この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。大事なのは好きがある毎日

広告

【ニート爆誕】勤務先をクビになってみた

f:id:fussa2jp:20190312211056j:plain

ニートになった。

3/8(金)に解雇を通達され、有給消化を考えると、3/11(月)が最後の勤務だった。

あれ…?ぼくの解雇急すぎ?

 

一応ぼくの名誉のために言っておくと、仕事上問題を発生させたから、解雇になったわけじゃない。

勤務先の経営状態が悪くなりすぎて、規模を縮小せざるを得なくなったらしい。

規模を縮小するにあたって、人員削減が必要になり、解雇の対象がぼくになった。

なお、勤務先の経営状態は「大体半分くらいの人間を解雇する可能性が高い。それでも、経営が立て直せるかはわからない」レベルだそうだ。

 

ボーナスが出ないなど、前々から経営が悪いということは、肌で感じていたから、別に事業縮小することを想像することは難しくなかった。

さらに、解雇される可能性も頭の片隅にはあった。

ここまで急だとは、想定外だったけれど…。

 

ぼくが勤務先を解雇されて「クビってどんな気持ち? ねえ、どんな気持ち?」という人もいると思うので、この記事でまとめておく。

 

広告

 

 

【結果を残せなかったという意味では、残念】

ぼくは解雇になってしまったけれど、勤務先に残る人はやっぱりいるわけで…。

その人たちみたいに活躍ができなかったのは、悔しい気持ちは残る。

ちょっと調子に乗り過ぎな考え方だとも思うけれど、”ぼくがめっちゃ利益を出せるような活躍ができたら、事業縮小なんてしなくて済んだのに…”とも思う。

もっと勉強したり、考えていれば、もう少し違った結果になったのかも知れないと思うと、頑張り方もまた工夫の余地はあったと思うので、後悔がある。

ただ、上司の苦労は痛いほどわかるから、勤務先に対して怒りは感じない。

 

【逆に解雇になったのはチャンスかも知れない】

勤務先には申し訳ないけれど、準備が出来次第ぼくは、自分から退職を申し出るつもりだった。

小遣い稼ぎの方法をたくさん試してみたり、元同僚に転職の相談をしたりしていた。

そして、いい返事をもらえたりして、形にもなりかけていたけれど、なかなか退職する決心はつかなかった。

だから、今回の解雇は”いい加減覚悟を決めろよ”というメッセージかも知れないと思った。

ブログ運営、資格取得、未知なる業界への挑戦…。

ぼくにはやりたいことがたくさんある。

貯金と有給消化と失業保険で、なんとか数か月は食うには困らない状態だから、その間に、注力してどこまでできるのかやってみたい。

 

【まとめ】

解雇の通達は思っていたよりも、急だった。

でも、正直なところ解雇は予想できなくもなかった。

本当に退職に向けて、準備していた自分を褒めたい。

この解雇をきっかけに、覚悟が決まった。

もっと自分の可能性に挑戦しようと思う。

これからも勤務先では、リストラは続いていくだろう。

解雇されて新しい職場に挑戦する人、残る人って立て直しを図る人にも困難な道が待っている。

みんな、頑張れ。