この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

【映画】ラブライブ!サンシャイン!!感想。千歌ちゃんに学ぶ失敗からの立ち直り方!

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」が年明けの1/4から上映している。

 

ぼくは仕事を速攻で終わらせて1/4(金)の公開初日と、2年生の色紙が来場者特典で配布される1/11(金)の二週目、合計二回観にいった。

 

f:id:fussa2jp:20190131215358j:plain

※無事に曜ちゃんの色紙を入手!

 めっちゃ嬉しい。

 ちなみに秋葉原では、3500円で売られていた…。

 曜ちゃんおそるべし…。

 

 

☆以下ネタバレがちょっとアリ

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbowについてのざっくりとして感想は、Aquasのライブを映画館の大画面で観れるだけで大満足。

Aquasのメンバーを映画館で観れるだけで、チケット代のもとはとれている。

2回観に行っても、後悔していないぼくが言うんだから、間違いない。

 

でも、ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbowはただカワイイだけじゃない映画。

ぼくはサラリーマンやっているけれど、単純だから、観ると仕事に対してちょっと前向きになれた。

 

広告

 

 

 

f:id:fussa2jp:20190202002345j:plain

 

いいところはたくさんあるんだけれど、ぼくが一番いいなと思ったのは、この千歌ちゃんの台詞

全部が0になるなんて、ないんだよ

頼りになる3年生が卒業してしまって、新体制で行ったライブでAquasは失敗してしまう。

3年生がいなくなった部分をどうやって補おうか、答えが見つかったときの千歌ちゃんの台詞。

千歌ちゃんはサラっと言っているんだけれど、めっちゃ深いと思うんだよね。

個人的な解釈だと単純に

「今までやってきたことは無駄になんてならないから、自信をもとう」

ってことだけじゃなくて

「3年生は卒業してAquasとして活動できなくなってしまったけれど、今まで3年生と一緒にやってきた気持ちを大事にしよう」

っていう意味も含ませた言葉じゃないかと。

浦の星女学院がAquasの努力が報われず、廃校になってしまった点を考慮しても、とても高校生の言葉とは思えない…。

 

「全部が0になるなんてない」

 って言葉にはぼくも励まされた。

例えば、仕事で結果がでなかったり…。勉強で成績が上がらなかったり…。勝負事で負けたり…。恋人や友達とケンカして疎遠になってしまったり…。

ぼくだけじゃなくて、他の人にも失敗した経験はあるはずだ。

 

でも、失敗したからって、それまでやってきたことが無駄になるってことはない。

仕事や勉強や勝負事で結果がでなかったからと言っても、真剣に取り組んだなら、経験値は上がっている。

報われない努力はあるかも知れないけれど、無駄な努力はない。

 

人間関係が変わってしまっても、一緒に過ごした楽しかった思い出は変らない。

その思い出は、きっと人生で役立つ。

 

悔しさや困難から逃げずにがむしゃらに立ち向かうAquasからは学べるところは、多い。

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbowには、ただの萌えアニメとして観るにはもったいない凄味があった。

 

 

広告