この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【奇跡】資格取得の勉強をしながら、シャニマスのイベント報酬を手に入れた過程。

アイドルマスターシャイニーカラーズ(以下シャニマス)が10/24に、2.5周年を迎えた。めでたい。

 

シャニマスでは2.5周年を記念して、プロデューサーカップが開催されていた。

称号(決してゲームを進める上では、役に立つわけではない)が上位報酬でもらえるアイドルへの愛が試されるイベントだ。

 

個人的にプロデューサーカップが開催されていた10月は、バタバタしていた。

資格試験の課題を提出しなくちゃならないし、仕事は増えているしであまりシャニマスだけに力を入れていられるような状態でもなかった。

 

バタバタしている状態でも、上位報酬の称号を手に入れたので、感想とか書いていく。

広告

 

目次

シャニマス(ゲーム)でもいろいろ試すのは大事

f:id:fussa2jp:20201026213648j:plain

イベント中に18人もフェスアイドルを誕生させていた。

一人あたり約1時間もかかることを考えると、我ながらよくやったと思う。

途中でG.R.A.D編とかを試しながらやってみて、新しい発見もあった。

一番の収穫はSランクのアイドルを狙って、誕生させらるようになったこと。

Sランクのアイドルを誕生させようとすると、シーズン3からほぼ毎週ライブをすることになるから大変。

ただ、Sランクのアイドルを誕生させるには運も関係するので、面白かった。

試行錯誤しつつも久しぶりにがっつりシャニマスをやって、楽しむことができたような気がする。

 

資格試験(個人情報取扱主任者)の勉強の結果

シャニマスをやりつつも、個人情報取扱主任者の勉強も進めていた。

会社の指示で受けた試験なんだけれど、10月末までに課題の提出をしなくてはいけなくて、正直面倒だと感じていた。

課題といってもマークシートで回答する試験のようなもので、70点を超えると課題を合格とみなしてくれて、来年2月に行われる試験に進むことができる。

課題は調べながら答えることもできるけれど、結構調べるのも大変。

結果として90点で合格することができて、来年2月の試験に臨めることになった。

一安心。

 

無理をし続けるのは限界がある

プロデューサーカップで報酬を入手し、資格試験も第一段階はクリア。

「ゲームは遊びじゃん!」

と思うかも知れないけれど、ぼくにとっては負けらない闘いだった。

資格試験は眠いのを我慢して、よくやったと思う。

が、10月は祝日がないというハードモード。

流石にちょっと無理があったのか、集中力を欠いてしまい仕事で凡ミスをしてしまった。

「何か悩みでもあるの?」

と上長に言われ、心配をかけてしまった。

やっぱり無理っていうのは勝負どころでやるべきだなと実感した次第。

 

広告