この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

広告

リストラの対象で解雇されたら、まず失業保険をハロワークに行ってもらおう。

f:id:fussa2jp:20190429180232j:plain

ぼくの働いていた会社は、経営が悪化したために、経営規模を縮小。

残念ながら、ぼくも経営縮小のためにリストラの対象になって、解雇されることになってしまった。

 

リストラの対象になって、解雇されることになったときに、まず考えたことは”次の就職先を見つけないといけないな”ということ。

ただ、転職をするまでは、ほぼほぼ収入が無くなってしまう…。

転職をするまでの間に、つなぎのための収入が必要だった。

 

 

なにか、食つなぐための方法がないかと調べたところ、「失業保険」がもらえることを知った。

リストラの対象になって、解雇されてしまったら、まずは失業保険をもらうのが吉。

 

失業保険についてまとめておく

 

広告

 

失業保険をもらうための最低限の条件は?

 

雇用保険に加入している期間が、原則として、離職の日以前2年間に12ヶ月以上ある

離職票をもって、ハローワークに求職の申し込みをする

・積極的に就職する気持ちといつでも就職できる能力(環境・健康状態)があるが、積極的に就職活動をしても、就業に就くことができない

 

個人的な所感だと、ハローワークの指示に従って書類を提出すれば、失業保険をもらえるかどうか、ハローワークに判断してもらえる。

また、失業保険がもらえるかどうか、迷っているなら、ハローワークに行って、職員に相談をしてみてもいいかも知れない。

ブラック企業に勤めていた友人が、離職票を出してもらえなかったときも、ハローワークに相談したら、ハローワークの職員が直接ブラック企業と話をしてくれて、失業保険をもらえたという話も聞いた。

 

失業保険の手続きに必要なもの

失業保険をもらうためにハローワークに初めて行くときに、必要な物がある。

ざっくりというと、「本人確認のための書類」と「失業状態が確認できる書類」が必要。

離職票1

離職票2

マイナンバーカード(無ければ運転免許証などでも可)

・本人の印鑑(スタンプ印不可)

・写真2枚(タテ3.0cm×ヨコ2.5cm)

・本人名義の預金通帳、キャッシュカード

 

上記の物を忘れていた人は、ハローワークの職員に「次回の講習のときにくるきにもってきて」と言われていた。

忘れても、手続きを受けられないということはないみたいだけれども、スムーズな手続きのためにも、忘れないようにした方がいい。

 

最後に

失業保険はリストラされたなら、まずはもらうことを検討すべき。

再就職するまでは無収入になってしまうと、不安になる部分もある。

精神的な安定を保つためにも、まずは失業保険をもらえないか、ハローワークに相談してみるのをお勧めする。

 

 

広告