この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

やよい軒の「ご飯おかわり無料」が一部店舗で有料化!やよい軒にはよく行くので、残念すぎる…。

f:id:fussa2jp:20190416212532j:plain

定食チェーン「やよい軒」が、定食メニューの注文をすると無料だった「ごはんのおかわり無料」のサービスを、一部店舗で有料化するというニュースがあった。

ぼくもやよい軒で食事をすることが結構多くて、定食を頼んでごはんのおかわりをすることも多い。

 

ぼくは悲しい!

 

やよい軒の「ごはんおかわり」有料化について、ぼくが思うところを書いておきたい。

 

広告

 

ごはんのおかわりが無料でなくとも、やよい軒のメニューの値段はお手頃!

ぼくはやよい軒では。サバ塩焼き定食をよく注文する。お値段は680円!

ファミレスに行くよりも安くすませることができる。

しかも、ごはんのおかわりをすれば、満腹になるまで食べることもできる!

コストパフォーマンス良く空腹を満たすために、やよい軒はもってこい。

貧乏人くさいかも知れないかもけれど、やよい軒に行く理由のひとつが、”おかわりが自由で満腹まで食べられる”ということだから、おかわりができなくなるのは、お財布に優しくない…。

 

やよい軒を運営するプレナスが発表した理由は、おかわりをする人としない人の不平等感を無くすため

 

やよい軒の発表によると、おかわりする人としない人で、不平等感を無くすために、ごはんの無料化をやめるらしい。

個人的には”やよい軒を利用してもおかわりしないで、公平感がないと言う人ってクレーマーじゃないか…?”と思ってしまう。

別にいいじゃん。ぼったりくりレベルの値段ではないわけだし…。

逆におかわりもできないくらい食が細い人が悪いような…。

…貧乏神さま(クレーマー)からひんしゅくを買いそうなので、この話題はここまでにしておく。

 

ところで、やよい軒の運営元のプレナスの経営状態に目を向けてみると、食材の値上がりなどが影響して、あまりいいとは言えないようだ。

・連結決算の最終損失はは29億円

やよい軒事業の営業利益は12億円9800万円(前期比11.4%減)

ネット上の意見を読んでみたところ、「経営状態が悪化したから、ごはんのおかわりが無料じゃなくなったんじゃないか!?」という意見が少なくなかった。

おかわりをする人としない人で公平感がなくなるから、値下げをするというのは、建前じゃないのか、というわけだ。

 

この意見に関しては、ぼくも”経営状態が悪化したのも一因なんだろうなぁ”と思う。

ぼくが働いていた会社は、「どう考えても、料金が値上げしたけれど、お客様には値下げと言え」というようなケースもあったからね。

企業として、建前をいうこともあるだろう…。

 

 

個人的には飲食店の値上げに関しては、鳥貴族の値上げ以来の衝撃的なニュースだった。

吉野屋はやよい軒とは逆に、定食のおかわりを無料化するとのこと。

ごはんのおかわりの有料化が吉とでるか凶とでるか、運営元のプレナスの経営状態を注視していきたい。

 

 

広告