この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

将来の夢が決まらないので、今後について考えてみた

f:id:fussa2jp:20200506211728p:plain

ぼくが今の職場に再就職して大体半年が経過した。

半年の間で結構いろいろなことがあった。

新しい職場だから、覚える仕事も多かった。

先輩がいなくなって、責任も重くなったように感じる。後輩も入ってきたから、模範になれるように意識している。

頼まれる仕事も増えてきた。

仕事は楽ではないけれど、ぼくにしては順調に半年間を過ごせたのではないかと考えている。

 

広告

 

今は契約社員で働いているけれど、「働き続ければ来年には正社員にする」と管理者から声をかけてもらっている。

会社の経営状態によって約束を反故にされることはもちろん覚悟している。

前の職場では正社員=管理者だった。

今の職場は正社員になるにあたって管理職になることは求められなそうだけれど、実力的には管理職でもやっていけるだけのものを求められるだろう。また、ぼく自身も管理職もできるくらいの実力をつけたいと考えている。

 

「これから定年まで働くのか?」と聞かれると、素直に「定年まで働きます」と言えない自分がいる。

正直に言って今の業務をあと30年くらいするのはしんどい。

ノルマなどはないし、職場の人も珍しいくらい嫌な人がいない。

でも、定年まで同じことを何十年もやる自信はない。(定年まで勤めあげる人はすごい)。

 

そもそもぼくは30代にも関わらず「将来の夢はなんですか?」と聞かれると、とても困る。

まだ働いた経験が少ないのに進路について考えなくてはいけない高校生、大学生の人は本当に大変だと思う。

ぼくの場合は”やってもいいかな”と思える仕事を続けていて気づいたら、30代になっていたような感じだ。

夢を語るうえで厄介なのは、「自分がやりたいこと=自分の能力で世の中に求められていること」ではないことだ。

人間はお金を稼がないと生きていけない。夢で飯は食べられない。

夢を追わず漠然と働いて定年を迎えることも一つの選択肢だと思う。

 

でも、能力が問われず何でもできるなら、ぼくはフリーランスとして働きたい。

そりゃ誰だって自分の好きなように働きたいだろう。ぼくだって同じだ。

 

ぼくは必要最低限のお金があれば、それで構わないと思っている。

田舎で文章でも書いてのんびり暮らしたい。

でも、会社に所属せずにフリーランスとして働く方が、定年まで企業で働くことよりも難しいのもわかっている。

 

フリーランスとして働いていくのは難しい。

とはいえ、会社にずっと所属しているよりもフリーランスになる機会があるなら、挑戦してみたい。

また会社が定年まで存続しているとも限らない。

ぼくはリストラを経験しているから、会社のことを普通の人よりも信頼していないというのもあるかも知れない。

もし、会社に万が一のことがあっても収入源が複数あれば安心だ。

副業をぼちぼちやっていって、その規模を大きくしていければいいと思っている。

 

フリーランスとして働くにはまだまだ知らなくちゃいけないこと、考えなくちゃいけないことも多い。

だけど会社員一本という働き方ではなく、可能性は絶えず探っていきたいと考えている。

もちろん、働いている会社で任されている仕事は一生懸命やりなながら。

 

 

広告