この壁を乗り越えたら

リストラされて正社員から契約社員になった元ニートのブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

満員電車のストレスは半端ない!会社の近くに引っ越した体験記

f:id:fussa2jp:20200211120831j:plain

働くようになって、つくづく”通勤時間って無駄だな”と考えるようになった。

満員電車なんて、最悪。

音楽を聴くことくらいしかできない。

せいぜいできたとしても、スマートフォン電子書籍を読み上げてもらうことぐらいだろう。

 

Twitterを眺めていたら、こんなツイートが流れてきた。

 

年間240時間無駄にすると考えると、確かにゾッとする。

ぼくは2019年に再就職したのをきっかけに、会社の近くに引っ越した。

今は会社まで15分もかからずに、到着する。

朝が弱く、面倒くさがりなぼくにとっては、かなり快適な環境だ。

 

会社から近い場所に住むとどうなるのか?

実際に体験したことをまとめてみる。

広告

 

 

目次

 

通勤時間はほぼ勤務時間

通勤時間は本来なら生活するのに必要ない時間。

自分の本意ではない時間だという意味で、通勤時間は拘束時間だと言える。

往復で2時間だと仮定しても、その時間でいろいろできる。

実際に会社の近くに住んでみると、ゆっくり睡眠時間が確保できるということが大きい。

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると

”電車の中で寝ようかな…”

と思ってしまうけれど、もちろん寝られるわけがない。

でも、通勤時間が短くなれば、その分睡眠時間にあてることができる。

自由時間は人によって使い方は異なってくると思う。

テレビを見るもよし、ゲームするもよし、スキルアップするのもよし。

通勤時間で拘束されていてはできないことを、じっくりと家で腰をすえて行うことができる。

 

寄り道をしないから、無駄遣いをしない。

電車に乗らないくらい職場から近い場所に住むと、文字通り家と職場を行き来する生活になる。

電車で職場に通うと、乗り換えで大きな駅を利用するケースが多い。

その大きい駅で降りると、ついつい買い物をしてしまうこともある。

家と職場を行き来するだけの生活だと、スーパーくらいしか行く場所がない。

買い物をしようにも、買いたいものを売っている店がないので、節約につながる。

会社の近くに引っ越して気づいた意外な利点だった。

 

都内ではない会社を選んでみてもいいんじゃない?

都内の家賃は驚くほど高い。

ワンルームでも7万円を超える家賃の部屋が、ザラにある。

家賃の高さがネックになって、会社の近くに住むのを諦めている人もいるはずだ。

そこで、あえて都内から外れた場所を勤務地にして、その地域に住むことを勧めたい。

実は千葉、埼玉、神奈川なら都内寄りの地域で、会社も多い。

少しでも都内から外れると家賃はグッと安くなる。

1~2万円くらい違う。

会社の給料は多少落ちても、家賃は安い分生活のレベルはそんなに変わらない。

もし、「会社の近くに住みたいけれど家賃が…」と考えている人は、都内以外で会社を探してみるのもひとつの手段だと思う。

 

最後に

電車で通勤するのは時間のロス!

心身ともに疲れないし、会社の近くに住むのはメリットが多い。

環境が許すなら、会社の近くに住むのがいい。

 

 

広告