この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

新宿の天然温泉「テルマー湯」に行ってきた。料金や食事を含めた感想!!

新宿にも天然温泉があると聞いて、前の職場の同僚と行ってきた。

温泉の名前はテルマー湯。

新宿駅東口から徒歩約10分。

歌舞伎町の辺りにある。

2015年に完成した新しい温泉。

清潔的。

古代ローマ調の装飾も非日常感を与えてくれる。

 

URL

東京新宿天然温泉テルマー湯

 

広告

 

テルマー湯の料金は若干お高い?

料金は入館料2688円+岩盤浴利用810円(土・日・祝)

平日だと入館料2364円になる。

ぼくが行ったのは祝日だったから、入館料は2688円。

岩盤浴はやらなくてもいいけれど、元同僚から「せっかくだからやりたい」と希望がでたので付き合うことに。

実は、ぼくも岩盤浴は初体験。

 

テルマー湯の施設はどんな順番でも楽しめる 

ぼくは温泉にいったときに、楽しむ順番を決めている。

温泉に入る

リクライングシートで仮眠をして体力回復

飯を食べる(絶対ではない)

温泉に入る

帰る

 

それが、今回は元同僚の影響で以下のように変化。

温泉に入る

リクライングシートで仮眠(15分くらい)

岩盤浴

温泉に入る

食事

微妙な変化…。されど、大きな変化。

 が、楽しいことに変わりなかった!

 

浴場は書く必要がないくらい当然のように大きい。

お客さんがたくさんきても、入れないってことはないと思われる。

端午の節句が近いから、菖蒲が湯舟に浮かんでいた。

露天風呂も開放感を感じられる。

 

岩盤浴ゲルマニウム、岩塩、アロマの三種類あり。

全部の岩盤浴が室温40℃超えている。

そこで横になって休む。

汗がだらだら出てくる。

アロマは精神的に落ち着く。そこにいたらイライラしなくなった気がした。

 

途中でロウリュウが行われるという館内アナウンスが流れたので、ロウリュウも体験。

熱した石にアロマをかけて、熱波師がタオルで仰いで、風を送ってくれる。

めちゃくちゃ暑かった…。

熱波師の「いわさきあつたろう」も汗だくになっていた。

脱水症状とかもちょっと心配。

お客さんの9割が女性。

ぼく「女性って美しくなるために大変ですね…」

元同僚「汗かいて痩せたいなら、運動するべきですよ。体の締まり方も違ってきます」

ぼく「確かに…」

ぼくも運動して太らないようにしようと決意。

 

 

テルマー湯の食堂のきつねうどんはめちゃんこでかい 

岩盤浴の後は食事。

f:id:fussa2jp:20180505004125j:plain

でっかい厚揚げのきつねうどん!

つまようじがちっちゃく感じる。

インスタ映えするためか、珍しさのためか、人気No1メニューの様子。

 

テルマー湯の営業時間はAM11:00~翌AM9:00

ぼくたちは営業開始の11:00に行って、16:00までテルマー湯を満喫した。

 

 

広告