この壁を乗り越えたら

リストラされたけれど、年収が少し上がった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【恐怖】外科手術が終わったので、所感をまとめてみる

f:id:fussa2jp:20210719222727j:plain

 

全ては右ももに2cmしこりができていることに気づいたことから始まった。

(注:この記事はぼくの個人的な体験記です。きちんと医師の診断を受けることをお勧めします)

 

しこりの原因は炎症が起こっているんだろうと最初は思った。

薬を飲めば、すぐにひくだろうと。

しかし、普段行っている内科の診断は

「これは形成外科に診てもらった方がいい」

あれよあれよと大きい病院の紹介状を書いてもうことに。

 

そして、紹介された外科医に診てもらったところ

「何かあるのかはわかるけれど、皮膚の上から触っているので、布団の上から触っているとわからないように、何かはわからない」

と言われる。

幸いなことに、しこりは皮膚の近くにあるから、切除しやすいところにあるらしくて、あっという間に一週間後に手術することに決定した。

 

外科医から手術について説明を受けて同意書を書く。

他の人が同意書を書いているところは見たことがあるけれど、いざ自分が書く立場になると

”なんか大事になってしまったな”

とびびる。

感染予防のためにPCR検査を受けて、手術の準備は完了。

 

自宅に帰った後、友人たちに手術することになったことを報告する。

優しい友人が多いので、心配しているメッセージを皆くれる。

家に帰って落ち着いてみると、なんか不安というのは無くなっていた。

変な話だけれど、”もう長く生きられなくてもいいかな”

という気持ちがなんとなく浮かんできていた。

この気持ちに関しては、書いても面白い記事にならそうなそうなので、書くのはやめておく。

そして、保険の営業マンに「自分の手続きに不備があったから、手術前日にまた会って欲しい」と言われて、さすがに腹が立って断った話も書くのはやめておく。 

 

そして、手術当日の話。

体調の確認などの問診を受けて、看護師に手術室に案内される。

手術室は職員がもつカードキーがなければ入れない厳重な作りになっていて、いやでも緊張感が高まる。

看護師にも

「緊張してますか?」

とツッコまれた。

本人確認のために氏名・生年月日を聞かれたので、答える。

言うの拒否する人もいるんだろうか。いるだろうなぁ。

手術の日が、誕生日の二日前で

「もうすぐ誕生日なんですね。おめでとうございます!」

と看護師が言ってくれた。

歳をとって喜ぶような年齢でもないけれど、お祝いしてもらえると嬉しくなる。

 

いざ手術へ。

血圧とか心電図を計測する機械を装着する。

よくドラマの手術のシーンに出てくる強い光を放つライトも目に入る。

いやでも物々しさを感じる。

局所麻酔だから、意識ははっきりしていたけれど、ほとんど痛みはなかった。

歯医者で処置を受けるよりも痛くない。

手術中に医者が内線をうけていたりしたから、それほど難しい手術でもなかったんだと思う。

「観た感じ悪いものではなさそう」

手術後に医者もそう言っていた。

そういってもらえると、なんだかんだ安心できる。

手術代も¥7,000で、一安心。

 

手術から一週間後は、抜糸。

抜糸のときは手術室に入ることもなく、診察室に通された。

「悪性の腫瘍ではありませんでした」

と開口一番、医師から検査結果を教えてもらった。

抜糸もあっという間に終わる。

ぼくはLDLコレステロールが高く、脂質異常症の薬を飲んでいる。

脂肪の塊がしこりになっているんじゃあ、ないか?

コレステロールが高いのが、原因でしこりができたんですか?」

と聞いてみた。

 「細菌が入ったみたいですね。詳しいことはわかりません」

医者はサラッとそう答えた。

よくわからなくても、悪性腫瘍みたいに悪いもんじゃないなら、かまわない。

 

受けたくはないけれど、ぼくも歳を重ねれば大きな手術をすることもあるだろう。

命に別状がないところで、手術を経験できたのはよかった。

手術が必要になっても、思ったよりも冷静にいられるということもわかったし、どういった流れになるのかもちょっとだけ理解できた。

ただ、手術と無縁でいられればそれが一番ではあるわけで。

 月並みだけど、健康とは大事だなと思った次第である。