この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。どんな未来かはまだ知らないけれど、楽しくしたい。

広告

駒込にある3000円で泊まれるカプセルホテルは、怪しくないのか?行ってみた。

職場の後輩に、「北条さん、温泉に行きましょう!」と誘われた。

”あんまりプライベートで職場の人と遊びたくないんだよなあ…。距離感がおかしくなるんだよ”と思いつつも、後輩が人間関係で困っている話を聞いていたから、温泉に付き合うことを承諾。

温泉は好きだしね。

 

温泉に行く一週間くらい前に「お台場の大江戸温泉に行こう」という話で一旦まとまった。

が、前日に駒込に行きましょう!」とラインでメッセージがきた。

おいいいい…。

まじかよ、お台場でメシ食うところも、夜の過ごし方も決めたじゃん…。

話し合いをしてた俺の時間返して…。

 

しかも、いざ当日に駒込で合流したら、

駒込来たことありません」

(観光地でもない知らない場所でよく遊ぼうと思ったなあ)

「メシどこに行きます?」

(調べてさえいないのか…)

「寝る場所はカラオケでいいですかね?」

(全然よくないです。疲れがとれません)

 

というわけで、20代後半とは信じられないような外出の下手さを見せてきた後輩。

疲れがとれないと、今後の仕事に差し支えるよ…。

なんだったら、ぼくは温泉だけ入って帰ってしっかり休みたい。

ぼくの立場になって考えてくれ…。

 

とうわけで、合流してそうそう、きちんと休める場所を探すはめになった…。

広告

 

 

調べたところ、駒込駅から徒歩30分のところにカプセルホテルがあるみたいだった。

しかも、3000円。

カプセルホテルの名前は名前は「ロスコ」。

ちょっと安くないか?大丈夫なのか?と不安を覚えつつ、「温泉に行って、ゆっくり休む」という目的を過ごすにはここしかないようにも思えた。

悩みつつも行くことに決定!

 

 実際に行ってみた結果…

3000円とは思えないくらいによかった。

 

 

【温泉】

めちゃくちゃ広いというわけではないけれど、露天風呂もある。

普通の宿泊施設の大浴槽という感じ。

露天風呂から見える景色は、建物ばっかりだった。

近隣住民の迷惑になるから、深夜は露天風呂には入れない。

 

【寝る場所】

カプセルホテルだからね、歯ぎしりとかいびきとかはいたしかたない、

でも、カラオケに泊まるより全然まし。

 

【食事】

食事ができる場所が24時間開いている。

職場の後輩ともここで、深夜までだべった。

※うるさくしてしまったら、すみません…。

ホテルの食事はやたらと、おいしくみえる不思議。

普段は朝飯なんか食べないけれど、今回は食べてしまった。

f:id:fussa2jp:20181106014638j:plain

 

【まとめ】

3000円でこれだけ設備が整っていれば、十分だとぼくは思った。

ぼくは男だしね。

そんなにデリケートなことも気にならない。

後輩のめちゃくちゃなプランを修正して、ぼくの機嫌を修復してくれるくらいにはいいホテルだった。

駒込で帰れなくなったら、また是非利用したいと思う。