この壁を乗り越えたら

正社員だったのにリストラでニートに戻った人間のブログ。どんな未来かはまだ知らないけれど、楽しくしたい。

広告

【答えは】「リアル脱出ゲーム×ラブライブサンシャイン」行ってみた【ひとつ】

f:id:fussa2jp:20180425221620j:plain

 2019/3/15更新

3/20~3/21にラブライブ!サンシャイン!!の舞台に行ってきた。

一番の目的が3/19から開始された「リアル脱出ゲーム×ラブライブ!サンシャイン!!孤島の水族館からの脱出」に参加するため。

 

3/21は花粉飛んでる、雪が降りそうなくらい寒い、雨降っているの三重苦。

救いだったのは、イベントが始まってから初めての祝日ということで、チケットを購入するときとか人ごみもすごいんだろうなと覚悟していったけれど、運営がいいためか、人が多いことにストレスを感じることなく遊べた点。

 

肝心のリアル脱出ゲームは、5000円払うだけの謎解きのボリュームあり。

気分はまるで「スパイラル~推理の絆~」の鳴海歩!

(ぼくのなかで名探偵といえば、ホームズ、コナン、金田一よりも鳴海歩)

問題の難易度としては、謎解き初心者のわたしでも時間をかけて考えれば、解けるレベル。

なんとかクリアすることができた。

所要時間は水族館を楽しんだりした時間を含んで、3時間くらい。

問題を解くのに、島を一周近く回っていろんなところを見れたから、それもよかったかな。

 

広告

 

Aquasのメンバーに頼られて、謎を解いて、感謝されたのは、なかなか悪い気はしなかった。

わたしも輝けるようにもっと精進しないと。

 

あわしまマリンパークからの帰りは沼津駅までバスを使った。

他のファンで混雑するのは、わかり切っていたから、マリンパークのひとつ前のバス停まで移動して乗車。

作戦があたって、席に無事に座れた。

さすがに約40分立ち続けるのはちと疲れる…。

 

ところで、地方のバスの運転手って、なんで態度悪いんだろう…。

乗車している人にタメ口をずっと使っているのはひどくない?

乗車している人は運転手にタメ口使ってないじゃないか。

しかも、乗車賃をちゃんと払っているか確認できてなくて、支払いのときに

「乗車賃足りない」

とか言って呼び止めてたけど、本当は払っていたみたいだし…。

乗車している人が穏やかな人でよかったよ。

伊豆三津シーパラダイスとか、あわしまマリンパークの職員をはじめとして、沼津市の人たちが町おこしを頑張っているのに、意識が低い人がいるのが残念。

 

今回行って沼津観光も3回目。

沼津市も「友達が住んでいる場所」みたいに感じるようになってきた。

 

f:id:fussa2jp:20180321220259j:plain

カエル館のトノサマガエル。

今までわたしがトノサマガエルだと思っていたのは「トウキョウダルマガエル」だったらしい。

 

f:id:fussa2jp:20180321220312j:plain

白いのが、浦の星女学院のモデルになった建物。

海に囲まれていいところにある。

 

f:id:fussa2jp:20180321220342j:plain

浜忠のうな丼。

スーパーの中国産のうなぎとはわけが違う。

炭で焼かれていて、水分少なめ。ふんわりしている。 

 

 

f:id:fussa2jp:20180321220418j:plain

 f:id:fussa2jp:20180321220357j:plain

今回はあまり書けなかったけど、伊豆三津シーパラダイスにも行ってきた。

カマイルカの身体能力と賢さに驚愕。

わたしとも普通にボール遊びしてくれる。

 

f:id:fussa2jp:20180321220211j:plain

今回の旅行の戦利品。

雨が降っていたので、挑戦状とかの紙はボロボロ…。

バインダーは使うことが多そう。

伊豆三津シーパライス、安田屋旅館のまちあるき缶バッチを買えたのは嬉しい。

 

今度は天気がよくて、花粉が飛んでないときにまた沼津行きたいなー。

 

4/21に「孤島水族館からの脱出」の脱出成功者が一万人を突破したとの報告が、ラブライブ公式ツイッターであった。

3/19からの開催だから、一ヶ月で一万人を突破したことになる。

来場者数もすごいことになっているんだろうなー。

Aquasの輝きが増している。

 

 

 

広告