この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜をクリア!個人的にはかなりの高評価

f:id:fussa2jp:20191110150035j:plain

ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜をクリアした。
発売日が9月26日だから、1ヶ月半くらいクリアするのにかかったことになる。
 
評価を結論から書くとライザが魅力的なのこともあり、めちゃくちゃ面白かった。
仕事が終わったら、家に直帰して寝る前までずっとやっていられるくらいに。
ぼくはRPGをやると、中だるみして途中で辞めてしまうこともあるんだけれど、そんなこともなかった。
 
クリアしてしまって、日々の楽しみが無くなってしまった。
寂しいので、ライザのアトリエの感想をまとめてみる。
 
目次
 

グラフィックがキレイ

ライザたちが住んでいるクーケン島は田舎で常夏の島。
ぼくも田舎の出身だから、故郷を思い出すんだよね。
夏休みを友達と過ごしている感覚になった。
昔のゲームグラフィックも味があるけれど、”今のゲームグラフィックってここまで美しくなったんだな”と思う。
ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜で描かれる自然は、現実の自然とはまた違ったよさがある。
ダンジョンも現実にあったら、間違いなく観光スポットになるんじゃないかというくらい絶景。
家にいながら、冒険している気分を十二分に味わえる。

f:id:fussa2jp:20191110150501j:plain

 

ライザが魅力的 

そもそもぼくがライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜を購入したのは、イラストレーターのトリダモノさんがデザインしたライザがかわいかったから。
ライザのキャラクターデザインが発表されたときはネットが騒然として、ライザのイラストがSNSとかで大量に投稿されていた。
女性が「イケメンを見ていると癒される」とか言う世の中だ。
ライザみたいな可愛い女の子を見てられるというのも、癒しになるというもの。
あとはライザって大人に反発する跳ねっ返りなところもあるけれど、自分を客観的に見て、前向きに問題を解決しようとする。
愚痴ばっかり言って、問題解決案を全く提示しない人たちばっかりだから、見習って欲しい。
ライザ本人は「なんてことない」と自分のことを評しているけれど、傑物だと思う。

f:id:fussa2jp:20191110150656j:plain

 
 

戦闘システムに慣れが必要だけど、面白い。

戦闘システムがリアルタイムで、面白かった。
慣れないと複雑に感じるけれど、戦闘システムがわかってくると、戦略の幅をもたせることができる。
技の演出もド派手だし、レベリングもあんまり苦にならないくらいに戦闘は面白かった。
 

攻略情報を見ないでクリアしたかったけれど、断念。

RPGの楽しみは、ゲームをしていないときでも解決策を考えて"あ、アレってこの方法でクリアできるんじゃね?"と試行錯誤するところにあると考える。
RPG格闘ゲームリズムゲームとは違い、技術が大事な違って攻略情報を見てしまうと、攻略方法がわかって簡単にクリアしてしまう。
個人的には攻略情報を見てRPGをクリアするのは、テストでカンニングをして、いい点数を獲るのに似ているように似ているように思う。
ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜も攻略情報を見ないで、クリアしようとしたけれど、「聖なる雫」を錬成できなかった…。
もっとしらみつぶしに、いろんなことを試せば聖なる雫を錬成できたとは思うんだけど、ちょっと時間がかかりすぎた。
攻略情報を見ないでクリアできなかったのが、心残り。
 

最後に

上に書いた通り、ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜は面白くて、ぼくのなかではかなり評価は高い。
クリアしてしまって楽しみ減ってしまったけれど、これからはトロフィーコンプを目指して続けていこうかなと。
やる気があふれていて、攻略本も購入した。
もし、トロフィーコンプをすれば始めてのこと。
引き続き遊びたいと思う。