この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。次の奇跡探しに行こうよ。

広告

【癒し】アカハライモリの飼育を開始。飼育は思っていたよりも簡単?難しい?

前の日曜日に、アカハライモリをペットショップで購入。

飼育をし始めた。

f:id:fussa2jp:20181013224655j:plain

 

 

「え?なんでアカハライモリなんか買ったの?」

って思われるかも知れないけれど、いや、イモリ好きなんだよね…。

 

地元が千葉県の総元(ふさもと)っていう所で田舎だったから、小学生のころ、下校中にアカハライモリを捕まえて、飼っていた思い出がある。

 

数か月前にたまたま前の職場の同僚と釣り堀に行ったときに、隣接していたペットショップにアカハライモリが売っているところを発見!

”これは飼いたい”と、ビビっときてしまった…。

 

10月になり暑くもなく寒くもなく、イモリを飼い始めるのに丁度いい気温になったかねってことで、ついに前の日曜日に購入した次第。

 

購入したのは飼育道具も含めて以下の通り

アカハライモリ♂×1

アカハライモリ♀×1

 

・飼育ケース(プラスチック製)

 

・切り株みたいな置物

 

 ・水草(人工)

 

・エサ(糸ミミズ)

 

・カルキ抜き

 

ちょっとAmazonでは、ぼくの買った物と同じ物が売っていない物もあったけれど、2匹+5品で飼育を開始した。

総額5000円くらいかな。ちなみに、イモリは500円だった。

 

飼育してみた感想としては「かなり飼いやすい」。

前に亀を飼っていたことがあるけれど、亀に比べると大分、飼いやすい。

例えば、子亀は水を入れすぎるとそれだけで溺れて死んでしまうけれど、イモリは身体の柔軟性が高いからか、”ちょっと登りづらいかな”って、ぼくが思うような陸地でも上手いこと登って、休んでいたりする。

 

匂いもあんまり臭くない。

今のところは、飼い始めたばかりなので、エサの食べ残しの掃除もかねて、一週間に2回くらいのペースで掃除をしている。

1回5分もかからずに、掃除は終わるけれど、もう少しペースを落とせたらいいかな。

 

もともと、水族館に行って、水棲生物を眺めているのが好きだったんだけど、自宅でも水棲生物を観察できるっていうのは、なかなかいいもんだ。

 

エサの食べ方を見ていても、エサをあげるとすぐに食べにくるイモリと、あとから横取りしようとするイモリもいて、一匹一匹性格が違うんだなって実感する。

 

まだまだ警戒心をもっているみたいだけど、たまにぼくに気づくと、寄ってくることもある。

まじで癒される。

なんか、アカハライモリのぼーっとしている顔を見ていると、仕事で消耗して悩んでいることが馬鹿馬鹿しく思えてくる。

 

癒してもらうだけでなく、2匹の大事な命を預かっているんだから、しっかりと面倒を見ていく所存。

 

広告