この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

2019年読んで良かった本。フミコフミオ著「ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない(略)」など。

f:id:fussa2jp:20191222190848j:plain

 

2019年もいろんな本を読んだ。

本を読むと、優秀な人の考えや体験に間近で触れることができる。

怪しげな「こうすればYouTubeで稼げる!」というような情報商材に金を使うよりかは、読書はいい金の使い方だと考える。

 読書家の人と話して、おススメの本の話を聞いてみるのも面白い。

今年ぼくが読んで「これは良かった!」と感じた本をまとめておく。

 

目次

 

 

ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃が痛くなる(フミコフミオ著)

はてなブログを愛用している人なら、ご存知の人も多いだろう愛され課長こと「フミコフミオ」氏の著書。

失礼を承知で書くとフミオフミオ氏は、一般的なサラリーマンだ。

が、世の中の大勢はぼくも含めて一般的なサラリーマン。

世の中に出ている本の著者は一流の人ばかりで、本に書かれている精神論を読んでも、抽象的だったり実践しずらかったりする。

その点、フミコフミオ氏の著書は身近なサラリーマンそのものの意見だ。

先輩のためになる話を聞いているような感覚になる。

 

13歳からの世界征服   (中田考著)

中田考先生はイスラーム法学者。

その立場から、質問に対して常識にとらわれない回答をしている。

例えば、「なぜ人を殺してはいけないのですか?

という問いに対しては

人を殺してはいけない理由なんて、どこにもありません。(中略)。もしも『人を殺すなんてできない』と思うのであれば、『なぜそう思うのか?』を考えてみましょう。何をしてもいいはずなのに、どうしても人を殺せない、できないと思うことがあるのはなぜか?それは明確に意識していなくても、あなたが何かを信じているからです。その信じているものが、あなたの従っている神に他なりません」

という目からうろこが落ちるような回答をしている。

また「自分もモテたいのですが、どうしたらいいですか?」という問いには

「早く結婚すればいいんです。結婚しないからそんなことで悩むんです」

という回答。

”自分は今あるルールが当たり前だと思っていたな。もっと枠組みにとらわれない考えをしていいんだ”

と気付きがあった。

「13歳」とタイトルにあるけれど、大人が読んでも自分の価値観を見直すきっかけになるはず。

 

 

このまま今の会社にいていいのかと思ったら読む 転職の思考法(北野唯我著)

2019年のぼくの身に起こった一番のニュースは「リストラされてからの再就職」。

就職活動するにあたって、情報収集はとても重要だ。本から情報を得ることも大事。

この本は「転職エージェントになったら、この本を読むように言われる」

とネット記事で紹介されていた一冊。

再就職の考え方の軸を「現在成長している業界で働こう」と決めることにできた。再就職にあたってよかった。

 

サクラクエスト エピソードゼロ 東京の星(横谷昌宏著)

P.A.WORKS制作のアニメ「サクラクエスト」。その前日譚。

主人公が短大に進学すると、同時に上京したときのエピソード。

ぼくも大学進学のときに田舎から上京した経験があるので、当時を思い出しながら読んでいた。

当然のことながら、上京をしても自分は変わらない。環境を活かすも殺すも自分次第だということを実感する。

 

嫌われる勇気(岸見一郎、古賀史健著)

説明不要な名著。

難しいアドラー心理学を、対話形式で説明してくれている。

人生最大の嘘は「今ここを生きないこと」。

行動するのは勇気がいるけれど、その勇気を与えてくれる一冊。

 

最後に

2019年は2018年に比べて、本を読む量が減ってしまった。

でも、幸いなことに印象に残る本を見つけることができた。

2020年は今まであまり読まないジャンルの本も読んでみるつもり。