この壁を乗り越えたら

リストラされたけれど、年収が少し上がった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【渡辺曜、誕生日記念】曜ちゃんの誕生日あたりに沼津に行くのは義務

4/17はラブライブ!サンシャイン!!に登場する曜ちゃん(渡辺曜)の誕生日。

ラブライブ!サンシャイン!!は沼津が舞台として有名で、ファンが数多く訪れている。

登場キャラクターの誕生日には特別なキャンペーンが行われていたりと、沼津で誕生日をお祝いしている雰囲気を感じられる。

 

近ごろは変な病気が流行しているけれど、1年以上同じことを繰り返していて、有効な手立てを立てられない政府に嫌気がさした。

ラブライバーの友人がいないぼくは感染対策をして、沼津にぼっち旅を決行することにした。

2020年に支給された定額給付金の10万円を沼津に落としたいという気持ちもあった。

曜ちゃんの誕生日に沼津に行った記録としてこの記事を残しておく。

 

目次

 

 

 

 

広告

 

曜ちゃんにお金を貢ぐ…。

f:id:fussa2jp:20210427000013j:plain

・ナンバープレート

沼津駅北口の近くにある商業施設のBiVIで購入。

曜ちゃんの誕生日に近い日はラブライブ!サンシャイン!!のプレミアムショップをやっていた。

ナンバーが曜ちゃんの誕生日になっている特別仕様。

インテリアにもよさそうと思ったので、玄関に飾っている。

・Watanabe You First  Solo  Concert Album

Aqoursのメンバーの誕生日ごとに、発売されるソロアルバムの曜ちゃん版。

せっかくなので、沼津に行ったときに買ってみた。

なんとなく沼津で購入すると貴重な気がする。

Aqours全体で歌っている曲もいいけれど、ソロで歌っているのも、またそれぞれのキャラクターのクセが感じられて好き。

曜ちゃんの快活な面だったり、ちょっと内気な面も感じられる歌い方をしているような気がする。とてもいいCDだった。

・曜ちゃんのアイコン刺繍入り今治タオル

商店街にあるノーブル洋服店で購入した一品。

主張しすぎないアイコンが◎。普段使いもできそう。

ノーブル洋服店で買い物をしていたときに店員さんが

「外に絵馬があるので、見て行って」

と教えてくれて、外に出ると斉藤朱夏さん(曜ちゃんの声優)が書かれた絵馬が!

f:id:fussa2jp:20210428224150j:plain

Aqours、曜ちゃんが沼津に根付いていると感じられる。

 

SUN!SUN!サンシャインCafeで腹を満たす

曜ちゃんの誕生日にちなんだメニューがたくさんある。

アニメでも曜ちゃんがふるまったヨキそばとか。

曜ちゃんの誕生日が近いということもあって、入場制限があったけれど、無事に入店できてよかった。

曜ちゃんのブロマイドを全種類集めるために、たらふく食べたけれど、曜ちゃんのためなら当然のこと。

f:id:fussa2jp:20210429195522j:plain

f:id:fussa2jp:20210429195535j:plain

 

アニメイト沼津店でヴァイスシュヴァルツのオリパ(ガチャ)をやる

カードゲームのヴァイスシュヴァルツを最近やり始めて、カードを集めている。

アニメイト沼津店に行ったら、曜ちゃんの誕生日記念のオリパがガチャであって、目玉が曜ちゃんのサイン入りカード、しかも曜ちゃんのカードが当たりやすい、ということで¥3,000を突っ込んでみた。

そしたら…。

曜ちゃんのサイン入りカードが来てくれた!

投資したのは¥3,000だったけれども、¥3,000以上のリターンが返ってきた。

曜ちゃんの誕生日記念に沼津で当てた貴重なカード。

プライスレス。

f:id:fussa2jp:20210429200555j:plain

 

おまけ

f:id:fussa2jp:20210429201014j:plain

f:id:fussa2jp:20210429201028j:plain

狩野川とか、ホテルから見る街並みとか沼津の夜景きれいだった。

 

曜ちゃん誕生日おめでとうでした!!

広告

 

【コスパ重視?】mouseB5-R5を購入。久しぶりに買い替えたノートパソコンは動きが軽くて感動を覚える。

f:id:fussa2jp:20210412225040j:plain


はじめに断っておくと、ぼくはパソコンに詳しくない。

でも、自分なりに調べて今回8年間使っていたノートパソコン(Dynabook)から、mouse製のノートパソコン、B5-R5に乗り換えた。

安くはない買い物(¥90,000)だったので、記録として感想を残しておきたいと思う。

 

目次

 

広告

 

 

8年間使っていたノートパソコンの不便さ

・完全に立ち上がるまで2分くらいかかる。

・ビデオカメラはあるが、Skype通話で、こちらの様子が通話相手に映らない。

・DVDドライブはあるが、DVDはもちろんCDも認識しない。

・ネットゲームをしていると、重くて固まる。

もう限界を超えて、働いてくれていたと思う。

”もうちょっとお金を貯めてから、新しいパソコンに買い替えよう”

と考えていたら、いつの間にか8年間使っていた。

パソコンは使う時間も長いし、動きが悪いパソコンは時間のロスにもなるので、パソコンを買い替えることにした。

 

mouseB5-R5に決めた理由

新しいパソコンを購入するのにあたり、どんなパソコンがいいのか考えた。

重視したのは、パソコンのCPUの性能。

今はCorei7よりもCorei3の方が性能がいい場合もあるらしくて、ややこしい。

「passmark   (対象のパソコンのCPUをコピペ)」

Googleで検索すると、CPUの性能はわかりやすいとのこと。

f:id:fussa2jp:20210412225048j:plain

オレンジ色の数字が5000を超えていれば、動画を見るときなども含めて、普段使いには困らないそう。

mouseB5-R5は写真の通り10000を超えている。

マツコが出ているCMで「コスパ重視」と宣伝しているのも、あながち誇張ではないのかも知れない。

あとは、mouseの社風にひかれたというのもある。

長野県の工場で、一台一台手作りしてくれるのは物づくりに対する真摯さを感じる。

日本製のパソコンは海外製のパソコンに押されているから、mouseのような企業には頑張ってほしい。

 

実際の使用感

・完全に立ち上がるまで2分くらいかかる。

・ビデオカメラはあるが、Skype通話で、こちらの様子が通話相手に映らない。

・DVDドライブはあるが、DVDはもちろんCDも認識しない。

・ネットゲームをしていると、重くて固まる。

前使っていたノートパソコンの不具合は一気に解決した(当たり前)。

特にネットゲームは想像以上にサクサク動いてくれて満足。

キーボートの打鍵感も、しっかり押し返してくれる感触があって強めに叩くぼくでも快適。

あとDynabook東芝の広告が勝手に映って、画面の一部を占領していた。

映る広告がなんとなく気になっていたんだけれど、mouseB5-R5には一切広告が映らない。うれしい。

 

これから

mouseB5-R5はかなり快適に使えているので、パソコンを使う作業(ブログを書くとか)モチベーションも上がるといいなと思う次第。

 

広告

 

【モバマス】長年遊んでいて初めて上位報酬(相葉ちゃん)をお迎え。10周年以降もずっと続いて欲しい。

3月にアイドルマスターシンデレラガールズで、復刻版のアイドルプロデュースというイベントがあって、ぼくも参戦した。

 

アイドルプロデュースはどんなイベントかざっくりと言うと、仕事(ロケとか)を理由にアイドルとデート気分を味わえるイベント。

ぼくはモバマスのなかだと一番好きなイベント。

多分、他の人も好きなイベントだと思う。

とはいえ、ポチポチと画面をタップするだけの作業であることに変わりはないんだけれども。

f:id:fussa2jp:20210404215220j:plain

 

調べてみたら、アイドルマスターシンデレラガールズがモバゲー内で始まったのは、2011年11月28日とのこと。

今年でなんと10年目だ。

10年前といえばソシャゲは群雄割拠の時代でほとんどが、携帯のキーをポチポチするだけのゲームだった。

開発費もあんまりかかっていないのが、ゲーム開発の知識がないぼくにも伝わった。

今は家庭用ゲームに負けず劣らずのグラフィックやゲーム性をもったソシャゲも多くて、驚かされる。

 

アイドルマスターシンデレラガールズの思い出を語ると、7年くらい前、仕事が忙しいときも日々の習慣として欠かさずやっていた。

当時は今と働いている職場が違っていて、深夜1時まで働くこともある労働環境。

微熱がずっと続くくらい忙しいときでも、アイドルマスターシンデレラガールズを辞めなかったのは、それだけぼくにとって魅力があるゲームだったからだ。

 

アイドルはカワイイし、魅力があるためアイドルマスターシンデレラガールズは、人気があるゲームだということは間違いないと思う。

イベントで上位をとろうとすると、時間をかけるか、金をかけるか覚悟を決めて、臨まないといけない。

俗にイベントで上位をとろうとしてプレイすることを「走る」というけれど、ぼくは何年もやっているのに「走った」ことがなかった。

”どうせ、やっても上位はとれないだろうな…”

とイベントをやる前から諦めてしまっていたのだ。

 

ただ、3月にあったアイドルプロデュースでは、イベントの上位報酬が推しの相葉夕美(以下相葉ちゃん)。

ぼくのなかで欲しいという気持ちとともに

”スタミナを回復するアイテムは腐るほどあるし、やってやれないことはないんじゃないか?”

という疑問も生まれ、挑戦してみることした。

相葉ちゃんはイベントの上位4000人がお迎えできる。

イベント初日を終えた段階で、ぼくは2000位台前半。

”これはいける…!”

と思い、最終日までポチポチすることに。

最終日は予定が入ってしまい、順位を少し落としてしまったけれど、無事に3017位で相葉ちゃんをお迎えできた!

やればできるもんだ。

f:id:fussa2jp:20210404215603j:plain

 

f:id:fussa2jp:20210404215658j:plain

 

もうすぐ10周年を迎える、アイドルマスターシンデレラガールズ

全盛期に比べると、勢いは落ちてしまっているのは否めないのかも知れない。

ぼくも全盛期のころだったら、相葉ちゃんをお迎えすることはできなかっただろう。

そういう意味では、素直に相葉ちゃんをお迎えできたのは喜べない部分もある。

ただ、ぼくはアイドルマスターシンデレラガールズはまだまだ魅力があるゲームだと思っている。

10周年はもちろん、それ以降もまだまだ続いて欲しいと思う次第。

 

 

広告

 

【WS】今月もカードゲームに☆☆万円を費やした。物欲が止まらない。

ヴァイスシュヴァルツ(WS)を今年に初めて、ちょっとずつカードとかサプライを揃えている。
 
コレクターには
「自分のコレクションを見てほしい」
という気持ちがある人もいるらしい。
 言葉を選ばなければ、自慢したいのだろう。
コレクションを披露することで、嫉妬されたり、盗難の被害にある可能性はあるのは承知の上で、なお苦労して手に入れた物を見て欲しい気持ちはわかる。
 大した物ではないけれど、ヴァイスシュヴァルツを初めてぼくが集めた物を感想とか交えながら紹介していこうと思う。
 
目次
 
 

ラバーマット

f:id:fussa2jp:20210322224702j:plain

ぼくはカードゲームをやるときに、カードが傷つかないように使っているけれど、デスクマット用などにも使えて、意外といろいろな使い道があるみたい。

意外だったのは、ラバーマットにカードを置いて写真を撮ると、見栄えがいいということ。

今はカードの写真をインスタにあげるときは、大体ラバーマットを使っている。

余談だけれど、開封したときにゴムの匂いがすごかった。

 

 

 

 
 

買ったカードを紹介

大したことはないけれど、ぼくが最近購入したカードを記録として残しておく。

1.ラブライブ!サンシャイン!!のトライアルデッキ+(2個)

f:id:fussa2jp:20210323211930j:plain

Amazonで購入。

レア抜きされているんじゃないかと思っていたんだけど、なんと果南のサイン入りカードが当たった。

多分売却すれば、トライアルデッキを買った分以上の値段になるだろう。

だが、売らない。

大切にしまっておくことにする。

 

2.かのかりのデッキ用のカードとコレクション用カード

f:id:fussa2jp:20210323213926j:plain

f:id:fussa2jp:20210323214116j:plain

上2枚の写真のカードだけで合計で¥10,000を超える。

一部のカードは、コレクション用に保管しているけれど、ほとんどのカードはプレイ用にしている。

今はデッキレシピを公開することが多いみたいだけれど、ここではデッキレシピを公開することはしないことにする。

初心者のデッキレシピを見ても、意味がないだろうからね。

ただキャラ単のデッキは面白いとだけは書いておく。

 

3.遊戯王カード

f:id:fussa2jp:20210323215420j:plain

f:id:fussa2jp:20210323215459j:plain

「ヴァイツシュバルツを関係ないじゃん!なんで!?」

と言われるかも知れない遊戯王カード。

でも、カードショップめぐったり、カードショップのホームページを見ていると、やっぱり欲しくなっちゃうんだよねぇ。

競技者として復帰するつもりは全くないけれど、”綺麗だな”と思って、手軽に入手できるカードはちょくちょく集めようかなと考えている。

カードが値上がりしていて、遊戯王カードが投資になるレベルだという点もある。

(よほど値上がりしないと売らないけれど)

なんだかんだ一番売上があるカードだというのは、ダテではないと思う。

 

スリーブ

 

f:id:fussa2jp:20210323220851j:plain

お金があれば、スリーブにも力を入れたくなるもの。

対戦していたら、傷つくのは覚悟しなくちゃいけないけれど、せっかく苦労して手に入れたカードは傷つけたくない。

もう作ったデッキを全部スリーブに入れるのは、義務だと思っている。

スリーブをスリーブに入れて、2重スリーブにしないと不安。

こだわっている人は3重以上にしているとのことで、恐れ入る。

 

以上、今月購入したカード関連の物の記録。

やっとの思いで非正規雇用から正規雇用になった。ただ、希望はもてない。

f:id:fussa2jp:20210317204907p:plain

まだ正式には知らされてはいないのだが、正規雇用をしてもらえることになったらしい。

今働いている会社に入って目標にしていたのが、正規雇用してもらうこと。

正社員になることだ。

入社してから、苦節1年半。

正社員になるために結果を出すこと、失敗をしないことを意識しながら、ぼくは働いてきた。

広告

 

 

ぼくの会社では所属する課の上司の推薦を得て、人事との面接をこなして、正社員になることができる。

人事との面接の話をすると、圧迫面接のような厳しい面接ではなかった。

「職場の人間関係はどうか?」
とか”ぼくが面接官でもこの質問をするだろうな”というような質問が中心。

世間話をするような和やかな雰囲気の面接だった。

”これでダメなら、正社員にはなれないな”と思っていたので、正社員になれて安心している面もある。

 

でも、いざ正社員になると全く達成感はない。

給料は上がらないから、欲しい物を買うことができない。

責任が重くなって、仕事が大変になる。

別に「胸の大きい良い女」に好意をもってもらえるわけではない。

 

今後のことを考えると、はっきり言って憂鬱だ。

ずっと正社員になるのは、ずっと目標だったはずなのに。

もう仕事のスキルを上げるために頑張るのも疲れた。

医師とかは休日返上でスキルを上げるために、勉強をしている人もいる。

スキルが上がることで長い目で見ると収入が上がることはあるにしても、勉強することによって直接お金が手に入るわけではないし、収入が上がることが約束されているわけでもない。

ぼくは休日返上で、スキルアップする人のように頑張れないし、仕事に情熱はない。

 

ぼくのサラリーマンの人生を考えると、まだまだ何年間も働かないといけなくて、これからが大変だ。

正社員になったのは、終わりではない。

アニメとか漫画でいうと

「俺たちの戦いはまだまだ続く」

という終わり方をしたような感じ。

いわゆる「俺たたエンド」だ。

ぼくが生きていて、仕事を続ける限り、仕事(戦い)は続いていく。

 

仕事は楽しくない。苦痛だ。

「じゃあ、今の仕事を辞めればいい」

と思う人もいるかも知れないけれど、それは安易な考えだ。

多分、ぼくはどこの職場に行っても仕事に飽きたりして、苦痛に感じるだろう。

かと言って、自分で会社を興したり、フリーランスになってやっていくだけの素養もないとわかっている。

会社に不満を抱えながら、細々と働き続けるしかない。

働き続けれないと、お金がなくなって食べていけなくなる。

 

目標だった正社員になったのに、暗い記事になってしまったのは反省している。

まだまだぼくのサラリーマン人生(戦い)は続いていく。

頑張っていかないとなぁ…。

 

 

広告

 

日本の年収は韓国以下。生活が苦しくて当然だとわかった。

f:id:fussa2jp:20210308212634j:plain

文春オンラインの記事で平均賃金(年収)が、OECDの調査で日本は3万8617ドルなのに対して、韓国は4万2285ドルだということが書かれていた。

 

ぼくはまだ日本は経済的には豊かな方だと思っていたから、衝撃を受けた。

まさか、隣国の韓国の平均年収を下回っていたとは…。

日本ではIT分野でいい企業が出てきていないから、衰退しているのもちょっと考えれば予想できたのかも知れない。

 

広告

 

普通に暮らしているだけでもかなり苦しい。

この前iPhone12miniを購入したけれど、10万円で”かなり高いな”と感じた。

iPhone12miniを製造しているAppleアメリカの企業だ。

アメリカ人より年収が低い日本人が、iPhoneを買うのは負担がかかる。

海外から輸入されたものは避けて生活することはできないから、高い物を買わざるを得なくなる。

さらに消費税も10%になっていて、買い物するだけでも商品の10%の税金を払わなくてはいけない。

なんとか生活できるくらいの収入を得ることはできるけれど、残念ながら日本にいる限り自分の努力だけではどうしようもな部分もあると感じる。

 

バブルのころに働いていた人がうらやましい。

バブル期の景気がいいころは、特に何もしなくても年収は上がっていった。

多分、今と同じ内容の仕事をバブル期にぼくがやっていたとしたら、年収も多く、支出も少ない。

つまり今よりも楽に仕事をして、楽に生活ができる。

ぼくの世代が車離れをしていると言われるけれど、それも当然だ。

高級品の車を買う余裕なんかない。

今は能力がある人も非正規雇用で働いている。それもバブル期には考えられなかったことだろう。

消費税率も今より低かったし、本当にバブル期に働いていた人がうらやましい。

 

日本からは出ていけない。

「日本での生活に不満があって、うだうだ言うんなら海外に出ていけばいい」

というツッコミがあるかも知れない。

もっともだと思う。

でも、残念ながらぼくには今から外国語を習得し、IT関連の知識を身に付けられるほどの優秀さはない。

勉強してみてもいいけれど、収入を得られるほどのスキルになるかは自信がない。

要はそこまで変化に対応する力がないのだ。

あと、城・寺社仏閣やサブカルとかの日本文化が好きだというのもある。

日本文化が味わえるなら、わざわざ苦労して海外に行って、やっきになって金を稼がなくてもいいかなと考えている。

日本にとって厳しい時代が続いているけれど、ぼくはぼくでちょっとずつ貯金できる程度に家計の収支を考えながら、生きていきたいと思う次第。

広告

 

【祝】当ブログを開設して3年間が経過。なぜ、ぼくは継続できたのか?

f:id:fussa2jp:20210214111843p:plain

このブログを開設したのが、2018年2月13日。
開設してから、早いもので3年が経過した。
3年もあればいろんなこともあるもので、ブログの記事もかなりの量になる。
1日がかりでも読みきれないと思う。
我ながらよく書いたと思う。
 

広告

 

続けられたのは、たまたまだ。
2020年もGoogle検索のコアアップデートがあり、個人ブログはアクセス数字が落ちた。
このブログも例外ではなく、アクセス数が落ちた。
検索されやすいように工夫して記事を書いても、読まれない。
またアクセス数を稼いでいる記事も、今は全国優勝した人がもっといい情報を発信していて、わざわざぼくが情報を発信する必要があるのかという疑問があった。
 
仕事のことも自分では大丈夫だと思う範囲で書いているけれど、万が一のこともある。
職場で問題にされたくはないから、積極的に仕事であったことは書けない。
しかも、このブログには自分の趣味のことであったり、愚痴を書いているから職場の人にはあまり読まれたくない。
再就職する前の職場には愛着もなかったし、給料も低かったから、ブログを書くモチベーションも高かった。
今の職場にはそこまで不満はないので、”ブログを書かなきゃ”とは思わない。
 
3年も同じことを続けていると、さすがにマンネリ化してくる。
「金を払ってでも読みたい」
と思われるような価値のある記事を書けと、有名なブロガーは言う。
しかし、どこにでもいるサラリーマンが価値のある記事を書くのは、かなり大変だ。
自分の経験や興味のあることを分析して深掘りすると、価値のある記事を書けるのかも知れないけれど、毎回そんなことはやっていられない。
肩肘はらずに書いていきたいと考えている。
 
どこにでもいる人間なのに、無理にアクセス数を稼ごうとしたり、有名になろうとするとロクな結果にならない。
好きの反対は嫌いではなく、無関心。
反応がないくらいなら炎上させようというスタンスでやってきて、誹謗中傷がひどくなったら、訴訟する。
どこにでもいる平凡な人間が、無理をした末路だなと、有名ブロガーのはあちゅうを観ていると思う。
読んだ人を不愉快にしているだけでなく、自分も不幸せにする。
ブログを続けてそんな結末は、まっぴらごめんだ。
そんなことになるなら、ぼくは無名なままでいい。
 
・アクセス数が落ちている
・職場で問題になるのが嫌だ
・マンネリ化
3つの理由で正直に言うと、ぼくのブログに対するモチベーションは以前ほど高くはない。
アップしている記事も今は1ヶ月に5本以下だ。
ただ、4年目も迎えられそうな気はしている。
日常を記録として書くのは嫌いじゃないから、この一年間でまた新しいブログの取り組み方を探していきたいと思う次第。
 

広告