この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【最上級クレジットカード】アメックスのセンチュリオンカードの噂まとめ

f:id:fussa2jp:20190515220907j:plain

 

プラチナカードやブラックカード…。

持っているだけで、ステータスになるクレジットカードも少ない。

 

持っていてステータスになるカードとして代表的なものとしては、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードが挙げられる。

通称ブラックカード

 

正真正銘の資産家しか持てないセンチュリオンカード。

ぼくの身の回りでは保有している人はいない。

 

ぼくにとっては、幻のクレジットカードといえるかも知れない。

そんなセンチュリオンカードに関する都市伝説とも思える噂をまとめておきたい。

 

広告

 

もともとは富裕層をアメリカン・エキスプレスが囲い込もうとして発行

 アメリカン・エキスプレスは上位カードとして「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を発行していたけれども、競合他社が模倣したコンセプトカードを発行したことを受けて、発行を始めたのが「センチュリオンカード」。

2002年には日本にも上陸。

現在は「プラチナカード」と同じく競合他社も、センチュリオンカードを模倣したカードを発行するようになっている。

 

年会費

初年度に入会金として54万円。年会費は37万8000円。

お高い。

でも、資産家にとっては、「お高い」とは感じないのだろうか…。

 

入会方法

アメリカン・エキスプレスのカード会員から利用実績、職業、資産額などを審査を受けたうえで、招待される。

招待される基準は謎。

保有者のひとりの話として以下の情報がある

・3年で1億を使うと招待がくる

・ライフスタイルが重視される

 

カードの材質にチタンが使われている

カードは3枚届くとのこと。本カード、チタンカード、ACカード。

チタンカードは重量感があり、渡すと「重っ」といわれることがあるとのこと。

また職人が1枚1枚手で作っているそうだ。

 

 

センチュリオンカードのさらに上のカードがある

アメリカン・エキスプレスは公にしていないものの、センチュリオンカードより上の「スパイレイティブカード」というものもある。

材質は白金の仲間のイリジウム

表面にはダイヤモンドがちりばめられている。

カードの色はダークブラウンと、話を聞いているだけでも半端ない高級感なのが伺える。

 

最後に

年会費や入手する難易度を考慮すると、ぼくにとっては、センチュリオンカードはあんまり縁がないカード…。

ただ、一回くらいはデートとかでさにげなく出してみたいという欲求もある。

実現するのは難しいかも知れないけれど。

 

ぼくはやっぱり質素に楽天カードで、公共料金を払って、コツコツと楽天ポイントを貯めていく方が性分に合っているような気がする。