この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【転職】履歴書に貼る写真は、写真館でちゃんと撮影してもらった方がいい理由

f:id:fussa2jp:20190623044447j:plain

会社をリストラされて、3ヶ月間なんとかやりくりしてきたけれども、段々と貯金が減っていくと、心細くなってくる。

 

気は進まないけれども、”転職活動をしなくてはいけないな”と思うようになった。

転職活動もなかなか考えることが、やることが多い。

 

転職活動を本格化させるにあたり、まずはやることを細分化していかなければなるまい。

細分化して何から手をつけるか考えて、「履歴書と職務経歴書の完成」をまずは目指すことにした。

 

履歴書を作成するには、履歴書に貼るために写真を撮らなければならない。

「スピード写真でもいいんじゃない?」という意見をちらほらとみかけるけれども、書籍の「履歴書・職務経歴書の書き方」で、細井智彦氏は以下のように記載している。

 

・スピード写真でもOKですが、私は写真館などでプロに撮影してもらうことをお勧めしています。出来上がりの印象が明らかに違うからです。

 

ぼくはネットの一般人の意見よりも、転職の専門家の意見を信じて行動しようと決めた。

写真館に行って、写真を撮影してもらったので、感想をまとめておく。

広告

 

 

目次

 

 

 

服装のチェックをしてもらえる

もちろん証明写真を撮影する前に、鏡で服装のチェックができるけれど、撮影するときに、よりよく映るように手直しをしてもらえる。

履歴書に使っている証明写真のネクタイが曲がっていたり、スーツが曲がっていたりすると、採用担当の印象も悪くなってしまう。

身だしなみを客観的に見た上で写真撮影をしてもらえると、採用担当の印象が悪くなることを防ぐことができる。

 

 

撮影中に指示がもらえる

撮影中には「顔を右に向けて下さい」といった基本的な指示から、「口角を上げて下さい」といった表情の指示までもらうことができる。

ぼくが撮影してもらった写真は10種類を超えた。

固いイメージの企業を志望しているなら、真面目そうなイメージで撮影されいる写真を選ぶなど柔軟に選択をすることができる。

 店員の意見も参考に選ぶことができるから心強い。

 

撮影データを残すと、焼き回しも楽

別料金がかかるけれども、撮影したデータを写真館で保存して必要があれば、焼き回しをしてもらえる。

証明写真を使う枚数は少ないことがベストだけれども、いろいろな企業を受けると足りなくなってしまうかも知れない。

足りなくなったときにすぐに現像してもらえるのは、また撮影をする手間が省ける。 

 

プロの写真家に撮影してもらえるのは、安心

スピード写真で撮影をしていると、表情や服装などを含めた仕上がりを全て自分でチェックしなくてはいけない。

写真館で撮影した場合は、服装はもちろん、表情などを含めてプロのカメラマンの意見を参考にして写真を選ぶことができる。

安心して履歴書に証明写真を貼れる。

 

転職活動を頑張らなくちゃいけないなと思う

写真館で証明写真を撮ると、やっぱり値段はスピード写真よりも高くなる。

値段はデータ保存と証明写真5枚で大体5000円くらい。

値段は張るけれども、”やはり5000円も支払ったんだから、無駄にできない”という気持ちが生まれる。

転職活動のモチベーションが上がらないときでも、”やらなきゃ”と思う。

履歴書以外の応募や自己PRを考えたりをせざるを得なくなるから、転職活動を嫌でもやるようになる。

 

履歴書の写真のポイント

せっかくだから「履歴書・職務経歴書の書き方」から写真のポイントを抜粋しておく。

写真撮影に行く前にチェックしておくと安心。

【男性の服装】

・黒または紺のダークスーツがベスト。淡い色は印象がぼんやりしてしまう。

・中に着るのは白いワイシャツにネクタイ。

・Tシャツや柄ものは避ける。

【男性の髪型】

・清潔感があることがポイント。

・短く切るか分けるかして、前髪を眉にかからせないのが基本。

 

男性は清潔感と健康さを前面に出すのが、総じてのポイント

 

【女性の服装】

・黒または紺のダークスーツが基本。

・中は白のブラウスがベスト。

・透ける素材やレースのフリルがついたものはNG。

・制服がなく、私服を着ることが基本。

・アクセサリーはつけない

【女性の髪形】

・ショートの場合には、頬にかからないようにする。

・ロングの場合は、髪をまとめてすっきり見せる。

 

女性は表情はやわらかく、髪形はすっきりとするのが全体のポイント

 

【最後に】

スピード写真よりも、写真館で証明写真を撮影した方が、安心できる。

細かいところにこだわれば、差が出てると言うもの。不安が少ない状態で、物事に臨むのは大事。

よほど節約したいという状況でなければ、写真館で証明写真を撮ってもらった方がいい。

引き続き転職活動を頑張ろうと思う次第。

 

広告