この壁を乗り越えたら

リストラされたけれど、年収が少し上がった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

コンタクトレンズ(ワンデー)を買ったけれど、ムダになるかも知れない。


ぼくは目が悪い。

裸眼だと0.1くらいしか視力がなく、日常生活では眼鏡が欠かせない。

眼鏡がない時代に生まれていたらと考えるとゾッとする。

 

ぼくはコンタクトレンズよりも眼鏡派なんだけれど、コンタクトレンズはたまにつける。そして、手元にあるコンタクトレンズが無くなってしまったので、新しくコンタクトレンズを購入することにした。

 

前回コンタクトレンズを買ったのは使用期限が切れるくらい前。

目の健康を考えると必要なことだとは思うが、コンタクトレンズの購入には処方箋が必要。コンタクトレンズを購入する前には着脱のテストをして、医者に眼の状態を診てもらってようやく処方箋がもらえるのも、ちょっと大変だ。

 

コンタクトレンズを着けたり外したりするのは、なかなか慣れることができない。

初めてコンタクトレンズをつけたときは、眼に指を入れるのがすごく怖かった。

(今はちょっと怖さはなくなってきた)

 

眼科でコンタクトレンズの着脱のコツを教わったので、メモとして残しておく。

【着けるとき】

コンタクトレンズを落としたときなど洗浄したいときは、水道水で洗わずにコンタクトレンズが入っていたケースの水で洗う。

コンタクトレンズをつけるときは、まつ毛に触れるくらいのところでまぶたを広げる。

・黒目が正面になるように鏡を見る。

 

【外すとき】

・親指と人差指でコンタクトレンズをつまんで外す

・ちょっとだけ強めにコンタクトレンズを押してから外す

 

今まではアイ〇ティでコンタクトレンズを買っていたけれど、家電量販店のビックカメラでもコンタクトレンズを変えると知って、今回はビックカメラで買うことにした。

初めてビックカメラで買うときは15%オフ。

しかも、ビックポイントもつくことを考えると、お得に買えると思う。

コンタクト専門店の余計なアプリをダウンロードする必要もないし、これからもビックカメラで買うと思う。

 

話は変わって。

なぜ、ぼくがコンタクトレンズを購入しようかと思ったかを書いておく。

実は今は「恋庭」というマッチングアプリをやっている。

そして、どうにかこうにか、食事の約束を取り付けた。

”着飾ってもぼくはぼくだ”

っていう風に思っていて、身だしなみには無頓着な人間だ。

でも、さすがに女性に会うのに、眼鏡よりもコンタクトレンズにした方がいいと判断した。

にも関わらず、約束の日の3日前に「新型コロナウイルスに感染してしまった」と断りのメッセージがきた。

女性の体調不良は気が乗らないときに断る常とう手段だとうことは、ぼくでも知っている。

というわけで、女性と一緒にメシを食べに行くのに備えてせっかくコンタクトレンズを買ったけれど、ムダになりそうだという話だった。