この壁を乗り越えたら

リストラされたけれど、年収が少し上がった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

ワクチンの副反応から生還したので、記録に残す。

新型コロナウイルス用のワクチンの接種が進んで、記事を書いている時点では接種率は50%を超えているらしい。

周りの人から副反応のことを聞いたり、中日の木下選手が亡くなってしまった記事を読んでいたため、もともとぼくはワクチンをすぐ打つつもりはなかった。

「予約できない」

と言う周りの人たちを呑気な目で見ていた。

そしたら、職域接種の案内が回ってきて、ぼくも受けないといけない雰囲気になった。

「NO」と言えない性格で損をしていることえぼく。

滞りなく予約は完了し、モデルナ製のワクチンを接種する運びになった。

接種後のことを副反応のことを含めて記録に残しておく。

※ぼく個人の記録であり、ワクチンを接種をするかどうかはご自身のご判断でお願いします。ワクチン接種を推奨する意図も反対する意図も、この記事で伝えたいことではありません。

 

まずはぼくのスペック

性別:男

年齢:34

基礎疾患:高脂血症(LDLコレステロールが高い)、アレルギー体質

 

一回目の接種

接種直後に前腕のしびれがあり。

一回目なので、副反応は出てもそこまで強く出ないだろうと思って、ちょっと寄り道して帰った。

出た副反応は接種部の筋肉痛と37.4℃の発熱。

37.4℃の発熱が1回目でも出たことで、2回目の副反応が強くなることを予想する。

 

二回目の接種

一回目から374℃の発熱があったから、接種前に買い込んだ。

f:id:fussa2jp:20210928160330j:plain

アイスとか、ゼリーとか、ポカリスエットとか。

あとは冷えピタ、カロナールも予め準備。

接種直後の体調は一回目よりもいいくらい。

少しでも運動するのを減らすため、寄り道せずにまっすぐ家に帰った。

家に帰ってからもしばらくは発熱はなし。

アニメ(ウマ娘)やYouTubeを寝転がりながら見ていた。

接種後8時間後

発熱したのは深夜1時。接種したのは15時半だから、8時間ほど経過したころになる。

室温は30℃近いが、寒気がして目が覚めた。

長袖を着ていても、寒い。

”さすがにまずい”と思って、カロナールを飲んだら、割とすぐに寝られた。

接種後15時間

8時。普段ならば、起床して出勤の準備をする時間だ。

体温は39.1℃。

もはや出勤しても、今日のぼくは使い物にならないだろうと思った。

今の会社に入社して初めて欠勤の連絡をいれた。

頭が痛くて、何もする気が起きない。

接種後24時間

f:id:fussa2jp:20210928192041j:plain

接種翌日の15時半。体温は39.5℃まで上昇していた。

正直こんなに発熱したのは、初めて。

成人してから一番の体調が悪かったといってもいいかも知れない。

頭が痛くてほとんど寝ていることしかできない。

接種前はアニメを観ようかと準備していたが、とてもそんな余裕はなかった。

”このまま解熱しないとまずいな…”とぼんやり考える。

翌々日

翌々日の朝、起床すると36℃台まで解熱していた。

だるさもかなり無くなり、洗濯もできくらいまで回復した。

食欲も戻り、ゼリー以外も食べられるようになる。

 

接種して思うこと

”3回目はもう打ちたくない”と思った。

1日で下がったとはいえ、39.5℃なんて熱は今まで経験したことがない。

今の会社を初めて休むはめにもなった。

今の品質のワクチンを打ったら、体がもたない。

ワクチンの改良と、経口薬の開発がなされることを希望して、この記事を終わりにしたいと思う。

※あくまでも個人の感想です

 

 

 

 

ソフィーのアトリエをクリア。アトリエシリーズの女の子はかわいい【感想】

f:id:fussa2jp:20210830093426j:plain

ソフィーのアトリエをクリアした。

RTAだと2時間強でクリアしてたようだけれど、ぼくは4ヶ月くらいかけてちまちまと進めていた。

クリア前は一気にやって、”RPGはクリアするかしないかくらいのところが面白い”と思った次第。

 

広告

 

主人公のソフィーは、偉大な錬金師だった祖母を尊敬している。

しかし、錬金術の腕前はまだまだ半人前。

同じく錬金術師のプラフタ(ワケあって本の姿)の協力を得ながら、ソフィーが成長する様子が物語の軸になっている。

 

自己満足で錬金術を追求すると、自然や周りの人にも悪影響がでるよという描写があって、

”ゲーム内の錬金術って現実の科学に似ているな”

と思った。

ぼくは文系だけれど。

ソフィーはお菓子作りとか料理が得意。

ゲーム内では料理も装備道具などと同じで要領(錬金術)で作る。

つまり料理は錬金術なのだ。

そう考えると、ちょっとだけ料理をするのが楽しくなる気がする。

 

さて、ソフィーのアトリエのゲーム性について書いていこうと思う。

今までぼくがやったRPGが親切だったのもあるかも知れないけれど、ソフィーのアトリエは進め方がわからない場面が多々あった。

例えば、錬金術の素材を採取する場所をストーリーの進行上、どうしても解放しなくちゃいけないんだけれど、その採取場所がモブキャラに聞かないと解放できない…。

重要キャラからかも、その採取場所を知っている人についての話は出ない。

ノーヒントである。

もうちょっとヒントが欲しかったというのは、ぼくのワガママだろうか?

戦闘も結構ボコボコに全滅させられた。

ラスボスも多分10回くらい負けている。

いや、毎ターン体力回復して、こっち側の攻撃力を下げるくるのは反則。

体力減らせないじゃん(苦笑)。

ステタースや装備を鍛え直して、なんとか倒せた。

でも、これくらいの方がラスボスらしくていい。

あっけなく倒せてしまうと、虚しさが残る。

 

ガストのアトリエシリーズはキャラクターデザインがいい。

ソフィーのキャラクターデザインはちょっと頼りない錬金術師らしさが上手く出ていて、可愛らしい。

ゲームをやっていても、キャラクターに魅力がないとやり続けられない。

そもそも、キャラクターに魅力がないと買って遊ぼうとも思わない。

アトリエシリーズはそういった意味で、ぼくの好きなシリーズだ。

 

なんだかんだ、ソフィーのアトリエをぼくは楽しんでいた。

金曜日の仕事終わり。華金に家に帰ってソフィーのアトリエをやるのが、クリア間近にはぼくの楽しみになっていた。

ミスドを食べ、コーラを飲みながらソフィーのアトリエをやって翌日腹痛に襲われたけれど、それも楽しかったいい思い出である。

 

f:id:fussa2jp:20210830121424j:plain

 

 

 

広告

 

【東京五輪】選手のプレーには感動したけれど、国立競技場に見物に行く人の神経はわからない。

f:id:fussa2jp:20210822160116p:plain

1年延長して、2021年に開催された東京五輪が終わりましたねー。

感染症がまん延している状況下で行うことは賛否があったけれど、ぼくはテレビでオリンピックを観戦していた。

といっても、オリンピックの競技は種目も多いから、観た競技は限られる。

 

せっかくなので、記録がてら観た競技の感想をつらつらと書いていく所存。

・卓球

 書くまでもない。

水谷・伊藤ペアが中国の選手に勝利して、金メダルを獲得!

準々決勝でフランチェスカソニカのドイツペアに最終セット、6-10から果敢に水谷が攻めて逆転勝利。

途中ネットの不運な失点もあったけれど、集中力を維持したのは水谷の底力をかいま見た。

”この勢いのまま優勝するのかも知れないな”

そう思っていたら、本当に優勝した。

卓球界の歴史に残る瞬間を観れた。

東京オリンピックで水谷選手は引退。

団体も最後は水谷選手が勝利して、銅メダルを獲得!

水谷選手は高校生のときに全日本選手権を制したときよりも前から、応援していた選手。

日本の卓球のレベルを押し上げた人だし、本当にお疲れさまでしたと言いたい。

 

・スポーツクライミング

実はぼくはスポーツクライミング(予選)のオリンピックのチケットに当選していて、今の疫病が流行する前は観戦する気が満々だった。

でも、東京で開催される競技は無観客で行われることに決定。

ぼくはチケットに当選したにも関わらず、スポーツクライミングを観ることができなかった。無念。

開催日は仕事のシフトを調整して、休みをとっていたけれど、それも意味をなさなくなった。

家でネット配信されていた競技の様子を見ることに。

スポーツクライミングを観ることは初めてだったんだけど、結構登りきることができない競技なんだなと。

日本からは楢崎選手が、メダル候補として出ていたけれど、残念ながら4位でメダルにはいたらず。

もし、楢崎選手のリードの登る順番が最初でなかったら、もっと順位は変わっていたかも知れない

余談だけれど、ボルダリングについて調べるために読んだ「いわかける!」は結構面白かった。

 

・サッカー

フランスにも快勝する強さで、予選リーグを突破。

しかし、準決勝でスペインに延長戦後半まで粘ったものの、ゴールを決められ敗北。

※スペインはペドリの市場価格が、日本代表メンバーの全員の市場価格を合計したよりも高いという記事を読んだ。

3位決定戦では、予選リーグで勝利していたメキシコに敗北してしまって、残念ながらメダル獲得はできなかった。

「こんなに悔しいことってない」

とメキシコ戦後に悔し涙を流しながら、久保選手がインタビューで話していたのが印象に残っている。

次のオリンピックではこの悔しさを晴らして欲しい。

 

そして、東京オリンピックというお祭りが終わってからの話。

閉会式を観ようと国立競技場に、人が集まっていたと報道が流れた。

40代の男性は「どちらかというと五輪に賛成ではない。正直テレビでもほとんど見ていなかった」と話した。「ただ、最後に自分の目でどんな状況なのか見ておきたかった」と訪れた理由を語った。 

記事を書いている今は東京都内で、疫病の感染者が連日5000人を超えている状態だ。

「五輪に興味がない」と言いながら、人が大勢いる国立競技場にわざわざ来る人がいるのだから、当然なのかも知れない。

疫病の終息の目途はいまだにたっていない。

東京オリンピックで、水谷選手をはじめとして日本選手団は史上最多の27個の金メダルを獲得した。

アスリートの頑張りを見ているとぼくは単純な人間だから”もうちょっとぼくも頑張らないとな”とも思う。

「なんだかんだ開催すれば、やって良かったという世論になる」

オリンピックが開催される前は、会社の上司とそういう予想をしていた。

しかし、現在の状態を見るに単純に手放しで「やって良かった」と言えないのではないかと考えてしまう。

 

【スパスタ】高校受験に失敗した澁谷かのんが、やさぐれる気持ちはわかる。

f:id:fussa2jp:20210731192436j:plain

ラブライブシリーズの最新作のラブライブ!スーパースター!!が、2021年夏アニメとして放送されている。

 

主人公の澁谷かのんは、私立結ヶ丘女子高等学校の音楽科の入試に失敗。

自分の希望とは違う普通科に通うことになった。

かのんは、歌が好きで、周りの友人もその実力を認めている。

が、人前だと緊張してしまうため歌うことができないという致命的な欠点がある。

高校受験のときも、試験官を前にして、歌うことができず不合格になった。

 

「歌えたら苦労しないっつーの」

と第一話の冒頭でも自宅でゴロゴロしながら言い放つ。

ひとことで表すと、やさぐれている。

 

ぼくも高校受験を失敗している人間だ。

ぼくは学力が足りずに、残念ながら高校受験に失敗したけれど、かのんのやさぐれる気持ちには共感できる。

高校受験失敗した立場から、思うことをまとめておく。

 

目次

 

 

広告

 

自分の実力を認めてくれる人がいることは、幸運なこと

かのんは人前でなければ、抜群の歌唱力を発揮する。

同じ高校に通い、スクールアイドルを目指すタンクゥクゥに歌を口ずさんでいたところを聴かれて

「コエノスバラシイヒトー!」

とスクールアイドルになるように熱烈な勧誘を受ける。

”いい場面だなー”とかのんが勧誘を受ける場面を見て思った。

 ぼくの場合は、クゥクゥみたいに実力を認めてくれる人もいなかった。そして、実力もなかった。

だから、実力があり、認めてくれる人がいるかのんはうらやましい。

やさぐれていても、復活できるはず。

 

失敗ばかりが人生

”高校受験に失敗していなかったら、もうちょいマシな人生だったかも知れない”

高校受験の失敗から、10年以上経過しているけれど、未だにそんなことを思う。

”自分はどうしようもない人間だ”

と自己嫌悪に陥ったことも良く覚えている。

でも、高校受験に失敗している人間は世の中にたくさんいる。

記事を書いている今(2020/7)は東京オリンピックが開催されている。

オリンピックに出場する選手でも、負けたことがない選手はいない。

ひょっとしたら、夜眠れなくなるような負けを経験しているかも知れない。

それでも、オリンピックの舞台に立っているのは、あきらめずに立ち直ったからだろう。

失敗してもしなくても、時間は待ってくれない。

だったら、なにかやるしかない。

 かのんの場合は、クゥクゥにスクールアイドルを勧められて 、やさぐれていた状態から立ち直ることができた。

 かのんには自分の好きな歌をあきらめずに、スクールアイドルを頑張って欲しい。

高校受験失敗という挫折なんかに負けることなく。

 

広告

 

【恐怖】外科手術が終わったので、所感をまとめてみる

f:id:fussa2jp:20210719222727j:plain

 

全ては右ももに2cmしこりができていることに気づいたことから始まった。

(注:この記事はぼくの個人的な体験記です。きちんと医師の診断を受けることをお勧めします)

 

しこりの原因は炎症が起こっているんだろうと最初は思った。

薬を飲めば、すぐにひくだろうと。

しかし、普段行っている内科の診断は

「これは形成外科に診てもらった方がいい」

あれよあれよと大きい病院の紹介状を書いてもうことに。

 

そして、紹介された外科医に診てもらったところ

「何かあるのかはわかるけれど、皮膚の上から触っているので、布団の上から触っているとわからないように、何かはわからない」

と言われる。

幸いなことに、しこりは皮膚の近くにあるから、切除しやすいところにあるらしくて、あっという間に一週間後に手術することに決定した。

 

外科医から手術について説明を受けて同意書を書く。

他の人が同意書を書いているところは見たことがあるけれど、いざ自分が書く立場になると

”なんか大事になってしまったな”

とびびる。

感染予防のためにPCR検査を受けて、手術の準備は完了。

 

自宅に帰った後、友人たちに手術することになったことを報告する。

優しい友人が多いので、心配しているメッセージを皆くれる。

家に帰って落ち着いてみると、なんか不安というのは無くなっていた。

変な話だけれど、”もう長く生きられなくてもいいかな”

という気持ちがなんとなく浮かんできていた。

この気持ちに関しては、書いても面白い記事にならそうなそうなので、書くのはやめておく。

そして、保険の営業マンに「自分の手続きに不備があったから、手術前日にまた会って欲しい」と言われて、さすがに腹が立って断った話も書くのはやめておく。 

 

そして、手術当日の話。

体調の確認などの問診を受けて、看護師に手術室に案内される。

手術室は職員がもつカードキーがなければ入れない厳重な作りになっていて、いやでも緊張感が高まる。

看護師にも

「緊張してますか?」

とツッコまれた。

本人確認のために氏名・生年月日を聞かれたので、答える。

言うの拒否する人もいるんだろうか。いるだろうなぁ。

手術の日が、誕生日の二日前で

「もうすぐ誕生日なんですね。おめでとうございます!」

と看護師が言ってくれた。

歳をとって喜ぶような年齢でもないけれど、お祝いしてもらえると嬉しくなる。

 

いざ手術へ。

血圧とか心電図を計測する機械を装着する。

よくドラマの手術のシーンに出てくる強い光を放つライトも目に入る。

いやでも物々しさを感じる。

局所麻酔だから、意識ははっきりしていたけれど、ほとんど痛みはなかった。

歯医者で処置を受けるよりも痛くない。

手術中に医者が内線をうけていたりしたから、それほど難しい手術でもなかったんだと思う。

「観た感じ悪いものではなさそう」

手術後に医者もそう言っていた。

そういってもらえると、なんだかんだ安心できる。

手術代も¥7,000で、一安心。

 

手術から一週間後は、抜糸。

抜糸のときは手術室に入ることもなく、診察室に通された。

「悪性の腫瘍ではありませんでした」

と開口一番、医師から検査結果を教えてもらった。

抜糸もあっという間に終わる。

ぼくはLDLコレステロールが高く、脂質異常症の薬を飲んでいる。

脂肪の塊がしこりになっているんじゃあ、ないか?

コレステロールが高いのが、原因でしこりができたんですか?」

と聞いてみた。

 「細菌が入ったみたいですね。詳しいことはわかりません」

医者はサラッとそう答えた。

よくわからなくても、悪性腫瘍みたいに悪いもんじゃないなら、かまわない。

 

受けたくはないけれど、ぼくも歳を重ねれば大きな手術をすることもあるだろう。

命に別状がないところで、手術を経験できたのはよかった。

手術が必要になっても、思ったよりも冷静にいられるということもわかったし、どういった流れになるのかもちょっとだけ理解できた。

ただ、手術と無縁でいられればそれが一番ではあるわけで。

 月並みだけど、健康とは大事だなと思った次第である。

 

 

 

 

【ひげひろ感想】ぼくもJKを拾って一緒に暮らしたい

f:id:fussa2jp:20210626113855j:plain

独身のサラリーマンなら、寂しさを感じるものだ。

ふとしたときに誰かにいて欲しくなる。

 

そんな心の隙間を埋めてくれる作品が「ひげを剃る。そして女子高生を拾う」。

2021年の春アニメとしても話題になっている。

物語は独身のサラリーマン(吉田)がフラれた帰り道に、道端に座り込んでいる女子高生(沙優)を家に泊めて一緒に暮らし始めるというところから始まる。

 

”それって下手したら逮捕されるだろ!”

っていうツッコミはあるんだけれど、沙優を拾った吉田も優しくて、変態行為もしない。

”吉田と沙優の生活で逮捕されるのは、法律がおかしい”

と思ってしまう。

ぶっちゃけ、結婚するよりも吉田みたいな生活の方がいいんじゃないだろうか。

 

なお、吉田と同居することになる沙優もかなり良い娘だ。

「味噌汁が食べたい」

という吉田の願いを聞いて、味噌汁を作ったり家事も完璧にこなすし、気を使いすぎるくらい周りが見える。

間違いなく傍にいてくれると助かる。

実際に女子高生を自宅に泊めたら、翌朝女子高生がいなくなっていて、財布が盗まれているということもありそうなもんだけれど、沙優はそんなことをする素振りはまったくない。

”なんでこんなに献身的で良い娘が、家出なんかするんだ…?”

と思う通り、そこはやっぱり複雑な事情がある。

その点も「ひげを剃る。そして女子高生を拾う」のストーリーを面白くしている。

 

サラリーマンの端くれのぼくから見ても、吉田は人格者で甲斐性も相当なものだと思う。

リスクを覚悟しながら、健全に一人の女子高生の人生を支えようとするのは、悟りを開いている領域だと思う。

 吉田も沙優と暮らしている間に、一人暮らしでは味わえない安らぎや幸せを感じているのは、沙優に親切にしたのが返ってきているのだと思う。

低年収のサラリーマンのぼくでも、一人暮らしをしていると貯金できるくらいの余裕がある生活ができる。

「手っ取り早く幸せになるのは、ほかの人に手を差し伸べること」

とぼくが働いていた会社の社長が言っていたことをぼくは覚えている。

余裕があるなら、吉田のように困っている人間に手を差し伸べることもいいのかも知れない。

ぼくも吉田のような人の支えになれるような甲斐性が欲しい。

 

現実は人に親切にしても、いいように利用されたり、裏切られたりすることばかりだ。

でも、お互いに誠実に向き合っている吉田と沙優を見ていると

”吉田と沙優みたいな人こそ幸せになって欲しい”

と思わずにいられない。

 

広告

 

 

なぜ、優しい上司ほど潰れてしまうのか?

ぼくの所属している部署の上司(以下甲さん)が、体調を崩し長期休養に入った。

幹部から詰められていたとかいう噂はあるけれど、休養をとる要因はひとつだけじゃなくて、きっと複数あるんだと思う。

甲さんの下は、とても働きやすかった。

f:id:fussa2jp:20210611210236p:plain

 

ぼくは、ほぼ未経験で今勤務している会社に採用された。

わからないことだらけだったなかで、甲さんは手厚くフォローしてくれていた。

ミスをしても、理不尽に怒ることはない人だった。

必要なことは指摘してくれる。

部下想いのとても優しく、いい人だった。

 

けれど、部下にとっていい上司と会社にとっていい上司は必ずしも一致しない。

会社は社員に100%の力で働くように管理しようとするが、優しい上司だと守ってくれようとするのだ。

会社からの圧力から盾になってくれる。

甲さんはまさにそんな人だったと思う。

広告

 

 

転職する前の会社(不祥事が新聞に載るようなブラック企業)では、ぼくも部下を預けてもらっている立場だった。

ブラック企業なので、離職率は高い。

ぼくは預かった部下に、負担無く働いてもらえるようにしたいと考えて、ノルマもあえて厳しくしないようにした。

ぼくが管理職をしている間は、離職をする人はいなかった。

でも、そうするとやってくるんだよね。

「もっと厳しくしろ」

という上層部(サイコパス)からのプレッシャーが。

ぼくが退職を決めたときに部下が

「いい人から辞めていく」

と言っていたけれど、自分が管理者として働き続けたいと思うなら、この言葉は言われちゃいけなかったんだと思う。

会社は大学のサークルじゃないから、部下にはもっと厳しく接する必要があった。

でも、会社を辞めて管理職から離れたことは、後悔はしていない。

そして、ぼくは”人の上に立ちたくない”と思うようになった。

今もその考えは変わっていない。

 ぼくと甲さんとでは、行っていた業務のレベルは比べ物にならないくらい甲さんの方が高いけれど、ブラック企業で部下を預かった身として、ちょっと甲さんの気持ちは予想できる。

 

サッカー選手が成績不振で監督が更迭されたときに

「自分にも責任がある」

というコメントをすることがあるけれど、今はぼくも

”甲さんが休養したのは、ぼくの責任でもある”

と思っている。

自分を過大評価をしている部分はあるんだろうけれど、ぼくがもっとしっかりしていれば、もっと頑張っていれば、甲さんは無理をしなくてもいいのではよかった。

珍しく反省している。

 

甲さんがいなくなって、ぼくの労働環境は悪化する。

いつか甲さんがぼくの上司でなくなるときがくるのはわかっていたけれど、思っていたよりも早くて正直動揺している。

それでも、仕事はやらないといけない。

甲さんが早く元気になって復帰してくれるのを願うばかりである。

広告