この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【リストラ】解雇通告をした上司に、ぼくが今思うこと。解雇通知はどんな風に行われたのか?

f:id:fussa2jp:20190318071928j:plain



 

残念ながら勤務先の会社が経営不振のため、規模縮小をすることになった。

そして、人員削減のためにぼくが解雇される運びになった。

 

☆詳細はこちら

www.houjouhajime.com

 

 

解雇通知をされたのは、3/8(金)。

経営に直接関わるくらいのレベルの上司(以下Aさん)に、「昼飯に行かないか?」と言われたのが事の始まり。

今までにも何回かAさんとは、食事に行っている。

ただ、最近Aさんは仕事が忙しくて、昼休憩をしっかりととれていないことを知っていた。

”経営状態が悪いから、ひょっとしたら、解雇の話かも知れない…。”と解雇のことが脳裏をよぎったけれど、”急すぎるから、それはないか”と考え直した。

むしろ呑気に”会社で気になることがあるから、話を聞いてもらえるチャンスだ"とさえ思っていた。

 

昼飯はなんと焼き肉をごちそうしてくださった。

ごちそうしてもらう金額だけが全てじゃないけれど、焼き肉が好きなぼくにとってはめっちゃ嬉しいこと。

 

広告

 

 

焼き肉を食べているときにAさんから「北条君は楽しいことはあるか?」と聞かれたので、休みの日の過ごし方なんかを答えた。

Aさんは、絞り出すように言った。

「俺は楽しいことが何もない」と。

ぼくにはAさんが、ちょっと精神的にも消耗しているように見えた。

 

その後は何気ない日常会話。

仕事の話をするような雰囲気でもなかったので、Aさんとの日常会話を楽しんだ。

 

焼き肉を楽しんだ後、会社へ向かう帰り道の途中でAさんは重い口を開いた。

・会社の経営が悪くて事業縮小をしなくてはいけないこと

・事業縮小の責任をとって、Aさんは会社を辞めること

・半分くらいの従業員を解雇しないと経営的には難しく、ぼくは解雇される方に選ばれたこと

 

重要な話がポンポンと出てきて、何を言われているのか、すぐにはわからなかった。

しばらく経って”ああ、ぼくはもう今の会社で働けないんだな。転職しないといけないんだな”という実感がわいてきた。

でも、解雇通知をしてもAさんに怒りの感情は不思議なほどなかった。

食事を一緒にしたからというわけじゃない。

 

 

会社の経営状態の責任を背負っているAさん苦労はなんとなくわかる

 

ぼくも小遣い程度だけれども、副業で自分で金を稼いでみて、自力で金を稼ぐことの大変さを痛感した。

判断を誤れば、最悪収益がなくなる。

ぼくの副業は趣味程度だから、プレッシャーを感じなかったけれど、経営の責任を背負って働くのは想像を絶するほどのプレッシャーがかかるだろう。

収益が上がらない、周りの人間が思い通りに動かない。

焼き肉を食べているときに「楽しいことがない」と言っていたのも、会社経営からのストレスが原因だろう…。

従業員に解雇に告げることだけを考えても、どんな風に伝えればいいのか相当考えるはずだ。

 

 Aさんに解雇通告のフォローでかけてもらった言葉

・北条君を今の状態でこの会社に、いさせるのは申し訳ない

・長い間働いてくれて、助かった。北条君には、会社の会議室で簡潔に伝えるんじゃなくて、時間をかけてしっかりと伝えたかった。

上記の2点の言葉はかけてもらえて、嬉しかった。

転職など次のステップに進むあたって、前向きになれた。

正直なところ、会社に不満がないわけではなかったけれど、ちょっと”この会社で働いてよかった”と思えた。

なかなかここまで言える人はいないと思う。

 

これから先、Aさんとぼくの人生がどうなるかは、誰にもわからない。

でも、おこがましいながらも、Aさんが「人生が楽しい」と言えるようになることを願っている。