この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。どんな未来かはまだ知らないけれど、楽しくしたい。

広告

資格スクール講師が教える暗記のすごいコツ。勉強の基本は暗記!

f:id:fussa2jp:20190425222833j:plain

 

日本人の社会人の平均勉強時間は6分らしい。

うそ、日本人の勉強時間少なすぎ?

平均勉強時間が少ないのが、日本の国際競争力が落ちてしまっている一因でもあるんじゃないだろうか?

 

ぼくも資格を実際にとるかどうかは別として、”せめて勉強する習慣はもっておくようにしよう”と心に決めた。

少しでも、勉強すれば他人と差をつけることが、できんじゃなかろうか。

学生時代には、人並に勉強をしていたけれど、勉強方法の工夫は常にしておきたいと思っている。

 

勉強をする上で、やはり暗記が基本。

暗記に関する本を探してみたところ、資格スクールの講師をしていた碓井孝介氏が暗記のコツに関して「図説でわかる 暗記のすごいコツ」という本を書いていた。

”これは効果がありそう!”と思った勉強方法をまとめておく

 

広告

 

文章は「大枠」を見て「細部」を読む

 次のうち覚えやすいのは、どちらだろうか?

①桃太郎が来ていたのは「陣羽織」

 桃太郎が最初に出会った家来は「犬」

②アテナが所有していた盾は「アイギス

 アテナが飛ばしたのは「フクロウ」

 

覚えやすいのは「①」のはず。

アテナより桃太郎の方が物語をあらすじ、つまりは「大枠」を知っているから。

大枠を知っていると、細かい知識まで覚えやすい。

まずは大枠をおさええて、細かい知識を大枠に結び付けるのコツ。

 

大枠を抑えるために活用できるものは以下の通り

・見出し

・太字

・目次

・年表

・重要事項まとめ

 

「主語+述語」に注目する方法

文章の覚え方のコツも紹介されている。

例えば「日米修好通商条約」についての文。

日米修好通商条約は、日本に関税自主権がなく、一方でアメリカ側には外国人が在留国で本国領事の裁判を受ける領事裁判権があり、さらにはアメリカに有利な片務的最恵国が認められていたため、不平等条約と呼ばれる」

 

…情報量が多過ぎぃ!

情報量が多い場合は骨組みから考えると、覚えやすいらしい。

この日米修好通商条約の文章の場合は、骨組みは「主語+述語」で「日米修好通商条約不平等条約」。

まずはこの骨組みから覚える。

その他の「関税自主権がない」とか「アメリカは領事裁判権あり」とかの、サブ情報は骨組みを覚えてからの方が、覚えやすくなる。

 

「則反復」で記憶をその場で強化する

絞ること、繰り返すこと、いずれも成し遂げることができたら、暗記はできる。

繰り返すためのコツは復習。

復習とは、忘れる前に触れ直すことで記憶を強化し、頭に定着させる作業。

記憶は知識に触れる回数が多い方が、強化される。

知識に触れてから一日後、一週間後、一か月後の他に、その場で反復するするとさらに記憶が強化される。

 

感想

暗記のテクニックが「図説でわかる 暗記のすごいコツ」には、他にも多数掲載されている。

試してみようと思うと、勉強のやる気も上がるっていうもの。

ただ、暗記のテクニック云々というよりも勉強で成績を上げるのに大事なのは、勉強時間の確保だと思う。

東大に入学している人はやはり一日10時間以上の勉強を平気でやっている。

勉強のテクニックも大事だとは重々承知だけれど、まずは勉強時間の確保をすることが大事。

 

 

 

 

 

【シャニマス】W.I.N.G(ウイング)で優勝!W.I.N.Gで優勝した攻略法を紹介してみる

f:id:fussa2jp:20190424192606p:plain

 

ぼくはシャニマスを3月下旬から開始した。

最初の目標として、ストーリーで一番大きなライブのW.I.N.G(ウイング)で優勝することを目指していた。

 

そして、約一ヶ月間をかけて試行錯誤した結果、W.I.N.Gで優勝することができた。

めちゃんこ嬉しい!

シャニマスは一人をがっつりプロデュースするから、愛着もわきやすい。

 

今後またW.I.N.Gに挑戦することがあるかも知れない。

今回どのようにW.I.N.G優勝することができたのか、また振り返れるように記録しておく。

 

広告

 

W.I.N.Gに挑戦する前の準備

サポートメンバーのユニット編成をまずは行う。

サポートアイドルは、Vo特化、Da特化、Vi特化で分かれている。

5人のサポートアイドルはVo,Da,Viのうち2種類に特化するように編成するのが一般的。

ぼくのやり方だとVo特化アイドルは固定。DaかViはプロデュースアイドルのスキルを見て決める。

なので、Vo+DaまたはVo+Viのどちらかで編成するようにする。

3種類全て特化するのは非効率だから、避ける。

 

W.I.N.Gに挑戦する前に選択するアイテムについて

ぼくは体力回復アイテムをもっていくようにしている。

アイドルとトレーニングの約束をしたときに、体力が落ちていて失敗するのが嫌だから。

失敗するとステータスが落ちてもったいないんだよね…。

本来なら成長している分+失敗してステータスが落ちた分として考えると、2週間分損をしている。

 

あとこだわりの範疇になってしまうけれど、プロデュースアイドルが一回目のW.I.N.G挑戦のときには、「秘密のメモ帳」を選択するようにしている。

秘密のメモ帳は選択肢がでたときに、どの選択肢がどんな結果になるかを示してくれる。

「それくらい攻略サイト見ればいいじゃん !」と思われそうだけれど、何となくキャラクターに対する愛が足りない気がするだよね…。

せめて、一回目に「秘密のメモ帳」を使うのに留めて、アイドルのことを理解した上で、W.I.N.G優勝を目指したいと思う次第。

秘密のメモ帳を使えば、どの選択肢でVo,DA,Viを上がるのかがわかる。

W.I.N.G優勝するためには、ステータスを特化させて上げることが大事だから、選択肢ひとつも無駄にできない。

どんな返事をすればいいのか、アイドルのことを理解するのは大事。

 

さて、準備が整ったらいよいよプロデュースが始まる。

シーズンごとに攻略法を書いていく。

 

シーズン1

とにかく「ラジオの収録」一択!

Vo&メンタル&ファン数を上げまくる。

オーディションに行かなくても、シーズン目標のファン獲得数をクリアすることができる。

またラジオの収録でメンタルも200以上にするができる。

 メンタルを200以上にすることができれば、シーズン2からはメンタルを上げなくても、イベントが発生してメンタルが上がるだけで、W.I.N.G優勝するのに必要なメンタルまで上げることができる。

 

シーズン2~シーズン4

シーズン2~シーズン4はやることが一緒。

・伸ばしているステータスのうち、アイドルが滞在しているレッスンを選択

・一番高いステータスとオーデイションの流行が一致していたら、オーデイションに行く。基本的に一番難易度が高いオーデイション。ライバルと200以上ステタースに開きがあるようなら、まだレッスンをする。

・特技解放でアピール2.5倍を取得しておく

 

とにかく力を入れて伸ばしているステータスを効率よく伸ばすことを考える

 

W.I.N.G準決勝~

・最初の2回はパーフェクトを逃さないようにする

・ラストアピールをとれるなら、狙っていく

 

簡単だけれども、こんな感じ。

基本的には今までのオーデイションと戦略は変わらない。

 

まとめ

シャニマスは一人をじっくり時間をかけてプロデュースするし、イベントもたくさんあるから、アイドルに愛着もわきやすい。

アイドルが優勝したときの喜びはかなり大きい。

今回優勝したの恋鐘だけど、もっと他のアイドルもプロデュースしてみたい!

 

 

広告

 

 

ファミ通でシャニマスの一周年記念特集!ユニット編成で人気のアイドルの発表もアリ

アイドルマスターシャイニカラーズが(以下シャニマス)一周年を迎えた。

おめでとうございます。

 

ぼくはアイドルマスターシンデレラガールズをやっていた関係で、シャニマスがリリースされたときから、始める機会を考えていた。

シャニマスは 一周年記念で毎日10連ガチャを無料でできるキャンペーンを行っている。

10連ガチャが3000円くらいだとざっくり考えると、やらないと損!

「いつやるの?今でしょ!」っていう感じで、シャニマスを始めることにした。

 

ぼくがシャニマスについて情報収集をしていたところ、ファミ通の5/2・9.16合併号でシャニマスの特集をしているということを知った。

アンケート結果も載っているとのことで、面白い結果も載っているかと思い購入してみた。

ファミ通の5/2・9.16合併号から一部を抜粋しておく。

 

広告

 

Q:いちばん好きな好きなイラストは?

ファミ通のアンケートだと、【淡雪の戯れ】風野灯織が一番人気だった。

雪景色のなかたたずんでいる灯織は柔らかい表情をしている。

クールな印象の灯織の新しい一面を垣間見れる。

 

個人的には【メイドインナツハ】が一番好き。

ストイックな夏葉が、メイド服に身を包んで、驚いた表情をしている。

これもギャップでやつかな?

衣装と言い表情といい、とてもいいイラストだと思います。

 

Q:プロデュースでよく編成しているアイドルは?

【桜餅マスター…?】園田智代子が一位。

サポートスキルの優秀さが要因とのこと

・ラジオマスタリーDaでメンタルとダンスを確実に上げられる。

・パーフェクトマスタリーで、大きな成長が期待できる。

 

【桜餅マスター…?】園田智代子の他にもおススメのアイドルが紹介されている。

W.I.N.Gで優勝するためのヒントをもらえた。

 

Q:お気に入りのアイドルコミュは?

1位は【アルティメットマーメード】有栖川夏葉のOver The Rainbow

感動するという意見が多数とのこと。

ぼくも見てみたい。

 

f:id:fussa2jp:20190423212046p:plain

ゲームを始める理由って、魅力的なキャラクターがいるっていうことがあげられるはず。

シャニマスだとぼくは「月岡恋鐘」が好みで、プロデュースしたいと思った。

ぼくが一番好きなアイドルコミュは、【ばりうまかブルース】月岡恋鐘のし・あ・わ・せサンドウィッチが一番。

プロデューサーが夜遅くまで残業しているところに、サンドウィッチを持って来てくれるという話。

残業するくらい忙しい仕事中に差し入れをしてもらえるって、ぼくも経験があるけれど、かなり嬉しいもん。

それがねえ、一番のパートナーと言える恋鐘が、夜中にわざわざ差し入れをしに来てくれるとか嬉しすぎる。

しかも、恋鐘は料理がばり上手い。

かなり幸せな気分になれるコミュ。

 

ぼくはまだまだシャニマスを初めて日が浅いし、シャニマス自体もまだまだリリースされて一周年。

これから、シャニマスはどんどん規模が拡大していくことだろう。

ひょっとしたら、アニメ化とかもするかも知れない。楽しみ。

 

ファミ通の5/2・9.16合併号には、他のアンケ―ト結果や、シャニマスを運営している高山製作プロデューサーのインタビューも載っていて、面白かった。

ただ、ファミ通が薄くなったのに、値上がりしているのは気のせいだろうか…?

 

 

Fate/Apocrypha感想。切り裂きジャックの設定が天才すぎる。

f:id:fussa2jp:20190422211047j:plain

2017年7月~12月にかけてFate/Apocrypha(フェイトアポクリファ)が放送していた。

2019年になって、今更ながら、ぼくはFate/Apocryphaを観た。

 

もともとFateシリーズが人気なのは知っていた。

FateシリーズのゲームアプリのFGOがゲームアプリのランキングで、いつも上位にいるのを見ていたから。

 

友だちがFate好きだったんだけれども、なんとなくその友達とぼくの好きなアニメの傾向が違うから、観る気にならなかった…。

ただ、Fate/Apocryphaジャンヌダルクのキャラデザインが、個人的には、気品に満ちている感じですごく好きだった。

”このジャンヌダルクがでるなら、観たい!”と思い、なんとなく避けていたFate/Apocryphaを観てみることにした。

 

※もうすでにFate/Apocryphaを視聴している人が多いかも知れなけれど、以下の記事からネタバレが含まれるから、要注意。

 

実際に観てみて、戦闘がド派手で迫力はあるわ、話は複雑だけど、エヴァンゲリオンと同じように複雑さゆえの面白さがあるわで、楽しむことができた。

 

主人公のジークたちと戦った敵側も、戦うための背景だとか信念が丁寧に描かれていて魅力的。

なかでも、ぼく的には切り裂きジャックことジャックザリッパーの設定が一番良かった。

 

ジャックザリッパーの正体は、「大人のお店で働く女性に堕胎させられた子供たちの集合体」

かつてロンドンを震撼させ、21世紀の今でも「犯人は誰なのか?」などと話題になるジャックザリッパー。

Fate/Apocryphaでもジャックザリッパーは登場する。

アサシンクラスの英霊として召喚されたジャックザリッパーの正体は「大人のお店で働く女性に堕胎させらた子供たちの集合体」。

もともとオカルト界隈では有名な説だったのかも知れないけれど、ぼくは今まで聞いたことがなかった。

Googleで簡単に調べてみただけでは、その説は見つけることができなかった。

個人的には「医学的な知識をもっていることが伺えるから、ジャックザリッパーは医者ではないか?」という説も好きだけれど、心霊的な要素に全振りした堕胎された子供の集合体という意見も、オカルト要素がかなりいい。

 

Fate/Apocryphaでは「大人のお店で働く女性に堕胎させらた子供たちの集合体」という設定をうまく利用して、ジャックザリッパーは、ホムンクルスである主人公の人間に対する信頼感を揺らがす役割がある。

”本当に人間は善なのか?”という話は、ウルトラマンシリーズでも出てくるけれど、そういった問いかけの話は個人的に大好き。

主人公の信じていた人間像が揺らぐという意味では18話はとても印象深かった。

 

Fate/Apocryphaで、ジャックザリッパーが核で進むのは16話~18話。

16話で霧とともにジャックザリッパーが襲撃してくるところは、ホラーみたいな緊迫感がある。

いろんな面でFate/Apocryphaは楽しめる作品。

 

Netflexで独占配信しているみたいなので、もう一回観るつもり。

話が複雑なので、もう一度みると新しい発見がありそう。

 

人気声優がライトノベルを朗読!AmazonのAudibleが、今ならお試し期間無料!

f:id:fussa2jp:20190421022906j:plain

Amazonボイスブックサービスの「Audible」に力を入れている。ボイスブックの市場を獲ろうと考えているんだろう。

ボイスブックサービスの「Audible」がプライム会員と同じように、一ヶ月間無料で、試すことができる。

 

 

「Amazon.co.jp: 本は、聴こう。ボイスブックのサービスAudible(オーディブル)で新たな読書体験: 本

 

正直なところ、”ボイスブックサービス…。つまり朗読かあ。あんまり馴染みがないんだよなあ”と抵抗があったんだけれども、人気ライトノベルを人気声優が朗読しているということを知って、今回Audibleを利用してみることにした。

 

ラインナップを見てみると、「このライトノベルがすごい! 」の単行本・ライトノベル部門で2018・2019年版で1位を獲得した「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません」もAudibleで配信されている。

朗読しているのは「とある魔術の禁書目録」のインデックスを演じている声優の井口裕香さん。

 

 

他にも「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」などもAudibleで配信されている。

無料で試せるのは一冊だけだけれど、試さないともったいないレベル。

 

さて、実際にAudibleで井上裕香さんが朗読する「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません」を聴いてみた感想をまとめておく。

 

声優の圧倒的な力量を感じられる。

声優って普段は、アニメとかドラマの台詞、歌、ラジオで声を聴くことがほとんどで、なかなか朗読で声優の演技を聴くことはないと思う。

 

声優さんの朗読、いいっすねー!

国語で、カセットテープを使って朗読を聞いたことがあるけれど、国語の授業で聴いた朗読よりも、声優の朗読の方が断然よかった。

※”カセットテープを流すだけの授業って国語教師の手抜きじゃないか…?”と思ったけれど、話が長くなりそうなので、割愛…。

 

声優が地の文を読むときの間の取り方の上手さとか、台詞を読むときの演技は、”Audibleには倍速で聴ける機能があるけれど、使うのがもったいない”と感じるくらいのレベル。

 

両手がふさがっていても、Audibleは聴くことができる

今回Audibleを洗濯物を干しながら聴いてみた。

洗濯ってぼくにとっては、生産性のない活動だから、”洗濯物を干している時間は無駄だなあ”と常々思っていた。

Audibleを使えば、洗濯物を干していても、本から情報をインプットできる=生産的な時間にできる。

「本を読みたいけれど、なかなか時間がない!」という方にとっては、Audibleは力強い味方だと思う。

 

実際に本を読むのとは、やはり勝手は違う

Audibleは一冊聴き終わるのに、時間がかかる。

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません」では最初から最後まで聴くと約9時間かかる。

実物の本だったら、自分のペースで読むことができるけれど、朗読を聴いている以上、どうしても、ペースは朗読している人のペースになる。

ちょっと今まで本を読んでいた代わりとしてAudibleを使う、ということは現段階では難しい印象。

 

まとめ

Audibleは実際に本を読む代わりには使えない。

でも、声優のライトノベルの朗読、非生産的な時間を生産的な時間にできるという点では魅力的なサービス。

一ヶ月間無料で体験できるのは、めちゃくちゃお得。

 

 

行ってみたい都内の一風変わったコンセプトバーまとめ。アルコールに弱くても、楽しめるかも?

f:id:fussa2jp:20190420224607j:plain

 

個人的な感覚の話になってしまうけれど、”2010年代になって、趣味などに特化したコンセプトバーが流行してきたな”という印象がある。

 

ぼくは趣味でミニ四駆をやっていて、ミニ四駆を走らせる場所を探していていたところ、「ミニ四駆バー」なるものがあることを知った。

池袋にある「DRVER」という店。

最初に行くときは緊張したけれど、いざ行ってみると、趣味を思い切り楽しめる場所で衝撃を受けた。

ミニ四駆バーに行って、ぼくはアルコールに強くないけれど、楽しむことができた。

 

ネットを見ていると、ミニ四駆バーのように一風変わったバーが特集されていることが多くなってきた。

そのなかで、ちょっとオタク的な趣味があるぼくが、興味深いと思ったコンセプトバーを独断でまとめておきたい。

 

TCGbar Oasis

TCG(トレーディングカードゲーム)を扱うコンセプトバーのOasis。

ぼくは小学生~中学生のときに遊戯王とかポケモンカードをやっていた。

30代を超えても、開封動画とか、高価なカードの購入動画とかを観ると”おおおおおッ!”と、未だにカードのテンションが上がる。

 去年にポケモンカードのカスミデッキを買って、ちょっと久しぶりに自分でも遊びたくなったから、行ってみたいバーのひとつ。

 

 TCGbar Oasis 概要

営業時間:全日16:00~5:00

住所:  東京都新宿区歌舞伎町2-46-7 第三平沢ビル4F

アクセス:西武新宿線/西武新宿駅(北口)徒歩1分

電話番号:03-6233-7572

URL: https://www.instagram.com/tcgbar_oasis/

 

Shootingbar EA

シューティングバーはエアガンを撃ちながら、お酒を呑めるというバー。

一度ぼくはシューティングバーに行ったことがある。

ターゲットに向かってエアガンを撃つのはなかなかのストレス解消になる。

最近シティーハンターとか銃がでてくる作品を観て”自分でもエアガンを、撃ってみたい…”という気持ちが芽生えた。

またシューティンバーに行ってみたい。

 

Shootingbar EA 概要

営業時間:17:00~1:00 金土17:00~4:00

住所  :東京都武蔵野市御殿山1-5-5沢田ビル2F

アクセス:JR吉祥寺駅公園口から徒歩8分

電話番号:0422-26-9100

URL :http://www.shootingbar-ea.jp/

 

 

ブロバー

2019/5/1オープンなので、現在は準備中。

ブロガー界隈だと名前が知られている沖ケイタさんが、発起人。

今ぼくも結構ブログに力を入れているので、ブログのいい情報が手に入りそうなので、ちょっと行ってみたいと思う。

 

ブロバー 概要

営業時間:18:00~23:00

住所  :東京都杉並区梅里1-7-14シャトー新高円寺B102

URL :https://twitter.com/bloggers_bar

※オープン後情報が更新されたら、上記の記載も更新予定。

 

 

以上3軒のバーがぼくが気になって仕方ないバー。

なかなか一人で行くのは、ハードルが高いかも知れないけれど、うまく馴染むことができれば、多分行きつけのバーになる。

行きつけのバーがあるっていうのは、なかなか格好いいような気がする。

上記3軒のなかから行きつけのバーができるといいなと思う次第。

 

 

 

 

井の頭公園で女性の遺体を発見。志倉千代丸の作品、「オカルティックナイン」でもそんなストーリーだったな…

f:id:fussa2jp:20190419235517j:plain



 2019年4月18日、井の頭公園の池から女性の遺体が発見された。

女性は60~70代だと見られているという。

 

井の頭公園は、ぼくもよく行く。

木が多く、池の水質もいい。生息している生物の種類も多彩だ。

景色もいい。

 

魅力あふれる井の頭公園には、いつ行っても人がたくさんいる。

ぼくは23時を過ぎても、井の頭公園にいることがよくあるけれど、それでも人が全くいないという状況は記憶はない。

 

でも、井の頭公園は人がたくさんいるのにも関わらず、なんとなく不気味さがただよう。

多分ひとりで歩いていると、心細さを感じるんじゃないだろうか。

1994年には井の頭公園で、バラバラ殺人事件が起こっている。

これは未解決事件となっていて、時効を迎えている。

ぼくの出身地の田舎で井の頭公園があったら、心霊スポットと化していてもおかしくない。

  

非科学的だと言う人がいるのも知っているけれど、ちょっと心霊系のことに、ぼくは興味をもってしまう。

心霊スポットとかにはわざわざ行かないけれどね。怖すぎるから!

オカルト的な観点を踏まえつつ、女性の遺体が井の頭公園の池から発見されたというニュースの感想を書きたい。

 

広告

 

Occultic;Nineオカルティックナイン)にも、井の頭公園から死体が発見されるというシーンがある

 

小説、アニメ、ゲームという多彩な媒体で展開されているOccultic;Nine

株式会社MAGES.の代表取締役志倉千代丸氏が、原作を担当している。

志倉千代丸氏も作曲だとか、会社経営だとか、小説執筆だとか、多方面で活躍しているて、なかなかチャレンジングな人。

 

さて、Occultic;Nineの舞台は吉祥寺。

そして、吉祥寺の有名なスポットがOccultic;Nineにはでてくる。

井の頭公園ももちろん出てきて、しかも冒頭からでてくるような重要な扱われ方をしている。

 

Occultic;Nineの冒頭は、井の頭公園の池から大量の死体が発見されることから始まる。

果たして、大量の死体が発見された原因は自殺なのか、殺人事件なのか。

オカルト批判のブログを運営している主人公の我聞悠太は、調査を始める。

我聞のブログが影響を与えて、美少女占い師やオカルト雑誌の記者など、集まるはずのなかったオカルティックなひとくせもふたくせもある人たちが集合。

そして、調査を進めていくと、ある組織の陰謀が発覚する…。

 

ざっくりと書いてしまうと、Occultic;Nineの内容は上記のようになる。

実際にOccultic;Nineに触れてみると、伏線があちらこちらに張り巡らされていて、面白い。

 

さすがに、「4/18に女性の遺体が発見されたのは、Occultic;Nineが事件を予言していたんだ!」とかは言えないけれど、未解決のバラバラ殺人事件とか、Occultic;Nineとかの影響でぼくのなかでは、井の頭公園で事件があると、アンテナがちょっと反応してしまう。

 

最後に60~70代の亡くなってしまった女性にお悔やみを申し上げます。

これ以上の事件が井の頭公園で起きないことを祈りつつ。

 

※ゲーム版のOccultic;Nineのストーリーを補完する追加シナリオを、配信するというニュースが2017年12月にあったんだけども、確認したところ、追加シナリオの配信は2019年4月現在まだない様子。

5pbのみなさん、追加シナリオの配信をお待ちしてます!