この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

広告

【リストラ体験記】ニートに戻って一ヶ月経過。メリットとデメリットまとめ。

f:id:fussa2jp:20190413233838j:plain

前に働いていた職場の経営が悪化して、リストラの対象になって退職してから、一ヶ月経過した。

 ぼくは”退職してから4ヶ月くらいは、再就職せずにゆっくり過ごそう”と決めていた。

一ヶ月経過してしまったので、4分の1を過ごしてしまったことになる。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう…。

 

ニートに無事に復帰(?)して、一ヶ月経過して思うところをメリットと、デメリットを記録しておく。

 

広告

 

自由な時間が増える

退職すると、自由な時間が増えて、好きなことをやる時間が増える

サラリーマンを辞めて、以下の点がメリットだと感じた

 

・希少な新商品でも、発売日に買いに行ける

・ブログを更新する時間がたくさんとれる

・旅行がいつでもできる

・友達に急に遊びに誘われても、すぐに行くことができる

・ゲームが好きなだけできる

 

要は自分の好きなことが、いつでもできるということになる。

 

お金を節約する習慣が身に着く

退職すると、収入は無くなってしまう…。

幸いなことにぼくは、リストラの対象になる前に副業をやっていたので、ほんの少しだけだけど、収入は入ってくる。

それでも、やっぱり働いていたときと同じようにお金を使っていたら、自己破産に一直線。

自然と今まですぐに買っていた物も買わなくなったし、食事も外食が少なくなった。

「質素」というには、まだまだ遠いけれど、節約する感覚をもっと強くして、習慣化したいと思う。

一発屋のお笑芸人が、売れなくなると、生活のレベルが落とせなくなるという話をよく聞くので、注意したいところ。

 

面倒な人間関係に、わずらわされなくなる

あんまり前の職場のことを悪くは言いたくないけれど、雰囲気は良くなかった。

その点、今は給料は貰えないけれど、全部を自分で決めて、自分の責任で行動することができる。

人によっては、全部を自分で決めて、自分の責任で行動するっていうのにプレッシャーを感じるかも知れないけれど、個人的には、前の職場で働くよりも、ストレスを感じることなく過ごすことができている。

 

仕事を辞めると、自己管理は大変

仕事をやっていると、朝は決まった時間に起きて、寝る時間も早めになる。

食事も乱れることはあまりないだろう。

ただ、仕事を辞めると夜更かしもしたい放題だし、朝も起きなくてもいい。

ぼくの場合は、一人暮らしだから、食事を抜いても文句を言う人はいない。

ブログを書くことは、何もない限りは毎日やろうと思っているけれど、気を抜くと、サボってしまう。

サボりたい気持ちを抑えて、やるべき作業をやるということもなかなかに大変。

体調もちょっと崩しやすくなったので、体調管理と精神面の管理はちゃんとしたいところ。

身体もなまるから、筋トレも始めている。

 

以上がニートに戻って一ヶ月が経過した時点で、感じるメリットとデメリット。

今のところは快適さの方が大きい。

 

広告