この壁を乗り越えたら

元ニートのブログ。大事なのは好きがある毎日

広告

LINE Pay クレジットカード(仮) は、使い道が多くてお得?楽天カードよりも還元率が高い!

f:id:fussa2jp:20190212111454j:plain

”使っていない人がいないんじゃないか?”というくらいLINEは普及している。

ぼくも利用している。

10年前は通話料がかからず、友達とスマートフォンで通話できるなんて、想像できなかった…。

IT関連の発展ってすごい。

 

そんなLINEの決済子会社「LINE Pay」が、LINE Pay クレジットカード(仮) を発行するという発表があった。

 

ぼくもクレジットカード業界とちょっと関わりがある仕事をしていから、このニュースは興味深い。

 

気になった部分を紹介してみる。

 

圧倒的なポイント還元率の高さ

一般的にポイント還元率は利用金額の0.5%が標準。

ポイント還元率が1%あれば、高還元率カードだといってもいい。

ぼくが持っているクレジットカードだと楽天カードが、ポイント還元率が1%になっている。

100円の利用金額で、楽天ポイントが1貯まるから、公共料金や電話料金の支払いに使っているだけでも、年間に3000円くらい楽天ポイントが貯まる。

楽天カードを使ったことによって貯まった楽天ポイントで、楽天トラベルを使って旅行したり、楽天市場で買い物をするのが、ぼくのささやかな楽しみ。

 

 

しかし!

今回、LINEの決済子会社「LINE Pay」が発表したクレジットカードのポイント還元率は3%!

なんとLINEのクレジットカードなら、100円の利用金額で、3円分のLINEポイントが付与される…。

楽天カードの3倍と考えると、ぼくの場合、年間約10000円くらいLINEポイント付与される計算になる。

こんなにお得なら、”LINEのクレジットカードをメインのクレジットカードにしてもいいんじゃないか”と考えてしまう…。

ちなみに貯まったLINEポイントは、LINEスタンプの購入に使えるのは、もちろんのこと、nanacoポイントに交換することもできる。

多分ぼくの場合は、nanacoポイントに交換することが多くなるはず。

セブンイレブンで買い物することが多いから、そのときにnanacoポイントを使って支払って節約するつもり!

もちろん、セブンイレブン以外でもnanacoポイントが使える店は多いから、nanacoポイントが使える店では節約のチャンスを逃さないにしなくては…。

 

LINE Pay クレジットカード(仮) の年会費は無料

クレジットカードの年会費は1000円を超えることもザラにある。

ぼくの持っているクレジットカードでも、年会費1350円のものがある。

地味に損をしている気分になるので、年会費が無料なのは嬉しい。

 

ポイント還元率3%と年会費無料は初年度だけ?

LINE Payクレジットカード(仮)の発表は初年度についてだけだった。

2年目からはポイント還元率3%と年会費無料のサービスがどうなるかは、わからない。

ただ、初年度だけでもポイント還元率3%と年会費無料のサービスのインパクトは大きい。

LINE Pay クレジットカード(仮)の申し込みをする人は、多いんじゃないかなと思う。

2年目以降もポイント還元率3%と年会費無料のサービスが続くことを願うばかり。

 

まとめ

LINE Payクレジットカード(仮)は、お得なクレジットカードであることは間違いない。

ただ、2年目以降も初年度と同じサービスを受けられるかは確かではない。

もし、2年目以降もサービス内容が変わらないなら、メインのクレジットカードにしようと考えている。

かなりお得!

 

 

広告