この壁を乗り越えたら

リストラされたけれど、年収が少し上がった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

ソフィーのアトリエをクリア。アトリエシリーズの女の子はかわいい【感想】

f:id:fussa2jp:20210830093426j:plain

ソフィーのアトリエをクリアした。

RTAだと2時間強でクリアしてたようだけれど、ぼくは4ヶ月くらいかけてちまちまと進めていた。

クリア前は一気にやって、”RPGはクリアするかしないかくらいのところが面白い”と思った次第。

 

広告

 

主人公のソフィーは、偉大な錬金師だった祖母を尊敬している。

しかし、錬金術の腕前はまだまだ半人前。

同じく錬金術師のプラフタ(ワケあって本の姿)の協力を得ながら、ソフィーが成長する様子が物語の軸になっている。

 

自己満足で錬金術を追求すると、自然や周りの人にも悪影響がでるよという描写があって、

”ゲーム内の錬金術って現実の科学に似ているな”

と思った。

ぼくは文系だけれど。

ソフィーはお菓子作りとか料理が得意。

ゲーム内では料理も装備道具などと同じで要領(錬金術)で作る。

つまり料理は錬金術なのだ。

そう考えると、ちょっとだけ料理をするのが楽しくなる気がする。

 

さて、ソフィーのアトリエのゲーム性について書いていこうと思う。

今までぼくがやったRPGが親切だったのもあるかも知れないけれど、ソフィーのアトリエは進め方がわからない場面が多々あった。

例えば、錬金術の素材を採取する場所をストーリーの進行上、どうしても解放しなくちゃいけないんだけれど、その採取場所がモブキャラに聞かないと解放できない…。

重要キャラからかも、その採取場所を知っている人についての話は出ない。

ノーヒントである。

もうちょっとヒントが欲しかったというのは、ぼくのワガママだろうか?

戦闘も結構ボコボコに全滅させられた。

ラスボスも多分10回くらい負けている。

いや、毎ターン体力回復して、こっち側の攻撃力を下げるくるのは反則。

体力減らせないじゃん(苦笑)。

ステタースや装備を鍛え直して、なんとか倒せた。

でも、これくらいの方がラスボスらしくていい。

あっけなく倒せてしまうと、虚しさが残る。

 

ガストのアトリエシリーズはキャラクターデザインがいい。

ソフィーのキャラクターデザインはちょっと頼りない錬金術師らしさが上手く出ていて、可愛らしい。

ゲームをやっていても、キャラクターに魅力がないとやり続けられない。

そもそも、キャラクターに魅力がないと買って遊ぼうとも思わない。

アトリエシリーズはそういった意味で、ぼくの好きなシリーズだ。

 

なんだかんだ、ソフィーのアトリエをぼくは楽しんでいた。

金曜日の仕事終わり。華金に家に帰ってソフィーのアトリエをやるのが、クリア間近にはぼくの楽しみになっていた。

ミスドを食べ、コーラを飲みながらソフィーのアトリエをやって翌日腹痛に襲われたけれど、それも楽しかったいい思い出である。

 

f:id:fussa2jp:20210830121424j:plain

 

 

 

広告