この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【2020年期待の夏アニメ】「彼女、お借りします」の作者・スタッフなどについて調べてみた。

f:id:fussa2jp:20200706184555j:plain

2020年も早いもので半分が終わり、7月になった。

7月になるとテレビ番組の改編があり、放送されるアニメも一新される。

 

新型コロ助の影響で、放送が延期されるアニメもあったけれど、無事に7月からアニメを観られることはありがたい。

新型コロ助に負けないで、アニメを制作している人には感謝しかない。

 

2020年7月の夏アニメだとマガジンで連載中の「彼女、お借りします」が楽しみ。

ちょっと、「彼女、お借りします」について調べてみた。

 

目次

 

 

広告

 

あらすじ

都内在宅の大学生、木ノ下和也(20)は彼女に振られた寂しさを紛らわせるために、レンタル彼女のサービスを利用する。

レンタル彼女として、やってきた水原千鶴は超絶美少女だった。

そして、水原千鶴との出会いをきっかけに木ノ下和也の日常は変わり始める。

 

作者は「AKB49」の宮島礼吏(みやじまれいじ)。

彼女、お借りしますの作者は宮島礼吏

AKB48を題材にした、AKB49をマガジンで連載していたこともある漫画家だ。

インタビューを受けている動画があったので、視聴してみた。

気になる発言をまとめておく。

・編集者がボツにして捨てた原稿をマガジンの編集長が見て「可愛い女の子を頑張って描いているな」ということで、AKB49の連載の話が回ってきた。

・彼女、お借りしますはAKB49のアンケートの結果が良かったときを参考にして描いている。

・アンケートの結果を見ると、ツンデレを描くのが得意だということがわかった。

・レンタル彼女として会った女の子と、同じ大学でも会ったら好きになっちゃうかも知れないと思った。

 

個人的には、ボツで捨てられていた原稿を編集長が見て、AKB49の話が回ってきたって話が好き。

漫画家って連載を獲得してからも、すぐ打ち切りとか大変だいう話をすごく聞くけれど、頑張っているところを評価してくれる人がいてよかったなと感じる。

あと、小説じゃないから、漫画って絵も大事な要素なんだなと。

 

制作会社・スタッフと参加アニメ(一部)

・制作会社:株式会社トムスエンタテインメント

[制作作品:アンパンシリーズ、名探偵コナンシリーズ]

・監督:古賀一臣(こがかずおみ)

[参加作品:ポケットモンスターシリーズ(演出)、オタクに恋は難しい(演出)、雨色ココア Rainy color(監督)]

・シリーズ構成:広田光毅ひろたみつたか) 

[参加作品:弱虫ペダル(脚本)、中間管理職トネガワ/1日外出録ハンチョウ(シリーズ構成・脚本)]

 

有名な作品に携わっているアニメーターがずらりと揃っている。

 

まとめ

宮島礼吏の描く女の子は、マガジンの編集長も認めるくらい可愛いし、アンケート(読者)に寄せて描いているのて、面白さというのは保証されているのではないかと考えている。

新型コロ助のせいで、不安な日々を送っているかもしれないけれど、放送を楽しみに待ちたいと思う。

【祝】スパイラル~推理の絆~20周年。スパイラルカフェに行ってきた

中学~高校生のころ、「スパイラル~推理の絆~」を愛読していた。

「スパイラル~推理の絆~」は少年ガンガンで連載されていた漫画である。

原作は城平京(虚構推理の原作者でもある)。漫画は水野英多

 

「スパイラル~推理の絆~」は当時思春期のぼくに、良くも悪くも影響を与えた作品だ。

時に周りの助けを借りながら知略を尽くし、螺旋のように続く謎を解決しようとする主人公の歩に共感したのだ。

また身の危険をかえりみず歩をサポートするひよのは、今でも断トツに魅力的なヒロインだ。

 

そんな「スパイラル~推理の絆~」も20周年になる。

20周年を記念して、アニぱらカフェでスパイラルカフェが開催されるとのこと。

いてもたってもいられず、行ってきた。

 

目次

 

 

広告

 

席はほぼ満席。

スパイラルカフェは予約制。

予約が開始されて、それほど時間が経っていないにも関わらず、2~3日先まで満席だった。

まだ空きがある日に予約して、準備おっけい。

いざ行ってみると、ソーシャルディスタンスを保たないといけないから、二人掛けの席に1人で座ることに。

ぼくが行ったのは19時半からだったけれど、9割くらいは席が埋まっていた。

男女比は圧倒的に女性の方が多い。

スパイラルは女性の人気が高いというのを実感した。

ちなみに人が多過ぎて、パネルや展示物を写真に収めるのは断念。無念。

 

食べ物はひよのをテーマにしたメニューを注文。

スパイラルカフェは登場キャラクターをテーマにしたメニューが提供されている。

今回はひよのをテーマにしたメニューを注文してみた。

f:id:fussa2jp:20200625205022j:plain

・ひよのの企業秘密スープ

クラムパウダーにジェノベーゼソース、パプリカソースを加えていると紹介されている。

食べてみると、魚介の風味がした。イカインパクトがすごい。

魚介風味のスープが好きな人は口にあうかも。

 

f:id:fussa2jp:20200625220849j:plain

・ひよののおみくじモンブラン

スパイラル~推理の絆~の作中でも実際に出てきた、おみくじモンブランも提供されている。

その日の運勢も占えるという優れもの。

食感がよかった。

f:id:fussa2jp:20200625230904j:plain

おみくじの結果。

結構よさげ?

ラッキーカラーはピンクとのこと。

 

f:id:fussa2jp:20200625223510j:plain

・歩のハニーレモンソーダ

ハチが苦手な歩をイメージしたというなかなか皮肉の効いた一品。

今回はひよのをイメージした料理以外では唯一の注文。

甘党のぼくでも”めっちゃ甘い”と思うくらい甘かった。

 

グッズも購入。気が付いたら、なかなか金額に…。

注文は席にあるタッチパネルを使って行う。

グッズもタッチパネルで注文できるのは、便利だった。

一回一回レジに行くのは、面倒だからねぇ。

ただ、注文しやすい分、使う金額もどんどん膨らむことに。

帰るときには10,000円近い金額になっていた。

f:id:fussa2jp:20200625231924j:plain

でも、欲しかったひよののアクリルスタンドキーホルダーを入手できて、嬉しさもひとしお。

f:id:fussa2jp:20200625232434j:plain

 

アニメのリメイクも流行っているから、20周年を機会にスパイラル~推理の絆~がもう一度評価されて欲しいと思う。

ささやかながらも、応援のためにあと2~3回くらい行くかもしれない。

 

広告

 

 

 

 

デレステでプレミアムパスが登場!デレステにもサブスクの波が来た!

f:id:fussa2jp:20200619211942p:plain

2020/6 アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(以下デレステ)にプレミアムパスが実装された。

「月額980円で様々なサービスを受けられる」と公式から案内されている。

 

”今流行りのサブスクリプションがついにデレステにも来たか!”

と感じて、プレミアムパスがどんなもんか調べてみた。

 

目次

 

 

広告

 

スタージュエルが毎日もらえる!

ガチャを引くことをはじめとして、いろんな使い道があるスタージュエル。

プレミアムパスを利用すると、ログインボーナスで1日50個スタージュエルもらえる。

1ヶ月あたり1500個もらえる計算だ。

1個あたり約0.65円でかなりお得。

1ヶ月で3回買える「3回限定!スタージュエル」は計算すると1個あたり0.77円だけれど、通常でスタージュエルを買うと1個あたり1円を超えてしまう。

そう考えると0.65円というのは破格。

注意点としては無償スタージュエルなので、衣装とのセットのガチャチケットやプラチナチケット付のガチャはプレミアムパスだけでは、購入ができないこと。

 

イベントの時も、追加で報酬がもらえる

「各イベントのプレイ内容によって追加で報酬を獲得できます。また、一部のイベントでは追加のイベントログインボーナスが獲得できます」という告知がされていた。

今の段階だと具体的に各イベントで、どんな恩恵があるかはわからない。

記事を書いている時点ではシンデレラキャラバンで以下の特典が明らかになっている。

・LIVEをクリアすると追加報酬報酬がもらえる(1枠)

・キャラバンメダル交換所に「イベント限定アイドルのスカウト」などの景品が追加

・「LIVE PARTY!」の協力LIVEでもメダルをもらえる

正直めちゃくちゃ恩恵があるというわけではないけれど、イベントを効率的に進めるのには役に立つという印象。

 

 【完全に余談】サブスクリプションは、ソシャゲのトレンドになるかも

サブスクリプションは月額課金のモデル。

Amazonプライムとかネットフリックスとかが、サブスクリプションの例。

運営側としては固定でお金が入ってくるので、合理的。

プレミアパスみたいな月額課金のモデルは、他のソシャゲでもこれから導入されることになりそう。

 

最後に

今のところまだプレミアムパスを購入していないけれど、力を入れたいイベントのときは多分購入することになると思う。

ただ、解約しないと毎月課金することになるので、そこは注意したいところ。

デレステにも導入されて、”今のビジネスモデルとしてサブスクリプションは流行しているんだなー”という印象。

サブスクリプションを上手く使いこなして、生活を充実させたいと思う次第。

 

 

広告

 

恋する小惑星(アステロイド)感想!地学好きな女の子が頑張る物語

f:id:fussa2jp:20200608204216p:plain

「ステイホーム」がお願いされて、家にいる時間が長くなった。

この機会に今までもう少し詳しくなりかったけれど、なかなか手が出せなかった分野の「天文」について、知りたいと思った。

でも、お堅い本を読むのも疲れる。

 

そこで、お堅い本よりも手軽なアニメで天文をテーマに扱っているものを探してみたところ「恋する小惑星(アステロイド)」というマンガ原作のアニメを知った。

 

「恋する小惑星」をステイホーム期間中に観た感想をまとめておく。

目次

 

恋する小惑星をざっくり紹介

「見たことのないもの、見つけにいこう!」

小さい頃キャンプ場でみらは、天体観測をしている男の子あおと仲良くなって、「まだ見つけられていない小惑星を見つける」という約束をする。

高校生になり、天文部に入部しようとしたが今年から天文部は無くなり、地質研究会と合併し「地学部」になっているということを知る…。

 以上が物語の始まり。

きららで連載しているだけあってほんわかした雰囲気だけれど、物語全体として「まだ見つけられていない小惑星を見つける」という約束が軸になっていて、約束を果たすために頑張っているみらとあおを思わず応援してしまう。

 

 

原作者のQuroさんも地学が好きなのが伝わってくる。

 QuroさんのTwitterを見てるいると、天体が好きなのが伝わってくる。

普段から地学のことをよく調べていて、

地学オリンピックが「恋する小惑星」でも扱われているのを見て、”Quroさんも受験したんじゃないかなぁ”と予想している。

 

観ると地学の勉強になる

高校生のときに「勉強は授業や教科書以外でもできる。小説とかでもできる」と教わって納得した。

「恋する小惑星」も天体や地質とか教科書に出てきそうなことが多くでてくる。

中学生のときのぼくにも、紹介したい。きっと教科書ではわからない地学の楽しみ方も学べるはずだ。(もちろんぼくが中学生のときに恋する小惑星は出ていないけれど)。

 

最後に

双眼鏡を注文したくらいで本格的に天体観測を始めたわかけじゃないけれど、天体観測は手軽に始められる趣味だと思っている。

例えば「月は玄武岩でできているんだなー」とか月について知ると、なんとなく月の見方が変わる。

そして、その見方が変わるっていうのは意外と人生を充実させてくれるのではないかと思っている。

「恋する小惑星」は天体に地学があるなら、気軽に勉強できるおススメの作品。

 

 

 

 ☆Amazonプライムに加入していれば無料でアニメも見られる!

 

リストラされて引っ越しをしたら、貯金ができるようになった話

f:id:fussa2jp:20200531192807p:plain


「貯金ができない」

と悩んでいる人も多いと思う。

2019年までのぼくも貯金ができていなかった。

 

2019年3月に前に所属していた職場の経営状態が悪化したため、ぼくはリストラの対象になった。

2019/10に再就職して、2020/5現在まで継続して勤務している。

 リストラされた立場ではあるけれど、給料が増えてぼくは貯金ができるようになった。

 

貯金ができている理由を考えてみた。

目次

 

 

広告

 

何より前の職場の環境がよくなかった。

隠さずに言うと、前に働いていた職場は環境がよくなかった。

残業の状況次第で、手取りで20万円に満たないこともあった。

 「手取り14万円しかない」

という人が話題になっていたことがあったけれど、ぼくも人のことが言えない。

ただ、生活に困らないくらいの給料はもらえていたし、仕事の内容も単純作業で楽だったので続けていた。

もちろん、貯金はできていなかった。

リストラされて再就職して給料が運よく上がり、今は貯金をすることができている。

給料が低いなら、思い切って転職するのも判断のひとつだと思う。

 

労働時間が減った。

ぼくは今の職場に再就職して給料が増えたと同時に勤務時間も減った。

勤務時間が減ると、家にいられる時間も増える。

手間のかかる料理はあんまり作らないけれど、簡単なものでも料理を作る時間ができるのだ。

売られている弁当と違って、食材も自分の目で選んでいるからなんとなく安心感がある。

自分好みに味を微調整することもできる。

外食や弁当の回数が減ると食費も浮くので、節約ができ貯金ができる。

また労働時間が減ると、ストレスもたまりづらいのかなと思う。

ストレス発散のために買い物をする回数が減って、結果として貯金につながっていると思う。

 

家が広くなった

引っ越しをする前は都内に住んでいた。8畳くらいのワンルームだった。

一般的な大きさの冷蔵庫を置くスペースが無くて、よくホテルに備え付けてある小さいサイズの冷蔵庫しか置けなかった。

今は都内から出て部屋も広くなり、余裕で冷蔵庫を置けるようになった。

冷蔵庫が大きくなって食料を保管することができて、この点でも食費が節約できている。

買い出しや外食をしなくても、食事ができるという点で時間も節約できている。

冷蔵庫のありがたさを実感している日々だ。

 

都会ではないので金を使うタイミングが少ない

都会だと店舗やイベントなども多く、街を歩けば金を使いたくなるタイミングが多い。

意思を強くもたなければ、金を使ってしまう。

引っ越して今住んでいるは場所は周りに店は多くない。

でも、住宅が多い場所でスーパーやドラッグストアなどが充実していて日常生活をする分にはまったく不便しない。

むしろ、 スーパーは今住んでいる場所の方が多く生活しやすい。

現在は通販も充実しているので、家にいながら欲しい物も買える。都会でなくても不便だと感じることは少なくなった。

都会に住まない方が貯金はしやすい。

 

まとめ

言うまでもなく、単純に貯金を増やすには「収入を増やして支出を減らす」ということが必要になる。

ぼくはたまたま引っ越しして、収入が増えて支出が減った。

仕事を頑張って、無駄遣いをしないことを心掛けて貯金をしたい。

 

広告

 

 

 

 

第9回シンデラガール総選挙&ボイスアイドルオーディション開催! 北条加蓮おめでとう!!

シンデレラガール総選挙とボイスアイドルオーディションが同時開催された。

シンデレラガール総選挙は9回目。

もはや恒例行事の域だ。

かたやボイスアイドルオーディションは今回は初めての開催。

上位3名に入ったアイドルは声優がつく。

 

自分の担当アイドルが上位になるように、各アイドルの担当がしのぎをけずるイベントだ。

また、お祭り的な盛り上がりもある。

 

そんなイベントの結果が発表されたので、結果をまとめていきたいと思う。

目次

 

 

広告

 

シンデレラガール総選挙1位の座に輝いたのは北条加蓮

予想通りの結果というか、加蓮が1位に輝いた!

総選挙ではずっと上位で、前々回3位、前回2位という結果だったので今回は1位になるんじゃないかと予想していた。

個人的にも応援していたアイドルの一人。

ビジュアル的にも好みだし、性格もストイックで努力家で魅力的なアイドルだと思う。

余談だけど、ボイスアイドルオーディションが開催されたことでシンデレラガール総選挙の方はボイスがつくことを目的とした投票が減って、純粋な人気がわかるようになったと感じる。嬉しい。

f:id:fussa2jp:20200528190714p:plain


 

 

ボイスアイドルオーディション1位の座に輝いたのは辻野あかり。

ボイスアイドルオーディション1位は辻野あかり

”なんで、あかりがボイスついてないんだ!”

って感じのキャラだったから、納得の1位。

語尾が「~んご」でぶっ飛んだ性格しているのかと思いきや、実はキャラづくりのためにやっているだけで、根はとっても真面目な性格をしている。

山形りんごをこよなく愛していて、応援したくなるアイドルの一人。

なお、辻野あかりは有志が作成した曲で「食べるんごのうた」というのがあり、中毒性が耳から離れなくなるくらい強い。

YouTubeなどでも聴けるので、一度聴いてみるのもいいかも知れない。

f:id:fussa2jp:20200528190837p:plain

 

今回のシンデレラガール総選挙は中間発表が無かった

前回までのシンデレラガール総選挙は投票期間中の中間発表はなく、最終結果で初めて順位がわかった。

中間発表がない方が面白いと思う。

中間発表から大きく順位が変動することもないから、上位に入っていないアイドルを応援していると投票のモチベーションが保ちづらい面があった。

ぼくは投票期間ギリギリになって投票したけれど、じっくりと誰に投票するか考える時間があったように思う。

とはいっても、斉藤洋子(よーこさん)にほとんど投票したから順位もわからない、いわば死票みたいなものになってしまったけれど…。

f:id:fussa2jp:20200528191419p:plain

f:id:fussa2jp:20200528191434p:plain


 

最後に

とにかく加蓮が、第9代目シンデレラガールになれたことがめでたい!

 

広告

 

 

 

 

元ニートがインスタグラム始めました。意外と面白い?

f:id:fussa2jp:20200517112239p:plain

やっとインスタグラムに手を出してみた。

インスタグラムっていうと、キラキラ女子()がタピオカの写真をアップしているイメージだったから、始めるのをためらっていた。

 

ただクリスティアーノ・ロナウドや本田翼とか有名人もたくさんインスタグラムをやっているから、”面白いんだろうな”とは思っていた。

外出自粛が要請されていて時間ができたので、”もし、不都合があれば辞めればいいや”くらいの気持ちでこの機会に始めることにした。

 

実際に始めてみるとなかなか面白かった。

まとめておく。

目次

 

 

広告

 

インスタグラムはアルバムを公開するイメージ

スマートフォンを持っていれば、気軽に高画質な写真を撮れる時代だ。

”いい写真撮れたなー”というときに撮った写真を見てもらいたくなる気持ちは、よくわかる。

あと、食べ物を載せる気持ちもわかる。

自分で料理なら”せっかく作った料理を食べるだけだともったいない”っていう気持ちがあるし、買った物なら”おいしかったから記録に残しておこう”っていうような気分。

でも、自称インフルエンサーのようにインスタグラムに載せるためにラーメン屋に4人で入って回し食いするような感性はわからない。

食べ物は大切にしたい。 

 

今はゲームのスクリーンショットショをアップしている

インスタグラムは始めたばっかりなので、まだ手探りでやっている感じだ。

”まずは自分の好きなものからインスタグラムにアップしよう”

っていうことでまずは、遊んでいるソシャゲのスクリーンショットをアップしている。

イベントで報酬をゲットしたときとかのスクショが中心。

あとで見返すとなかなか面白い。

 

ジャンルを気にしないでやれるのは楽しい

ブログやTwitterとかをぼくもやっているけれど、一応発信するものは選んでいる。

読者やフォロワーがありがたいことにいるので、

”これはアップしても興味もってもらえないだろうな…”

ってものはアップを止めたことがある。

インスタグラムはソシャゲのスクリーンショットを中心にアップしていると書いたけれど、実は食べ物とかの写真を少しアップしている。

縛りがなく気ままに情報発信をするのは面白い。意外とフォロワーも増えるし、いいねももらえるのは嬉しかい。

 

最後に

明らかにサクラだろうっていう人からお誘いのメッセージもきた。

サクラと遊んでみようとメッセージをやりとりしていたんだけれど、メッセージが返ってこなくなってしまった。

遺憾の意を表明する。

まだまだ知らない機能が多くて奥深そうだから、インスタグラムをぼくは使いこなしているとはいえないかも知れないけれど、少なくとも飽きるまではやっていきたい。

 

https://www.instagram.com/houjouhajime

↑ぼくのインスタグラムアカウント

 

 

広告