この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

30代が観ても面白いYouTubeチャンネルまとめ。ランキング形式で紹介!

f:id:fussa2jp:20190427194050j:plain


 ぼくは日常的にYouTubeを見ている。

年配の人と話すと「YouTuberなんて仕事で稼げているのはおかしい!」という意見を聞くことがある。

 

ぼくはほぼ毎日、YouTubeを見ていることもあって、”YouTuberっていい職業じゃん。これから有名人はテレビじゃなくて、YouTubeから生まれるんじゃないか?”と感じる。

 

YouTubeは、コアな趣味の動画も大抵あるし、情報量もテレビ番組よりも多い。

個人的にはYouTubeはすごく魅力的なコンテンツだ。

 

YouTubeは動画の種類が多いから、検索とかで自分の好きな動画を見つけるのが一番いいとは思うんだけれども、ここでは、ぼくが面白いと思うYouTubeチャンネルを紹介していきたいと思う。

YouTubeは10代~20代がヒカキンさんなどの動画を見ているイメージが強いかも知れないけれど、30代が見ても面白い動画ってかなり多い。

 

広告

 

  5位:ゆとり君チャンネル

自称「ぼっち系底辺YouTuber」のゆとり君さん。

奨学金の借金600万、ITプログラマーだけど給料年間約300万、同棲していた女性に恋をして告白するが、振られるというなかなか不幸な属性をもっている。

YouTuberというよりは、ニコ生主のようにリスナーの意見に結構影響されてしまう。

ただ、低所得の人のリアルを見られているような気がして。応援したくなる。

 

4位:キリン【考察系YouTuber】

都市伝説や未解決事件などのちょっと不気味なテーマを扱っているチャンネル。

扱っているテーマは不気味なんだけれど、キリンのかぶりものをした人が下ネタを言いまくっているから、気軽に見られる。

扱っているテーマも”よくこんなこと毎日見つけてくるなあ”って思えるくらいぼくにとっては興味深い。

 

3位:トモハッピー Tomohappy

カードゲームのマジックザギャザリング専門店「晴れる屋」の社長トモハッピーさんのYouTubeチャンネル。

トモハッピーさんはプロのマジックザギャザリングのプレイヤーでもある。

なんといっても、トモハッピーさんの「マジック愛」がすごい。

マジックザギャザリングのことなら、ずっと話していられるのは間違いない。

”趣味ってこういう風に楽しみたいな”と思わせてくれる。

 

2位:PROWRESTLING SHIBBATER ZZ

炎上系YouTuberのシバターさんのチャンネル。

YouTuberは数多いと言えども「はじめしゃちょーや自分が売れたのはYouTubeを始めた時期が早かっただけ」と言えるほどの客観性をもった人ってなかなかいないように思う。

ヒカルさんにPVを提供したり、ウタエルさんをプロデュースして当てたりと、視聴者が自分をどう見ているのか、何を言って欲しいのかが、わかっている感じが好き。

 

 1位:メンタリストDaigo

テレビにも出演している有名なメンタリストDaigoさんのYouTubeチャンネル。

ビジネス、恋愛、勉強などの自己啓発系の動画が多い。

YouTubeではまだまだ数が少ない教養が身に着くチャンネル。

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上がぼくは普段楽しんでいるYouTubeチャンネル。

検索ワードを入れれば、何かしら動画が見つかるし、トップページでおススメ動画も紹介されているから、自分の好きな動画は見つかりやすい。

30代でも面白いYouTubeチャンネルはあるし、ためになる動画もある。

5Gが普及すれば、もっと動画が見やすくなるから、ますますYouTubeは普及するだろう。

 

 

広告