この壁を乗り越えたら

元ニートのブログ。大事なのは好きがある毎日

広告

元ニートが就職が決まったばかりなのに、クレジットカード(楽天カード)の審査を受けた結果

f:id:fussa2jp:20181222022507j:plain


クレジットカードは、働いて安定した収入がないと作るのが、難しい。

つまりニートでは作るのは難しい。

 

ぼくは大学を卒業して2年半くらいニートをしていた。

クレジットカードを作るのは、正直なところ難しい環境だったいえる。

 

そんなぼくも、ニート3年目のときに、契約社員(という名のアルバイト)で運よく雇ってもらえることになった。

そのときに、クレジットカードの審査を申し込んだ。

 

なお、ニート時代に申し込んだのはちばぎんスーパーカードと、楽天カード

審査のときの思い出を、書いていこうと思う。

 

☆ちなみに当時のぼくのスペック

年齢:24

年収:0(契約社員で年収60万の予定)

住居:実家暮らし

借金:なし

 

【ちばぎんスーパーカードの審査結果】

契約社員(という名のアルバイト)で内定を頂戴し、脱ニートしたときに、千葉銀行で口座を作ることにした。

多分いろんな人が経験あると思うんだけれど、受付の女性が口座を作ると聞いてくるんだよね。

「クレジット機能付きのキャッシュカードの申し込みをしませんか?」って。

クレジットカードは、なんだかお金の管理が大変そうなイメージがあって24歳になるまで作っていなかった。

「一枚くらい持っていてもいいかも知れないですね~」という銀行員の勧めもあり、千葉銀行JCBが提携して発行しているカードの方を申し込んだ。

銀行系のクレジットカードといえば、安定した収入があるか、厳格に審査される。

勤続年数0年。

年収(見込み)は60万。

正直”これは審査通らないだろうな…”と思っていた。

しかし!

ぼくの家に届いた封筒には、クレジットカードが同封されていた…。

なんと厳しい銀行系のクレジットカードの審査に、ほぼニートが通ってしまった!

どういった審査基準なのか、わからないけれど、ぼく名義の携帯電話の本体の支払いを分割でしていて、毎月遅れなく支払っていたことは大きいかなと推測している。

(携帯代を払っていたのは親父だけどね…。申し訳ない…。)

携帯電話の本体の支払いが分割の場合、銀行も支払状況を確認できるからね…。

支払の遅れもないから、クレジットカードをもたせても、大丈夫だとギリギリのラインで判断したんだろう。

 

楽天カード

楽天カードは審査が比較的緩い」という話を、24歳当時のぼくも、なぜか知っていた。

そして、楽天ポイントが貯まりやすいお得なカードだということも。

”銀行系のカードの審査が通ったんだから、楽天カードも審査通るだろ”

と思って審査を申し込んだら、案の定審査が通った。

記憶が正しければ、ちばぎんスーパーカードが手元に届くよりも、短い期間で手元に届いたはず。

もともと、メインのクレジットカードとして使うために、審査を申し込んだこともあって、今も使っている。

光熱費や通信料を支払っているだけで楽天ポイントが5000くらい貯まる。

1ポイント1円として、使えるので年間5000円くらい浮くことになる。

顧客満足度が10年連続1位なだけなことはある。

 

 

【まとめ】

ニートでも、割りと問題なくクレジットカードの審査が通る印象がある。

思い切ってクレジットカードの審査を申し込んだ、就職が決まったばかりのぼくを自分で褒めたい。