この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

LINEPayカードは、クレジットカードを使えなくなったときにおススメ【借金していても大丈夫】

f:id:fussa2jp:20190520124526j:plain

 

基本的には借金をしていると、クレジットカードを新しく作ることは難しい。

借金の返済を延滞していると信用情報機関の情報に、事故情報として登録されてしまう。

信用情報機関の情報をクレジットカード会社が見ることができるから、クレジットカードを申し込んだときの審査で落とされてしまう。

また、無理やりクレジットカードを作っても、返済ができない借金がふくらんでしまう可能性がある。

 

ただ、ネットショッピングなどやNetFlexの動画配信サービスを利用するときは、クレジットカードが必要になる。

借金していてクレジットカードは持てないときに、どうしてもクレジットカードが必要になった場合には、「デビットカード」と「プリペイドカード」を使うといい。

 

デビットカードは使用したら、すぐに直接自分の口座から使った金額分の引き落としがされるカード。

それでも、支払のときはデビットカードもクレジットカードと同じように使うことができる。

クレジットカードのような審査はないから、借金していてもデビットカードを入手できる。

 

あとはSuicaのようにチャージすることができるプリペイドカードもいい。

特にぼくが使って満足度が高かったのは、馴染み深い「LINE」が発行しているプリペイドカードのLINE Payカード。

 

どういった点が使いやすいと感じたのか、まとめてみる。

目次

 

 

 広告

 

 

カードの使い過ぎの心配がない

LINE Payカードはプリペイド式のカード。

チャージしないと使うことができないから、手持ちの現金以上に使ってしまうことがない。

つまり、後からくるクレジットカードの引き落としに恐怖しなくてもいい。

「クレジットカードは出費の管理が難しい」

という意見もよく聞くけれど、LINE Payカードなら管理もほぼ現金と同じような感覚で変わらない感覚で使える。

 

LINE Payとひもづいている

今、7payやメルペイなどの電子決済が話題になっている。

通話アプリとして普及しているLINEも、電子決済の機能がLINE Payとしてある。

普段LINE をよく使用していることもあり、ぼくが今メインで使っている電子決済はLINE Pay。

そして、便利なことにLINE Payカードにチャージすると、LINE Payにもチャージされる。

LINE Payは支払のときにキャッシュバックがあったり、LINEポイントがたまるから、現金で払うよりもお得。

LINE Payはトモズなどのドラックストアで使えるから、スーパーよりもドラッグストアで買い物をする機会が多くなった。

 

LINE Payカードを使うとLINEのメッセージで通知がくる

LINE Payカードが使いやすい点は、プリペイド式であるだけじゃない。

使用すると、使った金額、使った店舗、付与予定ポイント、残高がLINEのメッセージで送特に残高が送られてくるのは、便利。

他のプリペイド式のカードだと、そのカードのサイトで残高などを確認しなくちゃいけない。

残高の確認もLINE PayカードだとLINE のメッセージでできるので、少なくなったときにチャージを忘れることがない。

 

不正利用にも強い

電子決済アプリに不正アクセスがあり、登録したクレジットカードの情報の情報が流出するという事件も起こっている。

他にもたびたびクレジットカードの登録情報が流出してニュースになっている。

最悪の場合、流出したクレジットカードの情報をもとに不正利用されてしまう可能性もある。

クレジットカード会社もしっかりと対応はしてくれるみたいだけれど、やっぱり登録するのに不安がある人もいるかも知れない。

でも、LINE Payカードはプリペイド式だから、もし不正利用に遭ってもチャージしている金額以上の損害はでない。

クレジットカードより安心して電子決済やネットショッピングをしたいなら、プリペイド式のLINE Payカードの使用を検討してもいいんじゃないだろうか。

 

まとめ

ぼくが今使っているLINE Payカードがなかなか使い勝手がよかったので、まとめた。

多分これからもLINE Payカードを使い続けると思う。

LINE Payカードは以下のサイトで作り方が記載されているので、気になったら是非。

「LINE Payカード」の使い方──発行申込からチャージ、コンビニ等での決済方法、LINEポイントの貯め方まで | アプリオ

 

広告