この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

新型コロナウイルスのせいで、日本の終末を感じる日々。

f:id:fussa2jp:20200304234234p:plain

2020/2ごろからニュースを見れば、目に飛び込んでくるのは、新型コロナウイルスのことばかりだ。

うんざりしている人も多いんじゃないだろうか。

うんざりしている人も多いと思うけれど、あえて新型コロナについて記事を書いていく。

 

日本全体が混乱している。

小中高校が休校になっている。

で、それに対してブーブー文句を言っているマスコミと保護者。

いいじゃん、新型コロナウイルスに感染するリスクが下がるんだから。

サラリーマンのぼくは、休みなんてなく働いてるんだぞ!

 

マスクの品薄には本当に困る。

マスクを求めて近所のドラッグストアでは開店前から100人以上が列を作っていた。

ぼくの手元にあるマスクは残り10枚を切っている。

おそらく休日に用があって、外に出るだけで使いきってしまうだろう。

保育園のころからスギ花粉症だから、この時期はマスクがないのはつらい。

 

マスクがないのも困るけれど、もっと酷いのは

「トイレットペーパーがない」

というデマを流す人(転売目的?)と、そのデマを信じてトイレットペーパーを買い占める人たち。

 「自分さえよければいい」

という心理がすけて見えて、”人ってこんなに醜いんだ…”とがっかりしている。

落ち着いて情報を確認するくらいの知性と、自分も食べたいのを我慢して腹を空かせた犬にパンを分けるような心の広さはないもんかね。

ぼくにもあるかと言われたら、自信はないけれども。

 

株価の下落も深刻。

ぼくは長期で株をもっているんだけれど、その株価の利益が5分の1くらいまで激減している。

景気は変動する。好景気と不景気が交互にやってくるのは仕方ない。

前回の不景気はアメリカで起こったリーマンショクがきっかけだったけれど、今回は新型コロナウイルスがきっかけかな…。

不景気になると自殺者数も増加する。不景気は人を殺すのだ。

就職が厳しくなったり、リストラだって増える。

ぼくの給料も上がらないんだろうなぁ…。

 

暗い話題ばかり書いても気持ちが落ち込むので、いいことも書いておく。

これから書くことは無理やりひねりだしたことかもしれないけれど、ものごとには良い面と悪い面が含まれているものだ。

まずは出費が減ること。

新型コロナウイルスが流行っているので、「不急不要の外出」はしないようにしている。

LIVEやスポーツなどのイベントも中止になっていることが多く、非常に寂しいんだけれど、その分出費は減る。

ぼくは新型コロナウイルスが流行してから、貯金する額が増えた。

 

他には体調管理の方法を見直すキッカケになったのも良いことだ。

うがい、手洗い、十分な睡眠…。

今年のインフルエンザにかかった人は、例年よりも400万人も少なかったとのこと。

インフルエンザと診察されたことがないぼくからすると

”どんだけ普段いい加減な体調管理してるんだよ…”

と思わなくもないけれど、ぼくも風邪はよく引く。

せっけんを使った手洗いをする、食事の前にもしっかり手洗いをする、イソジンを使ったうがいをする、夜更かしをせずに睡眠時間をしっかり確保する…。

正しいマスクのつけ方も確認した。

つけ方が違うと効果がないとのこと。

f:id:fussa2jp:20200304233133j:plain

これだけでも、風邪気味になっても、すぐに回復するようになった。

やはり自分の身体の免疫力を上げることが一番の予防だと気づけたのは良かった。

 

街に出ても人がいつものように人がいない、スーパーやドラッグストアの棚には品が無い、そして不景気で自殺者がでる…。

 もちろん、新型コロナウイルスにかかってしまう人もいる。

ぼくは阪神淡路大震災地下鉄サリン事件が起こった1995年も、テレビでニュースを見ていた。

が、まだまだ子供だった。

成人してから、ここまで日本の終末のような雰囲気を感じたことはなかった。

 

新型コロナウイルスは人が多いところにいけば、もういつ感染してもおかしくない状態だと思う。

デマに流されて不必要なものを買い込んだり、転売ヤーから購入しない。

しっかりと経済的に稼げる状態になっておく。

最終的に自分を守れるのは自分しかない。

 

一刻でも早くコロナウイルスの影響が収まることを願いつつ、この記事を終わりにする。