この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【リストラ体験】再就職後1年経過。唯一誇れることは何か?

f:id:fussa2jp:20201123211359p:plain

2019年にリストラを体験し、再就職した。

再就職したのは、2019年10月だから1年以上経過したことになる。

 リストラほどではないけれど、一年の間になんだかんだいろいろなことがあった。

もっと仕事ができるとようにならないといかん。

 反省点はたくさんあるものの、”なんか一年間で結果を出したことはないか”と考えていたところ

「1年間欠席、早退、遅刻をしなかったこと」

は誇っていいことではないかと気付いた。

 

広告

 

休まないのは当然のことかも知れないけれど、前に「父親が危篤状態だ」と嘘をついて仕事を休む人と一緒に働いていたぼくにとっては、頑張ったと自分で自分を褒めたいと思う。

ぼくの場合は、一人暮らしで食事とか身の回りのことも全部自分でやっている。

食べるものを工夫したりとか、体調を崩さないように管理するのも自分の責任だ。

1年間欠席、早退、遅刻をしなかったのは、運の部分もあるけれど、最低限のことはできていると思いたい。

 

10月の職場での話。

Aさんが体調を崩してしまって出勤したものの、咳こんでいた。

(このご時世、無理に出勤しないで休んで欲しいと思わんでもないけれど)。

Aさんは体調が悪そうなのは一目でわかる状態で、上司からも

「早退して病院に行ったら?」

と言われていた。

でも、Aさん仕事を休むことはなかった。

”Aさん、頑張っているな”

と思っていたら、Aさんの代わりに休んだ人がいた。

 

休んだ人はオネエタレント・漫画家の山咲トオルに似ているので、以下トオルさんする。

トオルさん、咳こんでいる人がいても前日まではピンピンしていたのに、当日欠勤をしてしまった。

実はトオルさんは当日欠勤の常習犯で月に1、2回は当日欠勤をする。申し訳ないが仮病を疑われても仕方ない。

「やっちゃいけないことをした」

と上司も呆れていた。

 

でも、よくよくトオルさんの話を聞くと”ああ、そりゃ休んでも仕方ないよね…”と思ってしまう部分がある。

「仕事終わりにまっすぐ家に帰りたくない」

トオルさんは言っていて、仕事終わりに週2で英会話教室、週2でジムに通っている猛者だ。

「人生は楽しまなきゃいけない」

という彼の言葉の説得力は半端ではない。

”仕事終わりにトオルさんのように活動的に行動していたら、体力がもたない”

そう引きこもり気質のぼくは思うのだ。

おそらくトオルさんにとっては、人生の重要度は仕事<プライベートなんだろう。

仕事第一の人間ばかりだと組織は、つまらない。

仕事を休むのはオーバーだけれど、トオルさんみたいな人間も必要だと思うのだ。

 

人間無理をしていると壊れてしまう。

トオルさんを見習って(?)、適度にガス抜きをしたい。

そして、できるだけ心身ともに健康で長い間働きたいと考えている次第。

 

広告

 

 


リストラランキング