この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

ミニ四駆のコースも本格的!ヒカルと仲良い店長が経営する遊楽舎に行ってきた!

2019/9現在ぼくは転職活動中。

たまたま関西圏まで転職活動をする機会があったので、姫路まで遠征することにした。

 

ぼくはミニ四駆が趣味で、さらにYouTubeの動画を観るのも好き。

姫路には「ヒカル」の動画によく登場し、自分のYouTubeチャンネルも登録者数10万人を超える店長が経営する「遊楽舎」がある。

遊楽舎はカードゲームなどのホビーを扱っていて、ミニ四駆も扱っている。

遊楽舎の店長はカジサックに「トークが素人じゃない」と言われるくらいの面白さ。

”一回遊楽舎に遊びに行ってみたい”という気持ちがあったので、今回姫路に行く機会に遊楽舎に遊びに行くことに。

 

ミニ四駆を愛好している人で大会に参加するなどの目的で関東圏外まで遠征に行く人は少なくないけれど、ぼくは今まで関東圏外まで遠征に行ったことはなかった。

今はネットが普及して改造のトレンドは似ている。でも、地域が違えば微妙に改造が変わっているという話も聞いたことがある。

遠征をするのは楽しみだった。

 

実際に遊楽舎で走らせた感想をまとめてみる

 

目次

 

広告

 

 

姫路駅から遊楽舎は遠い

姫路駅から遊楽舎はかなり距離がある。(約6キロ)

バスが14番線から出ているから、利用した方がいいかも知れない。

大体30分に一本くらいのペースでバスが出ている模様。

ぼくがバス停に行ったときにはちょうどバスが出てしまったところで、次のバスが来るまで時間がかかるから、タクシーを使うことにした。

タクシーの運転手に行き先を告げるとラーメン屋(隣にあるべんてん屋)のことを知っていて、すぐに連れていってくれた。

なお、タクシー代は約2000円。

なかなかお高い…。

 

遊楽舎のコース(2019年8月)の個人的な印象

遊楽舎は店舗面積が大きく、それを活かして走行距離が常設コースにしては長めだと感じた。

また、設置可能な場所を最大限に使ってレーンの数が多くなっている。

8月のコースで難しさを感じたのは大きなバンクが2カ所あるところ。

ブレーキを利かせすぎると、減速しすぎるから難しかった。

 

姫路の人たちも速い。なんとかタイムアタックの記録に名前を残す…

2時間くらいの滞在だったけれど、23:00秒でなんとかタイムアタックのランキングボードに名前を載せることができた。

ただ、上位の人は20秒台がずらり。

多分、良いタイムを出しても書いてない人も多そう。

レベル高い…!

”姫路まで遠征したんだから、記録を残したい”という目標はギリギリ達成できたけれど、まだまだ課題は多いなということを実感。

最新のギミックも使いこなせるようにならないとな…。

f:id:fussa2jp:20190912131937j:plain

f:id:fussa2jp:20190912131947j:plain


 

店長がやはりナイスガイ

YouTubeの撮影後の店長にサインをお願いしてみた。

仕事中にも関わらず

「名前は?」

と聞いてくれて、サインを書いてくれた。

忙しいなかでも、ぞんざいな対応をしないのは、人気YouTubeになる理由が少しだけわかったような気がする。

 

まとめ

遊楽舎というと、カードゲーム中心の動画が多いけれど、ミニ四駆も本格的だった。

なかなか遠方なので、簡単には行けないけれど、普段とは違う特徴があるコースでいい経験と思い出になった。

仕事中にも関わらずサインをしてくれた店長さん、ありがとうございました!

 

 

広告