この壁を乗り越えたら

リストラされたけれど、年収が少し上がった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

ワクチンの副反応から生還したので、記録に残す。

新型コロナウイルス用のワクチンの接種が進んで、記事を書いている時点では接種率は50%を超えているらしい。

周りの人から副反応のことを聞いたり、中日の木下選手が亡くなってしまった記事を読んでいたため、もともとぼくはワクチンをすぐ打つつもりはなかった。

「予約できない」

と言う周りの人たちを呑気な目で見ていた。

そしたら、職域接種の案内が回ってきて、ぼくも受けないといけない雰囲気になった。

「NO」と言えない性格で損をしていることえぼく。

滞りなく予約は完了し、モデルナ製のワクチンを接種する運びになった。

接種後のことを副反応のことを含めて記録に残しておく。

※ぼく個人の記録であり、ワクチンを接種をするかどうかはご自身のご判断でお願いします。ワクチン接種を推奨する意図も反対する意図も、この記事で伝えたいことではありません。

 

まずはぼくのスペック

性別:男

年齢:34

基礎疾患:高脂血症(LDLコレステロールが高い)、アレルギー体質

 

一回目の接種

接種直後に前腕のしびれがあり。

一回目なので、副反応は出てもそこまで強く出ないだろうと思って、ちょっと寄り道して帰った。

出た副反応は接種部の筋肉痛と37.4℃の発熱。

37.4℃の発熱が1回目でも出たことで、2回目の副反応が強くなることを予想する。

 

二回目の接種

一回目から374℃の発熱があったから、接種前に買い込んだ。

f:id:fussa2jp:20210928160330j:plain

アイスとか、ゼリーとか、ポカリスエットとか。

あとは冷えピタ、カロナールも予め準備。

接種直後の体調は一回目よりもいいくらい。

少しでも運動するのを減らすため、寄り道せずにまっすぐ家に帰った。

家に帰ってからもしばらくは発熱はなし。

アニメ(ウマ娘)やYouTubeを寝転がりながら見ていた。

接種後8時間後

発熱したのは深夜1時。接種したのは15時半だから、8時間ほど経過したころになる。

室温は30℃近いが、寒気がして目が覚めた。

長袖を着ていても、寒い。

”さすがにまずい”と思って、カロナールを飲んだら、割とすぐに寝られた。

接種後15時間

8時。普段ならば、起床して出勤の準備をする時間だ。

体温は39.1℃。

もはや出勤しても、今日のぼくは使い物にならないだろうと思った。

今の会社に入社して初めて欠勤の連絡をいれた。

頭が痛くて、何もする気が起きない。

接種後24時間

f:id:fussa2jp:20210928192041j:plain

接種翌日の15時半。体温は39.5℃まで上昇していた。

正直こんなに発熱したのは、初めて。

成人してから一番の体調が悪かったといってもいいかも知れない。

頭が痛くてほとんど寝ていることしかできない。

接種前はアニメを観ようかと準備していたが、とてもそんな余裕はなかった。

”このまま解熱しないとまずいな…”とぼんやり考える。

翌々日

翌々日の朝、起床すると36℃台まで解熱していた。

だるさもかなり無くなり、洗濯もできくらいまで回復した。

食欲も戻り、ゼリー以外も食べられるようになる。

 

接種して思うこと

”3回目はもう打ちたくない”と思った。

1日で下がったとはいえ、39.5℃なんて熱は今まで経験したことがない。

今の会社を初めて休むはめにもなった。

今の品質のワクチンを打ったら、体がもたない。

ワクチンの改良と、経口薬の開発がなされることを希望して、この記事を終わりにしたいと思う。

※あくまでも個人の感想です