この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

フレームアームズ・ガールズきゃっきゃうふふなワンダーランドを観てきた感想!源内あおがカワイイ

フレームアームズ・ガール」というアニメが放送されていたのをたまたま観た。
 調べたところ、「フレームアームズ・ガール」というアニメは、壽屋というメーカーが発売している美少女系のプラモデルがもとになっていることを知った。

 

 
 
 ぼくがプラモデルが好きなのとキャラデザインが良かったのもあって、たまたま観たフレームアームズ・ガールを継続して観るようになった。
 基本的には源内あお(フレームアームズ・ガールの世話をしている女の子)とフレイムアームズガールの日常生活と、フレイムアームズ・ガール同士のバトルで物語は構成されている。
 
雰囲気も緩い感じなので、気軽に見られるのフレームアームズ・ガールの魅力。
アニメは放送終了してしまったけれども、劇場版の制作が発表されて、ちょうど6月29日から全国の劇場で公開されている。
 
ちょっと公開日は席が空いていなくて、観に行けなかったんだけれども、公開日の翌日には観に行けた。
感想を書いておく。
※ネタバレ注意
 
 

広告

 

目次

 

「想い出を振り返る」総集編!

アニメ制作会社のスケジュールが、パンクしたときにやると言われている総集編…。
フレームアームズ・ガールズの公式Twitterはチェックしていたけれど、「フレームアームズ・ガールズきゃっきゃうふふなワンダーランド」が総集編とは察知できなかった…。
観れば観たで楽しめたけれど、”せっかくなら新作を観てみたかったなー”という気持ちも正直なところある。
それでも、あおと関わって成長していく轟雷と、フレズベルクとのバトルが軸になっていて、振り返るのはもってこいの作品だったかなと。
 

フレームアームズ・ガールと源内あおがやっぱりカワイイ

f:id:fussa2jp:20190704105536j:plain

 
フレームアームズ・ガールを観始めたキッカケは、キャラデザインが可愛かったからと書いた。
アニメが終わって劇場版で久しぶりに「フレームアームズ・ガール」を見たけれど”やっぱりキャラデザインいいなー”と。
可愛いフレームアームズ・ガールたちとあおの緩いやり取りは、気を張らずに見ていられる。
ちなみにぼくは源内あおが一番可愛いと思います。
 

大量の歌が導入されている

源内あおと寿武希子の新曲などを含めて、歌を導入している数が多かった。
”最近劇場版で歌の割合が多いアニメをよく観るなぁ。なんか理由があるのか…?”と考えたんだけれども、歌を導入していた方が利益がでるからだと気づいた。
歌がダウンロードされたりすれば、映画の興行収入の他にも利益がでるからね。
歌の質が良ければ、多くなっても問題ないだろうし。
ぼくはあんまり歌には興味はない方だけれど、もし「フレームアームズ・ガールの歌が好きだ!」っていう人は観てみるといいかも知れない。
 

まとめ

最近家から出ないことが多いから、「フレームアームズ・ガールズきゃっきゃうふふなワンダーランド」がいい気分転換になった。
気楽にいいキャラデザインの劇場版アニメを観られるのは、いいリフレッシュ!
 
 

広告