この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。どんな未来かはまだ知らないけれど、楽しくしたい。

広告

【おススメ】テレビの音響をスピーカーにしたら、生活にちょっと潤いができた

f:id:fussa2jp:20190318232738j:plain

最初に断っておくと、ぼくはあんまり音のことは、詳しくない。

でも、ウォークマンで音楽を聴くときに、付属のイヤホンを使うと”ちょっと物足りないな”と思う程度のこだわりが、なぜかある。

 

自分でもよくわからないこだわりがあるぼくだけども、勉強しているときに”BGMとして音楽(演奏のみ)を聴きたいなー”とふと思った。

イヤホンでも音楽を聴けることは聴けるけれど、家の中なのに耳にイヤホンがついていると、ちょっと動きづらい。

あと、テレビを観ているときも、音響を設置すれば、音質が上がるかもと考えて、スピーカーを設置することにした。

 

ネットで今回購入したスピーカーは、Anker SoundCore Boost。

購入した理由は、以下の点

 

Bluetooth対応だけど、別売りのAUXコード(今まで普通に使っていたイヤホンとかのコードの規格と同じ)も使える

・低音がきれいだということをアピールしていて、レビューでも「低音がキレイ」という書き込みがあった

・見た目がスタイリッシュ。テレビの前に置いても映えそう。

・値段が高過ぎない(AUXコードの代金含めても8000円)

・Ankerの他の製品の質が良かった

 

 

Anker SoundCore Boostを実際に買ってみて“買ってよかった。ちょっと生活に充実感がでた”という感想をもった。

理由を紹介していきたい。

 

【なんだかんだテレビの音質がいいと気分があがる】

Anker SoundCore Boostをテレビに使ってみると、重低音がキレイに聴こえる!

さすがに映画館のレベルには及ばないけれど、音が立体的に聴こえる。

重低音がクリアに聴こえぎて、”隣人の足音かな”って勘違いするくらいのレベル。

テレビの画質は10年前と比べて、各段に上がったけれど、音質に関しては画質ほど上がっていないそうだ。

薄くなったりしているから、音質に関しては確かに後回しになってしまうのも仕方ないかなと思う。

薄型のテレビはスタイリッシュだからね。

それでも、Anker SoundCore Boostをテレビに装着すると音質に関して、長年性能が上がっていないのを補完できると感じた。

 

【映画とアニメを見るときにこそAnker SoundCore Boostの効果を実感する

トーク番組とかドキュメンタリー番組は、ぼくの耳だと”男性の声が立体的に聴こえる”っていうのが、Anker SoundCore Boostを使って一番差を感じた部分。

でも、ドラマ、アニメ、映画のようにOP、ED、挿入歌、BGMとか曲がふんだんに使われている作品は話が全く別。

やっぱり曲が多いと、Anker SoundCore Boostはすっごい効果を発揮する。

音楽の重低音がキレイに聴こえるし、音自体もクリアに聴こえるから、良い気分で聴ける

特にアイドルアニメとか曲が結構多いから、”おおお!今までと聴いていて全然違う!!”とテンションがあがる。

 

ぼくは”めちゃくちゃお金をもっていたら、シアタールームを作りてええ!!”と願望をもっていたこともあったけれど、残念ながら現実的ではなさそう…。

でも、Anker SoundCore Boostは、ささやかかも知れないけれど、ぼくのその願いをかなえてくれて素晴らしいガジェットだった。