は、服装はもちろん、表情などを含めてプロのカメラマンの意見を参考にして写真を選ぶことができる。

安心して履歴書に証明写真を貼れる。

 

転職活動を頑張らなくちゃいけないなと思う

写真館で証明写真を撮ると、やっぱり値段はスピード写真よりも高くなる。

値段はデータ保存と証明写真5枚で大体5000円くらい。

値段は張るけれども、”やはり5000円も支払ったんだから、無駄にできない”という気持ちが生まれる。

転職活動のモチベーションが上がらないときでも、”やらなきゃ”と思う。

履歴書以外の応募や自己PRを考えたりをせざるを得なくなるから、転職活動を嫌でもやるようになる。

 

履歴書の写真のポイント

せっかくだから「履歴書・職務経歴書の書き方」から写真のポイントを抜粋しておく。

写真撮影に行く前にチェックしておくと安心。

【男性の服装】

・黒または紺のダークスーツがベスト。淡い色は印象がぼんやりしてしまう。

・中に着るのは白いワイシャツにネクタイ。

・Tシャツや柄ものは避ける。

【男性の髪型】

・清潔感があることがポイント。

・短く切るか分けるかして、前髪を眉にかからせないのが基本。

 

男性は清潔感と健康さを前面に出すのが、総じてのポイント

 

【女性の服装】

・黒または紺のダークスーツが基本。

・中は白のブラウスがベスト。

・透ける素材やレースのフリルがついたものはNG。

・制服がなく、私服を着ることが基本。

・アクセサリーはつけない

【女性の髪形】

・ショートの場合には、頬にかからないようにする。

・ロングの場合は、髪をまとめてすっきり見せる。

 

女性は表情はやわらかく、髪形はすっきりとするのが全体のポイント

 

【最後に】

スピード写真よりも、写真館で証明写真を撮影した方が、安心できる。

細かいところにこだわれば、差が出てると言うもの。不安が少ない状態で、物事に臨むのは大事。

よほど節約したいという状況でなければ、写真館で証明写真を撮ってもらった方がいい。

引き続き転職活動を頑張ろうと思う次第。

 

広告

 

 

ソーシャルゲームの影響でルービックキューブをやってみた。たまにはゲームの影響で新しいことを始めるのも悪くない

ゲームのなかには、登場するキャラクターの設定が細かくされているものがある。

アイドルマスターシンデレラガールズでも、アイドルのプライベートや仕事の設定が細かくされている。

ファンとしてはこういったことがあると、嬉しい。

 

 

ぼくが一番プロデュースをしているアイドルは、斉藤洋子(以下よーこさん)。よーこさんでいうと、プライベートで甥っ子から借りたルービックキューブをやっているカードが配信されている。

f:id:fussa2jp:20190617205528p:plain

 

ルービックキューブ…。ぼくもやってみるかな”

と興味がわいたからよーこさんの影響でルービックキューブを買ってみた。

 

広告

 

よーこさんもルービックキューブに苦戦していたようだけれども、案の定ぼくも苦戦した。

ルービックキューブは子供のころ遊んだことがあるんだけれども、そのときは全然解けなかった。

家に遊びにきた理系の大学教授がやっているとこをみたけれど、解けていなかった。

ルービックキューブは難しい。

 

せっかく購入したんだから、死ぬまでには完成させたい。

そう思っていたんだけれど、大人になってからルービックキューブをやってもなかなか解けない。

 

アイドルマスターシンデレラガールズ内だとプロデューサーは、ルービックキューブを完成させて、よーこさんに「よかったらもう一度!次はもう一度じっくり見つめて、やり方覚えますから!」とか「どうかアドバイスお願いします」とか言われている…。

…これはなんとしても完成させないと。

 

ルービックキューブを完成させる方法を調べてみたんだけれども、簡単に調べただけだと完成までにはいたらなかった。

そして、他にやることがあり、後回しになってしまっていた。

 

”ちょっとルービックキューブを完成させるのは難しいか…”とあきらめかけたとき、たまたまYouTubeを観ていたら、「ルービックキューブの完成のさせかた」が紹介されていた。

その動画は大体15分くらいの動画だったけれど、わかりづらかった…。

 

でも、”他のYouTubeの動画を見ればわかりやすいんじゃないか…?”と思って調べてみると…。

ビンゴ!

丁寧にわかりやすく説明してくれている動画があった。

tribox.jpの「3×3×3キューブの揃え方 初級編」という動画のシリーズがぼくにとってはわかりやすかった。

 

f:id:fussa2jp:20190617205928j:plain

そして、ついに完成ッ!!

 

完成させて思ったのは、”ルービックキューブは動かし方を知らないと完成させるのは難しい…”ということ。

キューブの動かし方、動かす場所にも決まりがあって、どこでもいいから動かせばいいというわけでもないみたい。

初見でできちゃう人はなんだろうね…。

空間認識能力が高いとか天才なのかな?

 

というわけで、よーこさんへのアドバイスは「YouTubeルービックキューブの解説をしている動画があるから、それを観よう!」

以上!!

 

たまにはゲームの影響で新しいことに挑戦してもいいんじゃいないかと思った出来事だった。

 

 

【訴訟】転職に役立つサイト「転職会議」は嘘が多い?おススメの使い方を紹介

f:id:fussa2jp:20190616101747p:plain

転職活動をしている人なら、「転職会議」の存在を知っている人が多いはず。

給料、風通し、トップダウンかどうか、など会社の雰囲気を知ることができる。

総合評価が5段階でされているから、一目で評価がわかりやすいのもいいところ。

 

転職活動している人にとって転職会議はかなりありがたい。

ただ、在籍中の人、離職した人からの口コミで転職会議は成立していて、食べログのように自由に情報を提供することができる。

書いた人にとっては正しい情報を書いているつもりでも、会社の内部の人が客観的にみたら間違っている情報もあるかも知れない。

 

転職は人生の一大イベントだ。

正しい情報で転職活動をしたい。

転職活動に寄せられている情報の信ぴょう性と、転職会議を使ううえでおすすめの方法をまとめておく。

 

目次

 

 

広告

 

転職会議の口コミには不正確な情報もあり、訴訟も起きている

転職会議の口コミに不正確な情報(悪評)が書かれていて、悪評の削除を求めて企業が訴訟を起こしたケースがあった。

2年近く時間がかかったが、結局その悪評は転職会議から削除されたとのこと。

転職会議に口コミを書く人のことを考えてみれば、悪評が多くなる傾向はわかる。

口コミを書く人は会社にマイナスの感情をもって、書き込みをすることが多いはず。

教育体制がよくないとか、雇用形態がどうとか、給料がどうとか。

ぼくが働いていた企業の口コミを見てみたところ、やはり”これって会社のことを理解してないのがいけないんじゃあないのか…?”と思う口コミもあった。

完全な報復として悪意をもって書いている部分もあるかも知れない。

でも、その人にとっては「正しい情報だ」と思って書いているんじゃないだろうか…。

会社としても不幸な従業者が出て欲しくないはずだし、従業者も会社に貢献したいという気持ちはあるはずだ。

転職会議を見ていると、ミスマッチを感じて寂しい気持ちにもなる。

 

転職会議で情報の正確性を高め、いい会社を見つける方法

転職会議には不正確な情報が紛れ込んでしまっているのは事実。

「じゃあ、どうやって転職会議でいい会社か悪い会社か判断するの?」という疑問をもつ人もいると思う。

「 転職エージェントにもおススメされている」という話を聞いた「転職の思考法」に答えが書いてあった。

 

転職会議の使い方としていい使い方は、「調べている企業を他の企業と比べること」。

どんな企業にも不満をもつ人は多いけれど、労働環境が悪ければ、やはり悪い口コミは多くなる。

もし、他の企業と比較して評価が高ければ、労働環境がいいという客観的な視点をもつことができる。

 

まとめ

転職会議の情報は玉石混交で、なかには訴訟を起こされるレベルの不正確なものもあるのも事実。

ただ、全部が全部使えない情報だというわけではない。

もし転職会議の情報をより有益に使いたいなら、調べている企業と他の企業を比較してみるといい。

比較するとより労働環境がいいかどうかわかる。

他の情報と比較するというのは、ネガティブなことが書かれているときに、実態を知るために使える手段かも知れないと思った。

 

 

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

ファミレスでモーニングを楽しみたい。ジョナサンのモーニングを食べてきた!

ホテルで食べる朝食は反則的においしい。

普段朝は食事をしなくても、ホテルに泊まったときは食事をするという人もいるんじゃないだろうか?

なんとなく食べやすくてヘルシーな印象。

 

”日常生活でもホテルみたな朝飯を食べたいなー”と思っていたところ、散歩していたらジョナサンでモーニングをやっていることを知った。

 

ぼくは夜型の生活をしているけれど、たまたま朝早く起きることができたから、ジョナサンのモーニングに行ってきた。

感想を書いて行きたい。

 

目次

 

 

 

広告

 

ジョナサンのモーニングの時間は6時~10時半

モーニングの時間は6時~10時半だった。

ぼくは開店と同時に6時くらいに行った。

その時点で5人くらいの人が来店中。読書とかをして、7時くらいまでいたけれど、最終的には10人くらいに増えていた。

また出勤前のサラリーマンとか、登校前の高校生がいた。

夜のファミレスはザワザワしているけれど、朝は静かで、時間もゆっくり流れているように感じた。

6時から外に出て活動している人は流石に少ない様子。

朝から活動すると、”みんなが活動していないときに活動していると優越感にひたることができる点もいいな”と思えた。

 

ファミレスのモーニングは安い

f:id:fussa2jp:20190615204604j:plain

ジョナサンのモーニングは399~とのこと。安い。

メニューを見てみると、寝起きでも食べやすいもの目白押し。

ビジネスホテルのモーニングにひけをとらない。

ぼくはスクランブルエッグのセットを頼んだ。値段は599円(税別)。

セットにはドリンクバーとスープバーも含まれている。もちろん、数回おかわりした。

夜に行くよりかなり経済的。

味も食べやすい。

 

まとめ

ファミレスでモーニングを初めて食べた。なかなかいいもんだった。

読書をする環境としても最適だし、ブログの記事とかの構想を考える環境としても悪くない。

意識高いと思われるかも知れないけれど、おそらく仕事前に勉強する場所としてもいいんじゃないかなと思う。きっと勉強もはかどるはずだ。

人も多くなさすぎず、店員さんもまだ余裕がありそうだった。

値段も安いし、普段のファミレスよりもヘルシー。居心地もいい。

ぼくは夜型生活だから、なかなか朝起きるのは大変。

でも、また朝早く起きれたら、またジョナサンのモーニングに行くつもり。

ちょっとしたことだけれども、普段をしないことをすると、やっぱりいい気分転換になる。

これでちょっと遠方の友達の家に行くときに、わざわざビジネスホテルに泊まる必要もなくなった!

 

広告

 

LINE Payを使える店。ファミリーマートなどで使えるけれど、まだまだ普及途中。

f:id:fussa2jp:20190614230515j:plain

 

LINE Pay、楽天Pay、PayPayなどがお金をばらまいてモバイル決済を普及させようとしている。

どのモバイル決済がシェアをとるのか、興味深い。

 

ぼくもモバイル決済を使っている。主に使っているのはLINE Pay。

LINE Payを使って買い物をすれば、お得になる。

ただ、使おうと思っても、使おうと思った店で使えるかどうかわからない。

 

 

2019年6月現在どのような店で使えるのかを調べてみた。

 

広告

 

コンビニエンスストア

今のところは下記のコンビニでLINE Payを使える。

ファミリーマート

・ローソン

ミニストップ

コンビニでは日常生活で必要な物の大半が買える。

まぁ、家電量販店やドラッグストアで買った方が安いんだけれどね…。

コンビニでモバイル決済ができるのは、かなり便利。

2019/7/1からはセブンイレブンでも使えるようになるとのこと。

セブンイレブンでは現時点ではプリペイドカードのLINE Payカードが使えるけれど、LINE Payが導入されることで”大手コンビニはLINE Payを使える”という認識にして問題なさそう。

 

 ②ドラッグストア

ドラグストアもLINE Payが使える店がある

スギ薬局

サンドラッグ

ココカラファイン(グループの店舗を含む)

・トモズ

ドラッグストアはかなりLINE Payが使える店舗が多い印象。

ドラッグストアは掃除用具など日常生活で使えるものが買えるので、LINE Payが使えると便利。

 

③飲食店

もともと飲食店は星の数ほどあるから、LINE Payを使える店もそれなりにある。

松屋

スターバックス

上島珈琲店

以上が主にぼくがよく使う店。

ファミリーレストランがないのが残念。

スターバックスなど喫茶店があるから、読書をする場所が確保できるのは嬉しい。

 

④家電量販店

ビックカメラ

ソフマップ

ヤマダ電機

ぼくはビックカメラの株主で、実際にビックカメラの店舗に行って買い物をする。

ビックカメラ株主優待ビックカメラの商品券)

ゲームだとか趣味のものが扱われているから、結構重用する。

LINE Payを使えるのはありがたい。

 

⑤アパレルショップ

ライトオンがぼくの使っているなかでは対応していた。

(ライトオンの株主優待もライトオンで使える株主優待

株主優待を使いながら、LINE Payも使えるとなるとお得になるのは間違いない。

今後はUNIQLOとかもLINE Payに対応すると、アパレルショップでも普及してきたのかなと思えそう。

 

まとめ

今の状態だと、”あれ?この店って使えたっけ?”と考えなくっちゃいけない…。

小銭を使わくていいのは手間が減って便利なのに、ちょっとそこで損をしているなと思ってしまう。

まだまだ使える店はハッキリ言って少ない。

日本人は現金主義だと言われるけれど、もっとモバイル決済、LINE Payが普及することを願うばかり。

 

 

広告

 

 

【シャドバ】機械フェイスドラゴンでグランプリAグループ決勝に、初めて進出した話

シャドウバースでラブライブ!サンシャイン!!とのコラボがあることが、発表された。

ぼくもラブライブ!サンシャイン!!のファンで、沼津にも4回旅行した。

 

シャドウバースもマスターに所属しているくらいには遊んでいるから、ラブライブ!サンシャイン!!とのコラボは嬉しい。

 

コラボ企画として、Aquasがリーダースキンになるとのこと。

Aquasを観ながらシャドウバースの対戦をできるとなると、かなりモチベーションもある。

コラボのイラストももう発表されて、同時に誰がどのクラスのリーダーになるかというのも発表された。

ぼくが一番使うクラスはドラゴンだけど、エルフ、ヴァンパイア、ネクロマンサーも使うことがある。

 

好きなキャラクターの1人の津島善子(以下ヨハネ)が、今回ヴァンパイアのリーダースキンになることが発表されて、対戦中に使うことができるようになるとのこと。

ヨハネのリーダースキンが実装されたら、ぼくも使ってみたい”と思って、今の環境で流行している「機械ヴァンパイア」を使って、ヴァンパイアの練習をしてみることにした。

 

広告

 

ちょうど6月の上旬からグランプリ「STRローテーション杯Vol.2」が開催されていたから、練習をかねてグランプリに挑戦してみた。

すると、フリーマッチで2戦くらいしかしていなかったのに、グランプリのラウンド1で5戦中5勝することができた。

”機械ヴァンプって強いんじゃないか?”と思ったから、デッキの細かいところを調整。

f:id:fussa2jp:20190613134720p:plain

 

でも、さすがにラウンド2 Aグループ予選は、4勝以上している猛者ばかりなので、なかなか勝つことができない。

 

どうするか考えたところ、フェイスドラゴンを使うことにした。

実はぼくはフェイスドラゴンを一番よく使っている。

今の環境に合わせるために、機械属性のフォロワーをフェイスドラゴンに入れて、デッキを構築しなおした。

ランクマッチで何回か対戦しても、機械ヴァンプよりも手応えがあった。

フルメタルドラグーンパイロンを進化させてから、マシンエンジェルを出して、一気に盤面に並べる動きが強い。

なんとなく”これはいけるんじゃないかな”と思っていたら、ラウンド2 Aグループ決勝予選でも5戦中4勝することができた。

4勝できれば、Aグループ決勝予選に進出できる。

実は今までぼくはAグループ決勝に進出したことがなかったんだよね…。

今まで一番良い成績だと言える。

f:id:fussa2jp:20190613134915p:plain

 

Aグループ決勝はやっぱりレベルが高くて、1勝2敗でフィニッシュ。

初めてのAグループ決勝で、1勝でもできたのはよかった。

そこまでAグループ決勝に行くことにこだわっていないけれども、またチャンスがあれば頑張りたいところ。

f:id:fussa2jp:20190613134934p:plain


 

なお、Aquasのメンバーは全員がリーダースキン化することが発表されている。

千歌ちゃんとか、曜ちゃんとかのリーダースキンがどんなふうになるのか楽しみ。

そして、ぼくは思った。

”あれ、わざわざ機械ヴァンパイア使う必要なかったんじゃ…”と。

 

広告

 

【サウダージ】とあるニコ生主の引退。YouTubeの台頭による時代の流れを感じた。

f:id:fussa2jp:20190612193239j:plain


ニコニコ動画の衰退が叫ばれている。

ニコニコ動画の運営元のドワンゴの経営不振が響き、親会社のカドカワも2019年3月期の最終損益が43億円の赤字になったとのこと。。

 

約10年前、ぼくはニコニコ動画を毎日のように見ていた。

特に格ゲーの動画を観るのは好きだった。

ニコ生主の反応を見ながら、ストリートファイター4とか格ゲーの対戦を見るのは楽しかった。

 

広告

 

よく見ていたのは「ヌキ&こくじん」「ぬっきー」「フェンリル」とか。

ぬっきーは、自称大阪西成区に住んでいるイケメンだった。

ストリートファイター4の実力は中級者くらいだけれども、有名な格ゲーマーとつながりがあったり、上級者を倒したりと見ていて面白かった。

コメントも罵詈雑言気味になっているんだけれども、ぬっきーもそれを楽しんでいる節があった。

 

そんなぬっきーのことを、久しぶりに検索していみたら、引退してしまっているとのこと。

引退するときの動画が残っていたから、見てみたら、「麺を鼻から食べる」というニコニコぽい内容だった。

 

最近はYouTubeばかり見ていたから、久しぶりにニコニコ動画を見ると”懐かしい”という気持ちになった。

今のYouTubeの動画は編集がかなり洗練されている。

当時は違和感を感じなかったニコニコ動画も今見てみると”粗いなぁ”と思ってしまう。ただ、それが悪いことではないとも思う。

 

ニコ生主はショッカーみたいなマスクをかぶって自分の素顔を隠している人が、ほとんどだった。

個人的には被り物をしていても、抵抗がない。

むしろクスッと笑ってしまう。

アンダーグランド的な面白さがある。

 

YouTubeだとヒカキンが顔出しをしている。

ヒカキンだけじゃなく、はじめしゃちょー、ヒカルとか有名なYouTuberも顔出しをしている。

街を歩いていると、無断で写真とか撮影されることもあるんだろうなぁ。

「写真を撮ってもらえるうちが華だ」と言っていた心の広い有名人もいるけれど、YouTuberはTVに出ている人より無断で写真で撮影される抵抗があるかも知れない。

でも、動画によってはTV並みの編集をしている動画もある。

 

ニコニコ動画はプレミア会員にならないと、快適な環境で視聴することができない。

最後に観た段階では、TV並みに編集している動画はほとんどなかった。

YouTubeニコニコ動画から動画を見ていた人が流れていってしまっても仕方ないだろう。

 今回をニコニコ動画を引退することすることを表明した「ぬっきー」も、YouTubeに動画を投稿するなどはしていた様子。

ただ、ニコニコ動画で活動していたときのような勢いはなかったかも知れない。

それでも登録者2000人を超えていたのは流石だけれども。

 

ニコニコ動画で人気があったからと言って、YouTubeで人気がでるとは限らない。

10年近くニコニコ動画で活動していたぬっきーの引退には、時代の流れを感じる寂しさがあった。

 

 

広告